【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


アメリカン・エキスプレス(AMEX)の支払い遅れや延滞はどうなる?

untitled

Sponsored Links

アメリカン・エキスプレス、通称アメックスの支払い遅れや延滞はどうなるのでしょうか。今回はアメックスの対策についてご紹介致します。

Sponsored Links

支払い遅れや延滞の場合、信用情報はどうなるの?どんな流れで事が進む?

逃げる

遅延の場合

アメリカン・エキスプレスに限らず、クレジットカードの支払い遅れは良くないです。期日までに金額を支払うということを前提に、クレジットカード会社は代金の立替行為を行っているのです。

商品は受け取っているのに、代金が支払われていないわけですから、詐欺窃盗だと言われても仕方ありません。当然、信用問題になります。

しかし、支払いが遅れたからといって、一発レッドカードで即解約というわけではありません。しっかりと支払い遅れにも段階があるのです。まずここでご紹介するのは最初の支払い遅れ、すなわち「遅延」と呼ばれる段階です。

支払期日までにお金を引き落とせなかった場合、電話やハガキが来て支払いを促されます。そして新たに期日を設けられ、その期日までに指定の銀行口座にお金を振り込まなければなりません。

問題なく期日までに支払いが完了した場合「遅延」という扱いになり、信用情報は傷つけられずにすむ場合が多いです。

ただし、アメックスの場合、2度、3度遅延行為を繰り返していると、支払い日から2~3日過ぎた段階で突然強制解約になることもあります。外資系のクレジットカード会社は支払いの遅れに関してはかなり厳しいので、注意しましょう。

 

延滞の場合

先ほど、上記でもご説明した通り、支払いの遅れには段階があります。ここで紹介するのは「延滞」という段階です。

支払い期日に口座からの引き落としがかからなかった場合、クレジットカード会社からハガキや電話が届き、新たに支払い期日を設けられます。しかし、その期日までにも入金することができなかった、もしくはしなかった場合、その場合を「延滞」と呼びます。

延滞は61日以上、もしくは三か月以上の支払いの遅れの場合によく使われる言葉です。当然ですが、延滞の方が遅延よりも信用性を失います。したがって、遅延に比べると、延滞の方が信用情報に傷がつきやすくなります

もちろん、一回目ですぐに信用情報に傷がつくわけではありませんが、延滞が2回以上連続で続いたりすると、傷がつく可能性が非常に高くなりますので注意が必要です。

しかも、先ほども言ったようにアメックスのような外資系のクレジットカード会社は支払いの遅れに関してはかなり厳しいので、締日から支払い指定日までの期間が短い場合が多いです。中には締日から支払い指定日まで20日しかないという事例もあるほどです。

支払いサイクルが非常に早いのがアメックスの特徴ですので、そのこともしっかりと知識として取り入れておきましょう。

 

すべてを無視するとどういう結末が待っているの?

自殺

これらの督促行為をすべて無視するとどうなるのでしょうか。アメックスの場合は支払い遅れは厳禁になりますので、すでに何度も遅延や延滞を行っている人であれば、強制解約の可能性が高いです。強制解約にならなかったとしても更新拒否になります。

カードの失効が行われた場合、100%信用情報に傷が付き、ブラックリストに載ることになります。そうなると向こう5年間は信用情報を回復することができません

この状態になると、まず住宅ローンなど、新たにローンを組むことは不可能になります。また、新たにクレジットカードを発行することもできなくなります

月賦や割賦などの契約で物を購入することさえも難しくなります。「信用がない人」というレッテルを貼られている人にどこの会社も新たにお金を貸したがらないのは当然と言えます。

最悪の事態を避けるための最善の対処法

アメリカンエキスプレスgrenn

アメックスには「ペイフレックス」という名前のリボルビング払いのシステムがあります。リボルビング払いのシステムに切り替えることによって、遅延や延滞を免れるケースがあります。

大きい買い物をしたので、それを定額でこつこつと返していくことで、信用情報も傷つけずに対応することができます。

ただし、これは支払い期日よりも前に手続きをしなければなりません。支払い日までにお金が用意できない、と気づいたそのタイミングで、ネットからでも電話でも大丈夫ですので、「ペイフレックス」に支払い方法を切り替える旨を伝えなくてはなりません。

AMEXグリーン

 

多重債務にはおまとめローンがオススメ

おまとめ

多重債務者に対しては、複数社からの借り入れをすべて一本化にすることで、債務の金利を下げ、月々の負担額も下げられるおまとめローン」がオススメです。

各社ごとに金利をとっているので、返済額が膨れ上がってしまうという最悪のケースを回避することができます。それでも、右も左も首が回らないという状況になったら、弁護士に相談しましょう。

債務整理を行い、自分の借金とどう向き合っていくかを相談してみるのが良いでしょう。

→オススメのおまとめローンはこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ