【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!

ana1

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレカ比較情報ライターのクレ子です。

今回はANAマイルが貯まるクレジットカードをランキング形式で比較しました!

  1. ソラチカカード

    ソラチカ
    button_green01

    ここに注目!

    ★平日20回東京メトロ利用で180マイルが自動で毎月貯まる!
    ★初年度無料だから試せる!
    ★解約も電話1本!

    デメリット

    ★年会費2,000円(税別)
    ★東京メトロユーザー以外はショッピング利用で貯める
  2. アメリカンエキスプレス・スカイ・トラベラー

    アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード
    button_green01

    ここに注目!

    ★100円で1マイル、ANA利用時は3倍貯まる!
    ★国内外保険付帯が充実!
    ★空港ラウンジ同伴者1名無料!

    デメリット

    ★年会費1万円
  3. MileagePlusセゾンカード

    MileagePlusセゾンカード
    button_green01

    ここに注目!

    ★1,000円で5マイル貯まる!
    ★コスモ石油利用時は1,000円で10マイル貯まる!

    デメリット

    ★ステータス性がない
    ★年会費1,500円
Sponsored Links

▼目次へ進む
▼急ぎの方はこちら
▼簡単比較表へ進む
▼ランキングへ進む

 

ANAマイルカードは種類があり過ぎて選べない!

困る

普段のお買い物や飛行機利用で貯めたポイントをANAのマイルへ効率良く還元することで空の旅を安くすることができる、そんなクレジットカードが今大流行しています。

様々なカード会社がANAと提携したカードを発行し、今ではネットで調べると大量の種類が表示されるようになりました。

もちろん、ANAカードの種類が大量にあることは私たちの選択肢も増えるということですから、喜ばしいことではあります。

しかし、増え過ぎたことによる弊害もあるのです。

それは、

『一体どのANA提携カードを選べば良いのか分からない!』

『結局どのくらい使ったらどのくらいマイルが貯まってお得になるの?』

『どのANA提携カードも同じようなことばかり言っている・・・』

最近このような悩みを持つユーザー様の声が多く聞こえてくるようになりました。

確かに、ANAマイルやクレジットカードの知識がない方にとっては少し厄介な状況かもしれません。

出来れば、迷うことなくスパっと最高の1枚を決めたいものですよね!!

安心してください。

今日は、そんなあなたに最高のANAマイル貯蓄カードをご提案していきます。

 

ANAマイルが貯まるカードを選ぶコツとは?

ANAのマイルは、ちょっとだけ複雑な仕組みになっています。

一般的に、カードを使用した際、貯まるポイントはANAマイルそのものではなく、クレジットカードのポイントになります。

そのクレジットカードのポイントを交換するのがANAカードになります。

ANAマイルを貯めるコツはクレジットカード会社のボーナスポイントをうまく使ってマイルを貯めることです。

ANAカードの一般カードを通常使った場合、ANA VISAカードでリボ払いを選択した場合は、還元率は1.39%となります。

通常はこれが最もポイント還元率が高いですが、同じぐらいの還元率のカードを見ていきましょう。

それぞれ、利用シーンやライフスタイルによって、オススメのカードは異なります。

 

ソラチカカード AMEXスカイトラベラーカード MileagePlusセゾンカード
券面 ソラチカ アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード MileagePlusセゾンカード
年会費 初年度無料 1万円 1,500円
国際ブランド JCB AMEX VISA
MasterCard
AMEX
ポイント還元率 最高1% 1% 最高2%
(コスモ石油利用)
電子マネー PASMO 付帯なし nanaco
モバイルsuica
SMART ICOCA
ETC年会費 永年無料 付帯なし 無料
空港ラウンジ なし 国内主要空港の指定ラウンジが同伴者1名まで無料 なし
海外保険 死亡・後遺障害
最高1,000万円 最高3,000万円 最高3,000万円
入院・通院
なし 最高100万円 最高300万円
携行品損害
なし 1旅行最高30万円 最高30万円
国内保険 死亡・後遺障害
最高1,000万円 最高2,000万円 なし
入院・通院
なし 最高100万円 なし
携行品損害
なし  1旅行最高30万円 なし
ショッピング保険 最高100万円 200万円 なし
提携マイレージ ANA ANA ANA
締め日 15日 20日 月末
引落し日 翌月10日 翌月10日 翌々月4日

 

 

ソラチカカード

ソラチカ

メトロの利用が多い方でしたら、ソラチカカードがおすすめです。

初年度年会費は無料で、入会ボーナスポイントが1000マイルプレゼントされます。

これはマイルが直接貯まる形式です。

ソラチカカードは、2種類のポイントが貯まるカードになります。

通常の利用で貯まるJCBのOkiDokiポイントと、地下鉄東京メトロの利用で貯まるメトロポイントです。

そして、実はANAのフライトではANAマイルが直接貯まるなど、管理が3つになって少々面倒です。

ですが、そのすべてをANAマイルに換算できるため、日常の利用、東京メトロの利用でも、ANAマイルに集約することができるのです。

東京メトロは、1回の乗車につき平日は5ポイント、土日祝日は15ポイントが貯まります。電子マネーのPASMOの利用でも、メトロポイントが貯まります。

メトロポイントの還元率は、100メトロポイントが90マイルですので、平日20回、つまり一ヶ月東京メトロに乗車すると、180マイルが自動で貯まることになります。

一年間、通勤などで使われると、それだけで1170ポイントが貯まる計算になります。

OkiDokiポイントの還元率は、1000円で1ポイントになります。1OkiDokiポイントは3マイル〜10マイルですので、最大1ポイントマイルになります。

通勤などで毎日東京メトロに乗車し、PASMOの電子マネーでのコンビニ支払いなどの回数が多ければ、このカードは非常にオススメです。

都心で働いている会社員などには最適なカードではないでしょうか。

 

アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード

ANAでの購入は、通常の3倍のポイント還元率になります。

ただし、年会費が1万円しますが、入会ボーナスで3000ポイント、入会後3ヶ月以内に40万円以上の利用で7000ポイントが貰えます。

ですので、メインカードとして使用するならば、買い物を集約するだけで年会費は実質無料と考えられるでしょう。ポイントは、スカイトラベラーポイントで、初めての旅でも5000ボーナスポイント、継続で1000ボーナスポイントが貰えます。

通常の使用でも、100円が1ポイントになりますので、1ポイント=1マイルと換算して還元率は1%をキープできます。

しかも貯まったポイントは有効期限が無期限ですので、気長に貯めることができます。

ボーナスポイントを有効活用したいと考えるなら、アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カードでしょう。

ANAの飛行機の利用が多い人ならば、効率よく3倍マイルが貯まりますので、出張の多いビジネスパーソン、旅行好きな方、車をよく使われる方に非常にオススメです。

 

○MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードも、高還元率でANAマイルを貯めることが可能です。

1500円の入会費を払っての入会で2000マイル、継続の利用で500マイルがプレゼントされます。ショッピング時には、1000円で5マイル、コスモ石油の利用で1000円で10マイルが貯まります。

年会費5000円のマイルアップメンバーズに加入すれば、マイルの還元率がさらにアップし、1000円につき15マイル、コスモ石油で1000円につき20マイルの換算となります。

また、このカードの特徴として、通常の半分のマイルで航空券の利用ができるというものがあります。

片道マイルは800マイルまでが、通常10000マイル必要な物が、新特典では5000マイルでフライト可能です。

8000マイルを超える利用でも、8000マイルで利用できます。

例えば羽田ー大阪間は251マイルあり、通常のマイレージでは10000マイルが必要でした。

ですが、このクレジットカードの特典を使いますと、5000マイルでフライトが可能なのです。

少ない利用額でも最大限にマイルを貯めることができますので、マイルを貯めてみようかなと思ったばかりの初心者の方にオススメです。

 

 

ランキング付けの理由と詳細

普段使いとして考えた場合、利用シーンやその方のライフスタイルによってオススメのカードは異なってきます。

ですが、一般的な利用を考えた場合にANAマイルが最も貯まるという観点から見て、ランキング付けを行いたいと思います。

1位:ソラチカカード

ソラチカ

都心部に勤務していて、東京メトロで毎日通勤している場合、ソラチカカードが非常にオススメです。

定期券の購入も、一括払いに限り、OkiDokiポイントとANAマイルがダブルで貯まります。

基本的に、ANAカードにPASMO機能が搭載されたカードになります。通勤通学の定期券としても使えて、裏面に印刷されます。

日常使いの細々とした買い物などが、すべて最終的にANAマイルに集約できるのが魅力です。また乗車ごとにマイルも貯まりますので、移動の多い方に最適です。

初年度は年会費も無料で、1000マイルのボーナスマイルやカード継続時ボーナスマイルなども貯まります。フライトの基本の10%が上乗せになるフライトボーナスマイルもあり、ボーナスマイルも豊富です。

また、家族間のマイルを合算することもできます。

何より東京メトロのメトロポイントとANAマイルが交換できるだけでなく、そのレートが非常に高いことも特徴的です。

100ポイントで90マイルですから、他社のカードよりも乗車ポイントのマイル還元率は高くなります。

このメトロポイントは非常に貯めやすくANAマイルとの交換率が高いポイントです。

Extremeカードは、Gポイントというポイントをいったん経由して、最終的にレートが1.35%にまで跳ね上がりますので、Gポイントとメトロポイントを貯めやすいカードとの併用もオススメです。

特に、都心部での移動が多い方にオススメです。

お申込みb

 

2位:アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード

国内や海外へのフライトが多く、ANAのマイルそのものを効率よく貯めたい方には、アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カードがオススメです。

航空券の購入で、マイルが通常の3倍貯まります。3倍ボーナスは、通常のポイントと合わせて最大で60000ポイントが上限(200万円分)になります。

入会、はじめての旅、継続などでどんどんボーナスマイルが貯まります。ANAマイルの場合、このボーナスマイルが大きいのです。

ポイントの有効期限は無期限で、通常の買い物でも100円で1マイル換算になりますので、大きな買い物や航空券、定期券など、まとまった支払いに使うと、大きくマイルを貯めることが可能です。

ポイントはマイルにできる他、旅行代金の直接支払いにも利用できますので、ANAマイルをキリの良い所まで貯めて、残りは旅行代金の換算レート1ポイント1円で使ってしまうのも中途半端なマイルが余らず、効率が良いでしょう。

ゴールドカードではない通常の一般カードでありながら、年会費が10000円かかるのはやや高価と感じられるかもしれませんが、入会ボーナスで3000ポイント、入会後3ヶ月以内に40万円以上の利用で7000ポイントがもらえますので、なにかまとまった買い物をする予定があるならば、その直前にアメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カードを使うのもオススメです。

一回あたりの買物金額が大きい方、まとまった支払いの予定のある方、フライトの回数が多い方などにオススメのカードです。

お申込みb

 

3位:MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

まだマイルを貯めた経験が浅い方や、日常の利用で使おうと思っている方、車の移動が多い方、少ないマイルでフライトに乗りたい方は、このMileagePlusカードがオススメです。

年会費は1500円と安く、ETCカードは無料ですので、車の利用が多い方にオススメのカードとなります。プラス5000円+税で、マイルアップメンバーズという還元率がアップする会員になることができます。

そうしますと、コスモ石油でのガソリンその他の支払いが1000円につき20マイルで、還元率が2%に跳ね上がります。また、通常のお買い物でも1.5%の還元率と、かなりの高還元率でマイルを貯めることができます。

ですので、コスモ石油でガソリンを頻繁に入れる機会がある方ならば、非常に効率よくマイルを貯めていくことが可能となります。

また、このカードの特徴は、通常10000マイルでフライト可能だったマイルの利用時の特典が、5000マイルで交換可能だったりと、実質的な利用レートが半分になっているのも特徴です。少ないマイルで無料フライトを手に入れたい方にオススメです。

お申込みb

 

  1. ソラチカカード

    ソラチカ
    button_green01

    ここに注目!

    ★平日20回東京メトロ利用で180マイルが自動で毎月貯まる!
    ★初年度無料だから試せる!
    ★解約も電話1本!

    デメリット

    ★年会費2,000円(税別)
    ★東京メトロユーザー以外はショッピング利用で貯める
  2. アメリカンエキスプレス・スカイ・トラベラー

    アメリカン・エクスプレス・スカイ・トラベラー・カード
    button_green01

    ここに注目!

    ★100円で1マイル、ANA利用時は3倍貯まる!
    ★国内外保険付帯が充実!
    ★空港ラウンジ同伴者1名無料!

    デメリット

    ★年会費1万円
  3. MileagePlusセゾンカード

    MileagePlusセゾンカード
    button_green01

    ここに注目!

    ★1,000円で5マイル貯まる!
    ★コスモ石油利用時は1,000円で10マイル貯まる!

    デメリット

    ★ステータス性がない
    ★年会費1,500円

 

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ