【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


空港ラウンジ付帯のおすすめ人気クレジットカード比較ランキング!

lounge

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回は空港のラウンジ利用が付帯している人気クレジットカードについて、ランキング形式で比較していきます。

空港ラウンジ利用が付帯しているクレジットカードTOP3

1位アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
amex

AMEXゴールド

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・ステータス性が高い
・旅行代金の割引やレストラン代無料など、優待サービスが充実している
デメリット
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・海外の加盟店数が少ない
・海外利用時の為替レートが良くない
2位ダイナースクラブカード
ダイナースカード

公式ページはこちら

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・ステータス性が高い
・ポイントの有効期間が無期限なので安心してポイントを貯められる
デメリット
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・公共料金等の支払いに対応していないので少し利便性に欠ける
・加盟店数が多くはないので少し利便性に欠ける
3位JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
JAL gold

公式ページはこちら

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・5つの国際的な主要決済ブランドの中から決済ブランドを選べる
・TOKYUポイントも貯めやすく、JALマイルも通常のJALカードの2倍~5倍貯まる
デメリット
・東急が近所にないとメリットを活かしきれない
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・空港ラウンジを無料で利用できる場所の数が他に比べると少ない

Sponsored Links

  こんな記事も読まれてます  

▶︎社会人におすすめのマイル高還元率クレジットカード比較ランキング!
▶︎マイルが貯まる高還元率クレジットカード比較ランキングTOP3!
▶︎JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!
▶︎ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!

空港ラウンジを利用しても恥ずかしくないカードは!?

空港ラウンジ

空港ラウンジを利用したいけど、どのカードを使って利用したら恥ずかしくないのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

また、空港ラウンジ利用をするのでステータス性の高いクレジットカードを持ちたいけどどのカードが人気なのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

確かにラウンジを利用するからには一定のラインよりも上の高所得者が集まる場になるので、恥はかきたくないですよね。そんな方のお悩みを解決するために、空港ラウンジを利用するのに最適なクレジットカードを手にするための選び方のコツをご紹介致します。

空港ラウンジ利用の際、恥をかかないためのカード選びの基準

ポイント①:ステータス性のあるクレジットカードを選ぶ

ポイント②:利用できる空港ラウンジの場所がどこか、そして利用できる空港ラウンジ数が多いかどうか

ポイント③:空港ラウンジ利用以外の特典が自分のライフスタイルに合うかどうか

簡単比較表

評価 1位アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 2位ダイナースクラブカード 3位JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
券面 アメックスゴールド ダイナースカード JAL CLAB-Aカード
年会費
ポイント還元率
人気度 
ステータス 
 特典
利用可能な空港ラウンジ数 
海外ブランド力 
国内ブランド力 

基本スペック比較表

評価 1位アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 2位ダイナースクラブカード 3位JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
券面 アメックスゴールド ダイナースカード JAL CLAB-Aカード
年会費   28,080円(税込)  23,760円(税込)  17,280円(税込)
 ポイント還元率  1000円=10ポイント  1000円=10ポイント  1000円=10マイル
 基本還元率  0.33%  0.4%  1%
 ETCカード  500円(税抜)/年  無料  無料
 海外旅行傷害保険  最高1億円  最高1億円  最高5000万円
 国内旅行傷害保険  最高5000万円  最高1億円  最高5000万円
 ショッピング保険  500万円  500万円  300万円

この3枚がなぜランクイン?

私がアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを1位に選んだ理由

amex

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、ステータス性の高いクレジットカードの代表格で、空港ラウンジを利用できる特典を兼ね備えたゴールドカードの中でも1、2を争うハイステータスカードです。

高級ホテルの宿泊代や高級レストランの食事代を割引ないしは無料にできる優待サービスがついていて、旅行保険も最高補償額が1億円と、スペックとしても非の打ち所がありません。

ダイナースカードよりも利用できる加盟店数が多く、JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)よりもりようできる空港ラウンジ数が多いので、空港ラウンジを利用できるクレジットカードの中では堂々のNo1になります。

アメリカンエキスプレスゴールド

 

私がダイナースクラブカードを2位に選んだ理由

ダイナースカード

ダイナースクラブカードもアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと同じく、ステータス性に富んだクレジットカードになります。利用できる空港ラウンジの場所の多さもさほど変わりありません。

ただし、利用できるお店がアメリカン・エキスプレスに比べると少ないので、その点ではアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードに劣ります。

しかし、ポイントの有効期限が無期限なので、貯めたポイントを無駄なく使うことが可能で、スペックや機能的にも優秀なクレジットカードです。

 

私がJAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)を3位に選んだ理由

JAL gold

JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)はアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードやダイナースクラブカードに比べるとステータス性が劣ります。

ただし、JALマイルと東急のポイントをダブル取りすることができたり、特典の面で言うと申し分ありません。ほとんどの空港ラウンジも利用できますし、VISAもMasterCardもJCBも、アメックスやダイナースでさえ選択できてしまう幅の広さをもっています。

優秀なカードではありますが、空港ラウンジ利用数が上記2枚のカードより少ないため、第3位の位置づけになります。

1位アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
amex

AMEXゴールド

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・ステータス性が高い
・旅行代金の割引やレストラン代無料など、優待サービスが充実している
デメリット
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・海外の加盟店数が少ない
・海外利用時の為替レートが良くない
2位ダイナースクラブカード
ダイナースカード

公式ページはこちら

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・ステータス性が高い
・ポイントの有効期間が無期限なので安心してポイントを貯められる
デメリット
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・公共料金等の支払いに対応していないので少し利便性に欠ける
・加盟店数が多くはないので少し利便性に欠ける
3位JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
JAL gold

公式ページはこちら

メリット
・海外、国内両方の空港ラウンジを無料で利用できる
・5つの国際的な主要決済ブランドの中から決済ブランドを選べる
・TOKYUポイントも貯めやすく、JALマイルも通常のJALカードの2倍~5倍貯まる
デメリット
・東急が近所にないとメリットを活かしきれない
・年会費が高いので維持するのに負担が大きい
・空港ラウンジを無料で利用できる場所の数が他に比べると少ない

関連記事はこちら

▶︎社会人におすすめのマイル高還元率クレジットカード比較ランキング!
▶︎マイルが貯まる高還元率クレジットカード比較ランキングTOP3!
▶︎JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!
▶︎ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ