【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカードでスマホの携帯料金を支払いするメリットとは?

スマホ

Sponsored Links

今回はクレジットカードでスマートフォンの携帯料金を支払うことで得られるメリットについてご紹介致します。

昨今、国会の議題でも取り上げられるほど、スマートフォンの携帯料金が高く生活を圧迫しているということが問題視されています。

実際に若年層を中心に、毎月の携帯電話の料金を支払が15000円を超え、かなり生活が厳しいという悲鳴を多く聞きます。

私自身もスマートフォンを利用しているので毎月、携帯電話の料金などは極力抑えたいという気持ちがありますので、よく理解できます。

ただ、携帯電話の利用料金の支払いを変えるだけで、実質の負担を減らすことが可能になるのです。今回はその方法をご紹介致します。

Sponsored Links

口座引落しとクレジット支払いはどっちがいいの?

悩む3

まず、携帯電話の利用料金を支払う方法として一般的なのが口座引落という方法です。

直接振り込みにいく手間もないため便利です。

しかし、実はもう一つ、携帯電話の利用料金を支払う方法があります。それが今回のテーマでもあるクレジットカードでの支払いです。

口座引落しは先ほども申した通り、銀行の口座から毎月、利用料金を自動で引き落としをするシステムになりますが、クレジットカードの場合はクレジットカード決済になるので、クレジットカードに付随するポイントが自動的についてくる形になります。

つまり、ただ単にお金だけを引き落とされる口座引落しよりも、お買い物ができたり、電子マネー・商品券・ギフトカードなどに交換ができ、ポイントが貯まる方が圧倒的にメリットが出るのです。

ポイントはクレジットカードによって還元先が異なりますが、ほとんどの場合が現金のように扱うことができます。

毎月高い携帯電話の利用料金を支払っているので、還元されるポイントも多くなるはずです。短時間でポイントが貯まりやすいということです。

携帯代金の支払いで貯めたポイントで、1泊2日の温泉旅行に行けたり、ブランド品を購入できたりするので、クレジットカードの支払いにすることは大きなメリットを生みます。

だからこそ、同じ料金を支払うのであれば、クレジットカードで携帯電話の利用料金を支払った方がお得になるのです。

 

クレジットカード選びで悩まないようにするためのポイントとは?

アイデア

では、一体どんなクレジットカードを選んだら良いのでしょうか。昨今、クレジットカードは多種多様で、色々な特典のついたクレジットカードが存在しています。

そのため、「最適なクレジットカードを選ぶのも大変」という悩みを抱えていらっしゃる方も多いかと思います。そこで、下記のようなポイントに注目して、クレジットカードを選んでみてください。

●携帯電話料金の支払いに対しての特典が用意されているかどうか
●還元率が高いかどうか

まず、クレジットカードの中には、携帯電話の料金を支払うことによって生まれる特典が用意されているものがあります。

それは、携帯電話の料金を支払うと還元率が1%上昇するようなものもあれば、ポイントが倍増されるもの請求金額から1%割引されるものもあります。

その特典の内容を見て、自分に一番メリットが出そうなカードをまずは選択しましょう。そして、次に還元率です。

還元率は高いものを選ばないといけません。具体的に言うと還元率1%以上のものが高いと言えます。還元率が高い方がポイントを早く貯めることが可能になります。

すなわち、自分に利益をもたらすスピードが上がります。以上の二つことに注目してみてください。

携帯料金支払いにオススメのクレジットカード

上記のようなポイントをおさえていて、なおかつ利用価値があるクレジットカード、それは「VIASOカード(ビアソカード)」と「P-oneカード」です。

VIASOカード

viaso

まずはVIASOカードからご紹介致します。

VIASOカードは還元率が非常に高いクレジットカードになります。楽天やアマゾンなどの商品をVIASO eショップを経由して購入した場合、アマゾンなら1%楽天なら1.5%に還元率が引きあがります。

さらに、最もすごいこのカードの長所が、携帯電話やPHSの利用料金をこのカードで支払うと、ポイントが2倍になります。したがって、通常の2倍の速さでポイントを貯めることが可能になるのです。

実際にシミュレーションをしてみましょう。

月々の携帯利用料金が16000円だった場合、1か月で貯まるポイントは160Pになります。したがって、年間でいうと1920Pで、1P=1円なので、1920円もお得になる計算になります。

P-oneカード

P-oneカード

次にP-oneカードです。

このカードの最大の特徴は請求金額から自動で1%割引されるというサービスが、携帯電話やPHSなどの公共料金などにも適用されるということです。

還元率だけをみると0.5%と低めですが、公共料金に適用される「自動1%割引」というサービスはこの0.5%にプラスされる形になるのです。つまり、1.5%の還元率に等しくなるということです。

そうすると、先ほどの16000円の携帯利用料金の例で考えると、1か月で240円ほど安くなり、1年でいうと2880円もお得になるという計算になります。

このように、クレジットカードで携帯電話料金を支払うことによって、メリットはたくさん生じます。ぜひクレジットカードで支払うことをオススメ致します。

個人的にはP-oneカードが気に入っていて愛用しています。

P-one

公式ページはこちら

iPhone/スマホの高い携帯料金を安くする賢い方法とは?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ