【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


Amazonの買い物におすすめのクレジットカード比較ランキング!


Sponsored Links

私も普段のショッピングでAmazonを頻繁に使うのですが、楽天と違ってポイントが全然貯まらないですよね。

そこで色々調査してみると、Amazonショッピングでお得にポイントを貯めて有効活用できるクレジットカードがあったので、紹介したいと思います!

1位AmazonMasterCardクラシック
AmazonMasterCardクラシック

公式ページはこちら

初年度無料
次年度税込み1350円
年1回の利用で次年度無料

メリット
・Amazonで利用すると還元率1.5%
・年会費は年1回の利用で次年度も無料
・Amazon以外でも1%の還元率
デメリット
・旅行傷害保険の付帯なし
・国際ブランドはマスターカードのみ
2位OricoCard THE POINT
オリコカード

公式ページはこちら

永年無料

メリット
・年会費永年無料
・ポイント還元率はどこでも1%
・Amazonギフト券にポイント還元可能
・国際ブランドを選べる
デメリット
・ポイントプログラム以外のサービスがほとんどない
・Amazonギフト券編交換ポイントが3種類に限られる
3位JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE

公式ページはこちら

永年無料

メリット
・パートナーポイントプログラム登録で1ポイント3.5円でAmazon利用できる
・年会費無料
・海外旅行傷害保険自動付帯
・ポイント還元率0.75%
デメリット
・5年後の更新時に一般カードへ切り替え後、年会費有料になる
・5年後の切り替え後還元率は0.5%
・WEB明細への登録が条件
・国際ブランドはJCBのみ

Amazonはポイント付与商品が少ない

Amazonをよく利用している人はよくわかると思いますが、とにかくポイントが付く商品が少ないという印象を受けます。

楽天市場はほぼすべての商品でポイントが付きますが、Amazonはとにかくポイントが付く商品を探すだけで苦労します。それならばクレジットカードを使って何を買ってもポイントが付くようにするか、Amazonギフト券を獲得すればいいのです。

ここではそうした視点でAmazonを利用してお得になるクレジットカードを三枚ご紹介しています。

いずれのクレジットカードもAmazon以外の利用でもメリットが大きいクレジットカードなので、Amazonをよく利用する人はぜ一枚選んで賢くAmazonを利用してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Links

選ぶポイント

選ぶ

Amazonでお得になるクレジットカードを選ぶポイントとしては高還元率であるというのが第一です。

少なくても還元率は1%以上でなければメリットはないでしょう。またなるべく負担を軽くするために年会費が無料のクレジットカードが望ましいでしょう。

それ以外の選ぶべきポイントとしては、Amazon以外の利用でもポイントが貯まり、それがAmazonポイントやギフト券に交換できるということです。

これによって利用金額額大きくなり貯まったポイントもAmazonで有効に使うことが可能になります。もちろんポイント以外のサービスも充実していればそれに越したことはありません。

 

簡単比較表

1位 2位 3位
券面 AmazonMasterCardクラシック オリコカード JCB CARD EXTAGE
年会費
Amazonでの使いやすさ
入会しやすさ
ポイントサービス
 国際ブランド
海外旅行傷害保険 ×

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名 AmazonMasterCardクラシック OricoCard THE POINT   JCB CARD EXTAGE
券面 AmazonMasterCardクラシック オリコカード JCB CARD EXTAGE
 年会費 初年度無料
次年度税込み1350円
年1回の利用で次年度無料
永年無料 永年無料
 ポイント付与  Amazon1.5%
その他1%
 1000円1ポイント付与 100円1ポイント付与
入会後1年間ポイント1.5倍
 ポイント還元  基本還元率1%~1.5%  基本還元率1%
貯まったポイントをAmazonギフト券に交換
500ポイント500円
2000ポイント2000円
5000ポイント5000円
基本還元率0.5%
Amazonパートナーポイントプログラム登録で1ポイント3.5円で買い物ができる
 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
自動付帯2000万円
治療費用(傷害・疾病)
最高 100万円
損害賠償
2000万円
携行品損害
20万円
救援者費用
100万円
 国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
入院・通院
国際ブランド マスターカード  VISA マスターカードJCB

 JCB

 ショッピング保険 100万円  - 海外100万円

 

ランキング詳細・なぜそのカードがこの順位になっているのか、ベネフィットを伝えて訴求してください。

1位AmazonMasterCardクラシックを1位に選んだ理由

AmazonMasterCardクラシック

AmazonMasterCardクラシックはその名称のとおり、Amazonで利用するのに最も適したクレジットカードです。

年会費無料で、Amazonポイントを貯めるサービスに特化しているので海外旅行傷害保険といった付帯サービスはありません。

しかし、ポイントの貯まりにくいAmazonでもこのカードで決済すれば1.5%という高還元率が実現します。

さらにAmazon以外のマスターカード加盟店でもポイントが1%付くというのも大きなメリットです。

Amazonは普段少額の利用しかしていない人でも、年会費が無料なのでポイントを貯めるためのクレジットカードとして利用すれば、ほかの加盟店で利用した高額利用のポイントもAmazonで利用することができます。

他のクレジットカードのように貯まったポイントを交換するといった手間も一切かかりません。

Amazonで利用するのであればまずこのクレジットカードを第一に検討してみましょう。

amazon card

公式ページはこちら

2位OricoCard THE POINTを2位に選んだ理由

オリコカード

OricoCard THE POINTは年会費無料でポイントサービスに特化したクレジットカードです。

通常こうしたポイント還元率の高いクレジットカードはリボ専用のケースが多いのですが、OricoCard THE POINTは1回払いも利用できて手数料負担なくポイントが貯まります。

還元率はどこの加盟店を利用しても1%で、貯まったポイントをAmazonギフトカードに交換することができます。交換は500ポイント、2000ポイント、5000ポイントの単位に限られ、それぞれ500円、2000円、5000円分のAmazonギフトカードと交換できます。ポイントがそのままAmazonポイントに交換できるわけではないので、AmazonMasterCardクラシックと比べると手間がかかるので2位となりました。

またほかの二枚と比べるとVISA,マスターカード、JCBの3種類のブランドから選ぶことができるのもメリットの一つです。すでに持っているクレジットカードと違う国際ブランドを選べるのはこのクレジットカードだけのメリットです。

オリコザポイント

 

3位JCB CARD EXTAGEを3位に選んだ理由

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEは年会費無料ですが、5年後に最初の更新が行われると自動的にJCB一般カード(Original Series)に切り替わります。つまり年会費無料は5年間だけとなります。

ポイントサービスも5年間は1.5倍となるので0.75%の還元率ですが、切り替えと同時に0.5%に引き下げられるデメリットがあります。

JCBのOkidokiポイントプログラムではAmazonとのパートナーポイントプログラムがあります。

これに登録することで貯まったOkidokiポイント1ポイントが3.5円としてAmazonで使えるようになります。JCB CARD EXTAGEでは1000円で1.5ポイント貯まります。

1万円の利用で15ポイント貯まり、525円相当になるので還元率は0.525%となり上位二枚のクレジットカードと比べると見劣りがします。

JCB CARD EXTAGE最大のメリットは海外旅行傷害保険が自動で付帯されている点です。

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯というのは珍しく貴重なクレジットカードと言えるでしょう。海外旅行好きの方は海外旅行傷害保険の補償金額を補てんする意味でも持っておきたい一枚です。

ただし、入会条件として29歳以下でなければ申込できないので、クレジットカードを作れる人が限定される点も3位となった理由の一つです。

 

Amazonの買物で人気のクレジットカードランキングTOP3

AmazonMasterCardクラシック
AmazonMasterCardクラシック

公式ページはこちら

メリット
・Amazonで利用すると還元率1.5%
・年会費は年1回の利用で次年度も無料
・Amazon以外でも1%の還元率
デメリット
・旅行傷害保険の付帯なし
・国際ブランドはマスターカードのみ
2位OricoCard THE POINT
オリコカード

公式ページはこちら

メリット
・年会費永年無料
・ポイント還元率はどこでも1%
・Amazonギフト券にポイント還元可能
・国際ブランドを選べる
デメリット
・ポイントプログラム以外のサービスがほとんどない
・Amazonギフト券編交換ポイントが3種類に限られる
3位JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE

公式ページはこちら

メリット
・パートナーポイントプログラム登録で1ポイント3.5円でAmazon利用できる
・年会費無料
・海外旅行傷害保険自動付帯
・ポイント還元率0.75%
デメリット
・5年後の更新時に一般カードへ切り替え後、年会費有料になる
・5年後の切り替え後還元率は0.5%
・WEB明細への登録が条件
・国際ブランドはJCBのみ
Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ