【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む

社会人必須!クレジットカードのかっこいいサインの書き方とは?


Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回はクレジットカードのカッコいいサインの書き方をご紹介します。

クレジットカードを使う時のサインって、何を使っていますか?

サインをスマートに書けてカッコいいのは、芸能人ばかりではありません。

普通の人でも、クレジットカードを使った支払いの時に、サラッとスマートに立ち回れると都会的でカッコいいイメージを与えられます。

反対に、オドオドとして躊躇しながら記入すると、お店の人に「不正使用?」と訝しがられたり、一緒にいる人に「ダサい」と思われてしまいます。

クレジットカードを使う場面でスマートに立ち回るためには、カードのサインにもひと工夫したいものですね。

Sponsored Links

こんなサインの書き方はダメ!

不満

クレジットカードのサインには、実はそれほど制約がないことが多く、絶対にNGというサインの書き方はありません。

カードを使った際には、最初に自分が決めた書き方で記入すれば、ほとんど見咎められることはありません。

とは言え、最初にカード裏面に記入する際にはちょっとだけ気を配って、その後の使用を妨げるようなサインを選ばないようにはしたいものです。

あまり凝ったサインを作ってしまうと、カードのサインと実際にお店で書いた自分のサインを比べられて不審感を持たれることもないとは言えません。

そもそも、クレジットカードのサインの意味とは、カードの不正使用を防ぐためのものです。

自分だけの筆跡でサインをすることで、他の人が使えないようにします。

つまり、自分の筆跡で自然に書いて、不審に思われないことが大切です。

わざわざ考えつくして選んだサインの場合には、書き慣れていないため、その場で疑われるリスクがあります。

もちろん、スマートに振る舞えずに恥をかくこともあるでしょう。

 

クレジットカードのサインの利便性は国内と海外で違う!

損する

クレジットカードのサインは、国内での利用はもとより、海外旅行や出張先の外国でも使うことを想定しておかなければいけません。

日本人のクレジットカードのサインで多いのは、漢字やローマ字が多くなります。

ただし、海外での利用が多い場合には少し注意をすべき点もあります。

■国内編

例1:漢字で書いて使いやすく

クレジットカードのサインは自分のものであることを証明するために必要なものとなります。

書きなれた漢字であれば、特に気負うこともなく書けるので安心です。

例2:ちょっと工夫して平仮名もアリ

クレジットカードのサインではあまり見かけないサインですが、日本人ならではの平仮名の使用も認められています。

平仮名の筆跡は曲線が多いため、日本人同士であっても真似しにくいものです。

男性の場合には柔らかい平仮名のイメージが合わないように感じられることもありますが、不正使用のリスクヘッジとしては適しています。

例3:筆記体でオーソドックスに安全に

日本人のサインでは、筆記体はかなりハードルが高くなります。

実は「筆記体でカッコよく決めたいな」と感じる人は多いのですが、いざクレジットカードを目の前にすると躊躇することも多いのです。

これは日本でも海外でも真似しづらいものであり、英語圏の海外旅行でも使えます。

ただし、日本国内では若干読み取りにくくなります。

■海外編

例1:真似しづらさは漢字がベスト!

日本以外でクレジットカードを使う場合には、読み取りにくく、真似もしにくい漢字の使用は最も優れた防衛手段です。

特に英語圏では漢字のクレジットカードの不正使用はかなり困難となります。

ただし、お店の人も慣れていないので、パスポートの提示を求められて照らし合わせる面倒はあるかもしれません。

ちなみに、あまり利用することはありませんが、印鑑などで使われる「篆書体(てんしょたい)」もクレジットカードでは認められていることもあります。

これであれば日本でも海外でもほとんど真似できる人はいないのではないでしょうか。

例2:郷に入っては郷に従え!ローマ字でサイン

諸外国を股にかけて飛び回るビジネスマンにとって、やはりローマ字(英語)でのサインは欠かせないものとなります。

できればブロック体で一文字ずつ書くよりも筆記体で書く方がスムーズなイメージを持たれますし、真似しにくくなります。

例3:あだ名やカタカタなどで独自性を

海外でクレジットカードを利用する際には文字の内容も分かりませんので、ちょっと遊び心を発揮する人もいます。

もちろん少数派ですが、あだ名や通称、時には記号などを用いたりして、自分の本名とかけ離れたものを使えるので不正使用を徹底的に避けたい人には良いでしょう。

ただし、カード会社によってはあまりにも遊び心が過ぎるサインには何らかの連絡が来る場合も否めません。

 

カッコいいサインがより際立つカード選び

アメリカンエキスプレスgrenn

クレジットカードを使うにあたって、サインのカッコよさを求めるのは当然ですが、使っているカードが何となくカッコ良くないと片手落ちとなってしまいそうです。

クレジットカードを持てること自体も社会人としてのステイタスですが、よりカッコよさにこだわるのであれば、種類も選びましょう。

クレジットカードを持ちなれて、カードのステイタスにもこだわりたくなったら、アメリカン・エキスプレス・グリーンはいかがでしょうか?

アメリカン・エキスプレスなら、海外のどこでも安心して使えますし、日本でさりげなく差し出せたなら、周りと差をつけることもできそうです。

アメリカン・エキスプレス・グリーン

red bottan

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


One Response to “社会人必須!クレジットカードのかっこいいサインの書き方とは?”

  1. sophie より:

    アマゾン、楽天市場や、Yahooショッピングも不正利用被害が多いですが、それは、クレジットカード不正利用があっても痛みが無いから、被害は全て出店してるお店ですからね~。
    ログインさえ出来てしまえば、ワンクリックで決済。
    さらに、店舗には迅速出荷を求めてきますから、店舗はろくに本人確認できない状態なので、被害続出です。
    私は、過去、楽天でやられましたが、それ以降、ログインさえできてしまえば、簡単にワンクリックで決済できてしまうセキュリティの脆弱なサイトには、クレジットカードの登録をしていません。
    クレジットカードの登録は、3Dセキュアが導入され、クレジットカード会社に登録してあるパスワードで本人確認ができるサイトに限定しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ