【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカードの支払い延滞は何回で信用情報に記録される?

ブラックリスト

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回はクレジットカードの支払いの延滞と信用情報への記録についてお話しましょう。
▶︎私が支払い滞納を回避した裏技はこちら

クレジットカードの支払いの延滞をしたことがある人は共有の信用情報に載るのではないか、新たな審査で不利になるのではないかと戦々恐々とした経験もあるでしょう。

その時はどのような結果が出たにせよ、支払いの延滞はクレジットカード会社からしたら由々しき事態であり、非常にリスクの高いものとなります。

支払いの延滞が記録に残ると大変まずい事態となり、将来のさまざまなシーンでローンが組めずに困ったことにもなりかねません。

Sponsored Links

クレジットカードの支払い延滞とは?

考える

クレジットカードの支払いの延滞とは、クレジットカードを利用してショッピングをしたりキャッシングをした分の返済が遅れてしまったことを指します。

遅延、滞納、延滞などのいろいろな言葉で表現されているようですが、基本的に「返済が遅れることは全てNG」となります。

クレジットカードは、顧客の年収や過去のクレジットカードの利用履歴などから「この人は信用できる」という判断によって発行されるものです。

つまり、クレジットカード会社と私たち消費者、利用者は信頼関係に基づく契約をしているようなものとなります。

そんな信頼関係は、支払いの遅延、延滞という行為によってあっさりと崩れ去ります。

そうなれば、クレジットカード会社はその人に対して「あまり信用できない人」というレッテルを貼ります。

そのレッテルこそが、ブラックリストであり、信用情報における延滞マークです。

延滞のマークとは

クレジットカードの会社は、信販会社、リース会社、小売店、消費者金融会社、銀行などとの情報共有を行っています。

信用情報というその人の属性やカード利用履歴などを登録する共有の情報機関があり、そこで延滞情報や債務整理などの情報を扱っています。

クレジットカードの延滞はその情報機関の中に記録されて、他の金融機関などから閲覧できるようになります。

そこに記録される延滞のマークは「A」のマークです。

これがついている場合には延滞をしたということで、その他のクレジットカード会社が見てもすぐに分かってしまうのです。

 

クレジットカードの支払いの延滞は何回から記録される?

驚く女性

クレジットカードの支払いは、銀行引き落としで行われることが一般的です。

そのため、私たちは請求金額をあらかじめ銀行口座に振り込んでおき、支払日に備えます。

ところが、何らかの事情で数回程度、短期間遅れてしまったという人も多いでしょう。

そんな時には延滞のマークは付いてしまうのでしょうか?

クレジットカードの延滞マークが付くのは61日以降?

クレジットカードの支払いが少し遅れただけでは、延滞マークは付かないと一般的には言われています。

実際にクレジットカード会社の加盟しているCICという信用情報機関でも61日以上の延滞で信用情報に記載される旨が記されています。

一回の延滞が60日で済んでいれば延滞マークが付かない可能性が高いということです。

ところが、これはあくまでも一般的な話であり、例外的なケースもあるので注意が必要です。

会社によって違う延滞の判定

クレジットカードの信用情報への記載が61日というのは基本的な一般論であり、クレジットカード会社の運用ルール、判断によってはその前であっても延滞マークが付くことがあります。

また、61日までなら大丈夫!と慢心していると、数日の延滞でも回数が多ければ記録する、という会社もあるので足元をすくわれることになるでしょう。

もちろん、会社によってはたった一回であっても延滞マークを付けることもあります。

基本的には、61日は一般論であり、各クレジットカード会社によってそれぞれの方針があることを肝に銘じておきましょう。

そもそも、一日でも一回でも「遅れ」は遅れです。

当然、言い訳は通用せず、災害など以外ではどんな事情があるにせよ、会社の判断で延滞はついてしまいます。

 

クレジットカードの支払い延滞のリスクは?

逃げる

クレジットカードの支払いが延滞した場合のリスクとしては、直近のリスクと遠い将来起こり得るリスクがあります。

直近のリスクとは

支払い停滞ですぐに実感する可能性の高いリスクとしては、クレジットカードの利用停止です。

延滞が続く場合には当然その間の利用は不可となりますが、さらに状況が悪化するとカード契約自体を切られる恐れがあります。

カード解約となった暁には、それまでの残債を一括払いで求められるなどの厳しい対応が待っているでしょう。

将来的なリスクとは

クレジットカードの延滞情報は、一定期間情報機関に登録されたままになります。

これによって、将来マイホームローンや自動車ローンなどを組めなくなる恐れがあります。

延滞や債務整理などの金融事故情報は、自分が思っているよりも関連企業、金融機関に広く共有されることを忘れないでください。

 

クレジットカードの延滞は一回でも厳禁!

ng

通常、これまでの利用履歴がしっかりしている人であれば、一回程度、しかも数日の遅れに対して延滞を付けるクレジットカード会社は少ないと考えてられています。

しかし、これはカード会社で開示されている情報ではなく、「これまでにそういった人は少なかった」という経験則に過ぎません。

つまりクレジットカード会社の運用に変化があったり、厳しい会社にあたってしまった場合には、いつの間にか利用履歴に延滞の情報がついてしまうこともあるのです。

一回だからといって許されるとは考えずに、支払い期限は守って口座入金を行うことが大切です。

まだ諦めないで!私が滞納を回避した最終手段とは?

実は私も、3年前に5社でカードの支払いを滞納し、多重債務者となってしまいました。

支払いの滞納や遅延は、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は5社で借りた代金の滞納を『ある方法』で回避することで救われました。

支払い滞納を回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば滞納を回避することが可能なのです。

30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

私は30日間の間で仕事を掛け持ちして、足りない分は親族に頭を下げて工面してもらいました。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私も利用した大手三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなら、利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。

公式ページはこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ