【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカードを解約するメリット・デメリットとは?

天国か地獄

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回はクレジットカードの解約のメリットとデメリットについてのお話をしましょう。

複数のクレジットカードを所有していると、使いすぎや支払い管理の面倒、年会費の無駄などのマイナス面も見えてきます。

そこで必要のないクレジットカードは解約、退会することになるのですが、その際には少し注意が必要なこともあります。

安易にカードの枚数を減らすのではなく、メリットやデメリットまで慎重に考えてカード解約を選択しましょう。

Sponsored Links

クレジットカードの解約のメリットとは?

メリット

ではまず、クレジットカードを解約する事のメリットを考えていきましょう。

単純に考えてもたくさんありすぎるカードは邪魔なので、解約したいと思う人は多いものです。

カード利用額の管理が楽になる!

クレジットカードは、利用しっぱなしで済むものではありません。

きちんと利用分の返済をすることが必要です。

しかし、カードが増えすぎると利用と返済の管理が難しくなってしまいます。

締め日と支払日が違うカードを持っていたり、引き落とし口座を分けたりすると、さらに混乱しそうです。

ネットショッピング利用と普段の買い物利用に分けてリスクを分散する位なら使いこなせそうですが、あまりに分散しすぎると注意力も分散されてしまいます。

お財布の中がスッキリ!

これは物理的なメリットですが、意外と重要です。

お財布の中に何枚のカードが入っているか把握できなくなってしまうようであれば、カード枚数を減らすことをオススメします。

持っているカードが分からないということは、「なくしても分からない」ということです。

クレジットカードの紛失は不正利用のリスクを負い、自分が使ったわけではない負債を抱えることにつながります。

新しいカード審査が有利になるかも?

このメリットは誰もが受けられるものではありませんが、カード枚数が多過ぎるよりは少ない方が審査に通りやすくなる可能性があります。

ただし、以下のデメリットに当てはまらないような解約をすることが条件となります。

クレジットカードの解約のデメリットとは?

デメリット

クレジットカードの解約をする場合には、やり方次第でデメリットとなってしまうことがあるので要注意です。

解約をする前に、一度自分の状況を振り返ってみましょう。

契約後すぐの解約は信用情報に傷が付く!

クレジットカードを作ってからすぐの解約は、カード会社の印象を悪くします。

多くのクレジットカードには入会特典などが付いており、ポイントやギフト券のサービスが受けられることもあります。

入会特典は利用者を増やすための大奮発のサービスなので、これを受けてからすぐに解約するとカード会社は損をしてしまいます。

カードを作ったら、最低でも半年間は保有することが大切です。

すぐに解約をすると「この人は特典だけを狙っている」という印象を持たれてしまいます。

これはブラック情報ではありませんが、短期で解約していることはデータを見れば分かるので審査で見つかれば不利に働くこともあるのです。

契約と解約を繰り返すと信用情報に傷が付く!

上記の理由と同じですが、同じカードの契約と解約を繰り返したり、短期間に何枚ものカード、何社ものカード会社のカードをどんどん解約するなどの行為も不審感を与えます。

こちらもブラックではありませんが、次に新しいカードを作る際に悪影響を与える可能性があります。

クレジットカードによっては再契約までの期間がきちんと決められているものもあり、悪質なやり方を続けると再契約できなくなるケースもあります。

 

クレジットカードの安全な解約の仕方とは?

悩む3

クレジットカードの解約は、慎重に行いましょう。

本当に必要のないカードなのか、持っていない方が良いのか、など見極めてからでも解約は遅くありません。

ポイントの消化を忘れずに!

ポイントプログラムのあるクレジットカードは、貯めたポイントを使える限り使ってから解約しましょう。

商品交換は処理に時間がかかるため、電子マネーや他のポイントへの移行が便利です。

未払残を残さずに!

リボや分割、ボーナス払いなど、利用したクレジット払いの残高が残っている場合には、解約すると一括返済を求められます。

一括が無理な場合には、そのカードは使用せずに返済だけを済ませてから解約するようにします。

解約後のカードはきっちり処分!

解約が済んだら、手元に有るクレジットカードは破棄しましょう。

カードにハサミを入れてから捨てるようにすれば安心です。

ICカードの場合には、IC部分(キラキラしている部分)にもハサミを入れます。

解約したカードの引き落とし、ETCカードに注意を!

クレジットカードを解約すると、これまで利用していた引き落としやETCなどが利用できなくなります。

公共料金や家賃などの引き落としの手続きを新たに行い、使っていたETCカードも処分して生きているカードに替えましょう。

使えないETCカードを差しっぱなしにしておくと、料金所でトラブルの原因となります。

 

クレジットカードの解約時はデメリットの回避が大事

アイデア

意外とクレジットカードの解約は大変そうです。

クレジットカードは安易に解約手続きをすると、思わぬリスクや損になってしまうことがあります。

ただし、これは自分の不注意で起こるリスクなので、防ぐ手立てはありそうです。

自分に当てはまるケースがあれば、そのデメリットを上手に回避してカードを解約しましょう。

【注意】クレジットカードを年会費未払いで解約するとどうなる?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ