【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


イオンカードで支払い遅れや延滞した場合の手続き方法とは?

悩む

Sponsored Links

イオンカードを利用している人が支払い遅れや延滞をしてしまった場合、どう対処したら良いかについて今回はご紹介致します。

→支払い遅延と延滞の違いを解説した記事はこちら

支払い遅れと延滞した場合の信用情報は?今後どんな流れで事が進むの?

aion

①支払い遅れの場合

支払いの遅れの状態には大きく分けて二つの段階が存在します。

一つはのちほどご紹介する「延滞」と呼ばれるものです。もう一つが今ご紹介する「遅延」というものです。

先に断っておきますと「遅延」の場合はブラックリストに載ることや信用情報に傷がつくことはほぼありません

継続して遅延を行っていて、なおかつ外資系のクレジットカードの場合だと可能性は出てきますが、イオンカードの場合はほぼありえません

遅延というのは、支払期日に指定の銀行口座から引き落としがかからず支払いができなかったときに、クレジットカード会社側に新たに設けられた支払い期日までに支払いを完了することが可能な場合の状態のことを指します。

つまり、支払期日から実際に支払った日までの間隔が短いのです。支払いが遅れることは良くないですが、1度や2度であれば、支払いが遅れても見逃してくれます。

支払いが遅れの場合の流れとしては、督促のハガキや電話がクレジットカード会社からきて、新たに支払い期日を設けられ、その期日までに支払うということです。

②支払い延滞の場合

上記で登場したもう一つの支払い遅れの状態である「延滞」についてご説明いたします。

延滞というのは、督促のハガキや電話にて新たに設けられた期日の日にさえも支払いが間に合わず、61日以上、もしくは三か月以上支払いがされていない状態のときに使われる言葉になります。

延滞の方が遅延よりも状態は良くないので、当然、信用情報にも傷がりやすくなります。イオンカードの場合、延滞になった場合は遅延損害金が発生しますので、通常の支払い額よりも高くなってしまうので注意が必要です。

その後は、支払い続けないと、カードの利用停止が行われ、さらに督促の電話がかかってきます。確実に支払いが可能だという日をクレジットカード会社と調整し、それに合わせて支払います。

イオンカードの場合は、督促の電話の際に「なぜ確実に返せるのですか?その根拠は?」とお金の出どころまで聞かれることもあるので、そのことも知っておきましょう。

 

すべてを無視するとどうなる?

督促関係の支払通知書や電話などを無視し続けるとどうなるのでしょうか。

当然ですが、カードの失効につながります。イオンカード側からの強制解約もありえます。

強制解約がなかったとしても、更新拒否をされることはありえます。また、信用情報に傷がついた場合、ブラックリストに載ることになりますので「信用」を失うことになります。

したがって、新たにローンを組むことはできなくなります。また、月賦や割賦といった商業的な契約も厳しくなると思っておいてください。

新たにクレジットカードを作りたいと思っても審査が通りませんので、作ることができません。それどころか、新たにクレジットカードを作るというのは、信用情報にさらに傷をつけかねません。

信用情報に傷がある場合はクレジットカードの審査は逆効果になる場合があるので、気を付けましょう。

 

最悪な事態を避けるための最善の手続き手順

自殺

こういった最悪の事態を避けるためにはどうした良いのでしょうか?イオンカードの場合は二つの最善な手続き方法があります。

それは「リボルビング払い」「分割払い」です。基本的には毎月決まった金額を少しずつ返済していくリボルビング払いに切り替える手続きをするのがオススメです。

イオンカードの場合はリボ払いに種類があるので、自分に合った返済方法を選択できます。例えば、一件単位でリボ払いにすることもできる「明細指定リボ」や、一か月の請求金額をリボ払いにすることができる「期間指定リボ」などがあります。

ただ、注意をしなくてはならないので、リボルビング払いに切り替えるときは、遅延や延滞扱いになるよりも前にしなくてはなりません。

したがって、最悪な事態になる前に、今月の請求額が厳しいと感じたときにはすぐにインターネットで切り替えるか、オペレーターと話をして切り替えるなど、手続きを行ってください。

分割払い関しても対応可能ですが、こちらは決済のタイミングで2分割から60分割までの分割数の中から選択します。そして3分割以上の場合は分割手数料がとられるので、そのことを理解しておかないといけません。

 

おまとめローンと債務整理について

多重債務者の方にとって強い味方になってくれるのが「おまとめローン」です。複数のクレジットカード会社などから借り入れをしているお金を、一つの返済先にまとめることでメリットが出るからです。

一つにまとめることで、金利が下がり、なおかつ月額の負担額も低くなりますので、返済がしやすくなっています。

その方法をとっても厳しいという方は、借金問題に詳しい弁護士に相談することをオススメします。債務整理に関する手続きをしていただけます。

▶︎当サイトおすすめのおまとめローンはこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ