【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


社会人がANAゴールドカードを使うメリット・デメリットとは?

ANAゴールド

Sponsored Links

こんにちは、ライターの小林です!

皆さんは飛行機のチケットを購入する際に、現金で決済していませんか?

実はそれ、ものすごく損をしている可能性がありますよ。

今回は飛行機によく乗る方がお得に空の旅を過ごせるようにするにはどうしたらよいのかについてまとめてみました。

Sponsored Links

飛行機に乗る際に現金決済している人は損している?

損する

飛行機のチケットを購入するときに、現金、もしくは口座振替などで済ませるということは、実はとてももったいないことなんです。

今まで現金などでお支払いされていた方は、飛行機のチケットを買う時にクレジットカードを使って決済することでかなりお得になるのです。

クレジットカードでの支払いにすることによって、航空会社が実施しているポイントシステムで使われる「マイル」と呼ばれるポイントが付きます。

このマイルというポイントは国内線、国際線問わず、無料往復航空券と交換できたりするのです。つまりマイルが貯まっていれば無料で旅行や出張に行けてしまうのです。

現金や口座の引き落としなどではこの「マイル」というのは付きません。ですから、マイルの貯まるクレジットカードを持つことでお得になるということです。

 

マイルが貯まるクレジットカードを使うとどうなるの?

検証

マイルが貯まりやすいクレジットカードというものが世の中には存在します。

そのマイルが貯まりやすいクレジットカードを常日頃から利用すると、とてもメリットが大きいのです。

例えば、年に3回仕事で出張に行くとします。東京と大阪の往復の出張が2回とニューヨークまでの海外出張が1回あったとします。

東京と大阪の片道のマイルは280マイルほど、つまり四回飛行機に乗ることになるので、合計は1120マイルになります。

ニューヨークと東京の片道のマイルが6737マイルほどで、往復にすると2倍の13474マイルになります。

上記の3つの出張で得たマイルの合計は14594マイルになります。これだけマイルがあれば、国内線であれば十分1回分の飛行機代をうかすことが可能になります。

また、マイルが貯まりやすいクレジットカードにはマイルだけが貯まるわけではなく、ホテルの宿泊代金や免税店でのお買い物などでも、10%~20%の割引サービスが付くものもあります。

買い物代金や宿泊費用が割引かれることで、旅行先での出費も抑えられるようになり、かなりお得になります。

 

マイルが貯まるカードを選ぶポイント

では、いったいマイルが貯まるクレジットカードを選ぶときにどんなところに気を配る必要があるのでしょうか?

選び方のポイントは以下の三点です。

①マイルが貯まりやすいこと
②旅行保険が充実していること
③マイルの移行手数料や年会費が高すぎないこと

①マイルが貯まりやすいこと

ana1

やはり一番重視しなくてはならないのが、このポイントになります。マイレージというシステムがどれだけ素晴らしくてもマイルが貯まらなければ何の意味もありません。

マイルがしっかり貯まるものとしては還元率に注目してください。還元率が1%を超えているものを極力選ぶようにしましょう。

②旅行保険が充実していること

旅行保険

いくらマイルに特化したクレジットカードであったとしても、旅行保険に欠陥があれば、あまり使い勝手がいいクレジットカードとは言えません。

国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険も最高補償額が、すべてにおいて 5,000万円まであるものを選ぶのが理想的です。

③マイルの移行手数料や年会費が高すぎない

手数料1

マイルというのは実はクレジットカードを利用すればそのまま入る仕組みではありません。一度クレジットカードのポイント口座にプールされ、そのポイントに応じた分のマイルを移行し、マイレージ口座にマイルとして入ってくるのです。

したがって、このポイントからマイルに移行するときに移行手数料を取る会社もあるのです。この手数料があまり高くないもの、もしくは無料であるものを選ぶようにするのが良いのです。

年会費も極力低いものが家計の負担にならないので望ましいです。

 

オススメのクレジットカードは?またそのカードのメリットやデメリットは?

クレカ

上記のような選び方に即して考えると最高のマイル系クレジットカードが何なのか気になるかと思います。

一番のオススメのクレジットカードは「ANAゴールドカード」になります。

このカードにはメリットが非常に多いのです。ANAゴールドカードの中でも「VISAワイド」「MasterCardワイド」においては、圧倒的にポイントを貯めやすいクレジットカードになっているのです。

ANAゴールドカードの還元率は1.39と高水準で、なおかつステージボーナス、マイ・ペイすリボなど、通常の利用料金から得られるマイル獲得方法以外にもマイルを得られる仕組みが充実しているのです。

また、年会費においてもWeb明細登録やマイ・ペイすリボ登録をすることによって4500円も割引され、かなり利用しやすい金額になります。

旅行保険においてもすべて最高補償金額が5000万円となっていますので、安心して旅行に行くことができます。

唯一デメリットがあるとすれば、家族会員の年会費が通常の一般クレジットカードに比べると高いということです。

しかし、それ以外のメリットが突出していますので、利用価値は十分にあるクレジットカードになります。

 

まとめ

以上マイルの貯まるクレジットカードについて、ご説明してきましたが、上記の通り、しっかりとマイルを活用して、お得に旅行などを楽しみたいと考えていらっしゃる方はぜひとも「ANAゴールドカード」を選ばれると良いかと思います。

ANAゴールド

red bottan

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ