【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


未成年の社会人でもクレジットカード持てる?入会基準について

r-18

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報ライターのNAOです!

今回は『未成年の社会人でもクレジットカードは持てるのか?』についてご紹介します。

すでに他の記事でも取り上げているんですが、社会人ならクレジットカードを持っていたほうが何かと便利です!

でも、何となくクレジットカードは20歳以上でなければ作れない…なんていうイメージを持っていませんか?

「便利なら作ろうかな」、と思うけど、「20歳以上じゃないとダメだからなぁ」、と諦める前に、まずはだまされたと思ってこの記事を読んでみてください!

▼18歳以上の未成年でも持てるカードはこちら
▼目次へ進む

Sponsored Links

未成年でもクレジットカードの申し込みは可能?

未成年

未成年でも、満18歳以上ならクレジットカードを申し込める!

クレジットカードの入会基準は、一般的に2つあると言われます。

  1. 満18歳以上で、高校生でないこと
  2. 安定した収入があること

そのため、高校を卒業後、社会人として働いている場合なら、年齢の条件も、安定的な収入の条件もクリアするため、入会基準を満たすことになります。

もちろん、満18歳で安定した収入があれば誰でもカードの発行を受けられるというわけではありません。

申し込み手続きの中で行われる審査をクリアして初めて、クレジットカードの発行を受けることができます。

ただし、未成年ならではの手続きが必要

ところが、未成年がクレジットカードを申し込む場合のみ必須となる条件がもう1つあります。

それが、親権者からの同意!

ある意味ではこれが最も難しい条件となるかもしれませんね。

書類上の印鑑に加えて、電話確認が行くケースも多いため、ごまかしはききません。

誠実に、

  1. どうしてクレジットカードが必要なのか
  2. どのくらいの金額の支払いが発生する見込みなのか
  3. 支払いは責任を持って自分で行えると約束できるのか

など伝えてみましょう。

▼18歳以上の未成年でも持てるカードはこちら
▲目次へ戻る進む

若者にこそクレジットカードが必要!便利だけどリスクもきちんと知ろう

スマホの普及にともなって、アプリのダウンロードやネットショッピングで料金を支払うことがとても身近になりましたが、これらの支払いにはクレジットカードが必要です。

どうしてもダウンロードしたい課金アプリがある、だとか、月額料金の発生するサービスを利用したい、Amazonや楽天市場でしか買えないものがある、という経験はありませんか?

特にゲームアプリの課金で必要になる方は多いことでしょう。

親のクレジットカードの番号を一旦借りて、請求が来る分の金額を現金で親に支払うという方法も可能ですが、毎回親に許可を得るのも現金で払うのも面倒ですよね。

クレジットカードを持っていれば、LINEのスタンプや月額有料の音楽配信サービス、ゲームの課金アイテム、ネットショップもスムーズに利用することができます。

未成年がクレカを持つ前に知るべきリスクとは?

もちろん、クレジットカードそのものは「カードさえあれば買い物ができる」という大変便利なものですが、その裏にはリスクもあります。

買い物をするその場で現金を支払う必要がないため、自己管理ができなければ引き落としの当日に口座の残高が不足するということもありえます。

残高が不足していた場合、支払いまでに期間が空いてしまうと滞納となり利息をとられてしまいますし、信用会社には滞納の履歴が残ってしまいます。

滞納の履歴があると、他のクレジットカードを作るときに審査でマイナス評価を受けたり、カードのランクアップ審査で落ちるリスクになるなど、さまざまなマイナスの影響が起こってしまうため、注意が必要です。

そして、小額の滞納なら後から返済がきくでしょうが、何より怖いのは自分ひとりで支払えないほどの負債を抱えてしまう場合です。

スマホゲームに熱中して、つい課金しすぎてしまったりすると、気が付けば数十万円~百万円単位の借金を抱えてしまうことだってありえます。

こうなってしまうと家族をはじめ、周りの人にも迷惑をかけてしまいますし、破産となると社会的な信用も地に堕ちてしまいます。

自己管理さえ徹底できていれば問題にはなりませんが、注意は必要です。

▼18歳以上の未成年でも持てるカードはこちら
▲目次へ戻る進む

クレジットカードがないのは不便だけど、作れそうにない、作るのが怖い…そんなアナタにとっておきのカードがある!

credit card

クレジットカードを作れそうにない、作るのが怖いあなたにはVプリカが最適かも!

vprica
button_green01

確かにクレジットカードは便利なもの。

スマホが普及した現代だからこそ、クレジットカードはなおさら便利に感じるようになりました。

でもクレジットカードは、自己管理ができなければ借金にもつながりかねない、怖い面もあるものです。

カード申し込みには親権者の同意が必須ですが、若いうちは自己管理能力がまだまだ未熟だから、と、同意してもらえないケースもあるでしょう。

クレジットカードが使えたら便利だから作りたい、でも作らせてもらえない、つい使いすぎてしまわないか不安…そんなジレンマを抱えている人には、Vプリカがオススメです。

⇒Vプリカの申込みはこちら

 

Vプリカって何?どこが便利なの?

vprica

Vプリカはその名の通りプリペイドカード、事前にお金を支払って残高をチャージして使うタイプのマネーです。

日本国内に在住の18歳以上なら作ることができるプリペイドカードで、クレジットカードのような厳しい審査がないという特徴があります。

Vプリカのすごいところ1:VISA加盟店で使えるカード番号が与えられる

Vプリカは王手クレジットカードブランドのVISAが運営していて、1つ1つのVプリカにVISA加盟店で使えるカード番号が与えられるんです。

つまり、感覚的には、プリペイドカードなのに、クレジットカードのようにカード番号で支払いができる、ということ!

もちろんプリペイド式のマネーなので、残高を超える支払いはできません。ご注意を。

Vプリカのすごいところ2:プリペイド式だから使いすぎの心配なし!

Vプリカはプリペイド式なので、お金は事前に払っておく必要があります。

そのため、自分の持っているお金以上の利用はできないようになっていて、クレジットカードで使いすぎてしまった時のように借金を背負い込むリスクがないんです。

これなら自己管理もぐっと簡単ですよね。

Vプリカのすごいところ3:18歳以上なら親権者の同意は不要

そもそもプリペイド式なので、後になって「払えません!」というトラブルになるリスクがなく、カード発行段階で親権者の同意も求められません。

これだけで、カード発行のハードルが下がります!

 

クレジットカードが不安なら、Vプリカにしておくのがオススメ

credit card02

クレジットカードを作ること、使うことに不安があるなら、Vプリカを使うのがオススメです。

Vプリカ唯一の弱点は、毎月支払いが必要になるもの=月額料金の支払いには使えない、ということですが、LINEのスタンプ購入やAmazonなどのショッピングには利用できますから、若いスマホ世代にはぴったりではないでしょうか?

お申込みb

 

まとめ

スマホの普及にともなってクレジットカードはなくてはならないものになりつつあります。

高校を卒業していて、18歳以上の社会人ならクレジットカードの申し込みは可能ですが、親権者の同意や自己管理が必要など、簡単に申し込みできるものではありません。

もし不安が大きければ、就職するまではVプリカを使うというのも1つの手段。

自分と家族とじっくり対話して、何を選ぶか決めてみてはどうでしょう。

▼18歳以上の未成年でも持てるカードはこちら
▲目次へ戻る進む

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ