【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【節約】クレジットカード支払いと口座引落しの違いを比較! 

比較

Sponsored Links

今回はクレジットカードで支払いをすることで口座引落しよりも節約になるということを、二つの違いなどをもとに比較しながらご紹介致します。

Sponsored Links

口座引落しとクレジットカードに関する悩み

疑問

クレジットカードを持ってはいるが、公共料金などの支払いは口座引落としにしているという方が結構いらっしゃるかと思います。

そういった方がよくおっしゃるのがクレジットカードだと何の代金が引かれているかわかりにくいということです。

また、「クレジットカードで支払うと何のメリットがあるのか、よくわからない」という方も多くいらっしゃいますし、「どのクレジットカードを使えばお得になるのか正直わからない」という方もいらっしゃいます。

たしかにクレジットカードには色々種類がありますし、どのカードが自分に合っているか、わかりにくいかもしれません。

今回はそういったお悩みを解決できるように、クレジットカードと口座引落しの違いをご紹介致します。

口座引落しとクレジットの違いとクレジットカードのメリットについて

案内・女性

では、口座引落しとクレジットカードのそれぞれの特徴を見てみましょう。

先にはっきり申しますと、私はクレジットカードで支払うことをオススメします。

口座引落しは確かに通帳には何に対する代金が引かれているのかがわかるよう記入されるので、わかりやすいという人もいらっしゃいますが、実は請求先が複数になるので、逆に煩雑になってしまい把握するのが難しくなるケースもあります。

また、口座引落しの場合はポイント還元をする制度ではありませんので、案外お得になりにくいという特徴を持っているのです。

公共料金の場合が特に顕著で、公共料金の支払いを口座引落しにしている場合、割引サービスというものが付いてきますが、割引額が決まっているので、支払う公共料金の額が高ければはっきり言って全然お得になりません

それに対して、クレジットカードはポイント還元の制度を用いており、支払った金額の1%前後をポイントなどで還元してくれます。

ポイントを現金に交換したときの金額と、口座引落しの割引額とを比較してもらったら一目瞭然ですが、圧倒的にクレジットカードで支払ったときの方がお得になるシステムになっているのす。

また、支払い元がわかりにくいというお悩みの方も、最近では明細書などが自宅に届くようなサービスも行っているクレジットカード会社がほとんどになるので、管理もしやすくなっています。

管理の手間も省けて、なおかつお得になるクレジットカードでの支払いを私がオススメするのにはこのような理由があるのです。

 

最高の1枚を選ぶポイントとは?

では、クレジットカードを実際に選ぶときにどのようなクレジットカードを選んだら良いのでしょうか。そこで、クレジットカード選びのポイントをご紹介致します。クレジットカードを選ぶときは下記のポイントにこだわってみてください。

●還元率が高いこと
●ポイントが貯めやすいこと
●還元先が豊富であること
●クレジットカード利用の幅が広いこと

還元率が高いことはとても重要です。

この還元率が高ければ高いほど、お得になるからです。最低でも還元率においては1%を超えるものを選択することをオススメします。

そして、次にポイントが貯めやすいかどうかということですが、クレジットカードには多くの特典やボーナスが用意されています。

特典やボーナスなどで、ポイントが3倍になるものや、多いものでは5倍になるようなものも世の中のクレジットカードの中には存在します。

ほとんどのポイントは現金のように使えて、お買い物するのに利用できたり、商品券やギフト券などに交換することもできます。したがってポイントを貯めることそのものが、得することにつながってくるのです。

また、還元先にもこだわる必要があります。自分の普段の生活を思い返し、貯まったポイントはここで使えるというようなイメージをもっておくことが大切です。貯めるだけ貯めて、使えなければ何のお得にもつながらないので、注意が必要です。

そして、クレジットカードの利用できるところが多いということもしっかりと確認する必要があります。公共料金が支払えるものや海外旅行、国内旅行のどちらでも活躍できるようなカードを探すのが良いでしょう。

何枚もクレジットカードを持つ必要はありません。自分のライフスタイルにあったクレジットカードを手に入れれば良いのです。

様々な引落しに対応して、お得な還元先を持っている魅力的な1枚とは?

悩む3

様々な引落としに対応し、さらにお得になるような還元先をもっているクレジットカードは「楽天カード」です。

楽天カード

楽天カードは還元率が1%と高還元率で、楽天市場というオンラインショッピングの世界では最高峰のショッピングマーケットを展開しているため、還元先としては最適です。

楽天市場で揃わないものはないというほど、充実した品揃えになっています。

また、この楽天カードは、ガソリンスタンドやアミューズメント施設、引っ越し業者など至るところでポイントを貯めることができます

さらに公共料金までもがポイント対象になるので、とても貯めやすく使いやすいカードなのです。

どのくらいお得になるか、シミュレーションをしてみましょう。1か月の携帯電話代金が10,000円、ガス代や電気代などの公共料金がトータルで12000円、ショッピングで20000円、飲食で7000円、かかったとしましょう。

すると、1か月の獲得ポイントは490Pで、年間で5880Pも貯まります。楽天ポイントは1Pで1円になるので、年間5880円もお得になったということです。

こんなにもお得にできるのは楽天カードのスペックと、楽天カードがクレジットカードであるからだと言えます。

楽天

楽天ボタン

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ