【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカード枚数は住宅ローン審査に落ちる原因って本当?

credit maisu1

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報ライターのNAOです!

今回は住宅ローンの審査とクレジットカード保有枚数の関係を徹底調査しました!

多くの人にとって、人生最大の買い物と言えば住宅です。

一般的には住宅ローンを組んで、長い期間かけてコツコツと支払うのが一般的。

そのため、住宅ローンを組めるかどうかが住宅購入の最大のキーポイントになります。

一方で貸し手となる銀行側としては、一千万単位の融資をするわけなので、当然、審査の基準は厳しいものになります。

クレジットカードを持つことで住宅ローンの審査基準は厳しくなるのでしょうか?そして、何か対策は可能なのでしょうか?

Sponsored Links

住宅ローンの審査にクレジットカードは影響する?

審査01

住宅ローン審査の基準

一般的に、ローン審査の基準はシンプルで、滞りなく返済が見込めるかどうか、これに尽きます。実際には、

  • 年収に対するローン支払額の割合が大きすぎないか
  • ローンを支払ってなお生活に必要な収入が残るかどうか

がローン審査の基準となります。

年収に対する年間ローン返済額の割合、つまり返済比率が高すぎると、何らかの要因で収入がダウンした時に返済が滞るおそれがあります。

たとえば会社の経営が悪化すれば、給与にも影響するでしょう。仮に勤めている会社の経営が悪化しても、ローンの支払いを継続できるような状況であることが求められます。

また、いくら返済比率が適正でも、ローン返済後に残る収入が少なければ、生活が逼迫するのは目に見えています。

このような場合には審査落ちのリスクが高まります。

住宅ローン審査にクレジットカードは影響する?

さて、審査の基準がこれだけなら、住宅ローンの審査とクレジットカードは直接結びつかないようにも思えます。

ですが、クレジットカードは住宅ローンに確実に影響します。

クレジットカードで買い物をするだけなら、単に支払いを後払いにしているだけなので、年収が減ったりするわけではありません。

注意しなくてはいけないのは、クレジットカードに付いているキャッシング利用枠です。

キャッシング利用枠を付けていると、銀行からすると「キャッシングが必要になるかもしれない人なんだな」という目線で見られ、キャッシング利用枠を最大まで利用しているという仮定で審査されることになります。

つまり銀行としては、ローンの返済を以外にも借入がある場合、それらを全て同時に行える程度の経済力がある人なら安心だとして審査を行うわけです。

そのため、自動車のローンはもちろん、クレジットカードのキャッシング枠も借入と見なして計算しているのです。

 

住宅ローン審査で落ちないためのクレジットカード保有枚数は?

credit card02

住宅購入世代のお財布事情を徹底解剖

住宅を購入する世代としては30代の男性が一般的。

国税局が調査した「民間給与の実態調査結果(2015年7月更新版)」によると、30代の平均給与は

30~34歳 438万円
35~39歳 499万円

30代全体として平均すると、およそ470万円程度の年収があることになります。

住宅ローン審査に影響しにくい限界のラインはどこ?

モデルケースとして、借入総額2,500万円、2.5%長期固定金利型35年ローン、ボーナス払いの利用なしでシミュレーションしてみます。

毎月のローン返済額は71,499円、年間の返済額は863,988円となります。これを元にシミュレーションしてみます。

年間返済額 返済比率 審査通過見込 概算年収 470万円との差
863,988円 30% △(厳しい) 288万円 182万円
25% ○(見込みあり) 345万円 125万円
20% ◎(見込み十分) 432万円 38万円

年収が470万円でも、住宅ローン以外の返済が年間182万円にのぼる場合、毎月71,499円のローン返済でも返済比率が30%となるため、審査は厳しくなるでしょう。

なるべくなら、返済比率は25%以下に抑えたいところです。

年収470万円で返済比率を25%に抑えるなら、住宅ローン以外の返済は年間125万円以下に抑えなくてはいけません。

自動車のローンも組んでいる場合、自動車ローンの返済額+クレジットカードのキャッシング枠が125万円以下に抑えるという計算になります。

  • 自動車ローンがある場合:キャッシング枠付きクレジットカードは1枚まで
  • 自動車ローンがない場合:キャッシング枠付きクレジットカードは2枚まで

このくらいに抑えておけば、審査にも余裕が生まれるでしょう。もちろん、キャッシング枠の大きさは個人差が大きいところですので、一概に枚数で論じることはできません。あくまでも目安として紹介します。

 

クレジットカード保有枚数がピンチ!どうすれば?

ストレス

クレジットカードのキャッシング枠が大きすぎるかも?と感じたら

クレジットカードのキャッシング枠を全て合計したら、住宅ローンの審査通過がピンチかも!と思ったアナタ。

とるべき手段は2つです!

必要ないキャッシング枠は削減しよう

クレジットカード会社に連絡すれば、キャッシング枠を削減することが可能です。

とはいえ、ローン審査の際に参照される信用情報にキャッシング枠削減が反映されるのには1~2ヶ月の余裕を見ておくべきでしょう。

キャッシング枠を削減するなら、早めの対策が必要です。

解約条件に期待して、ひとまず審査に申し込む

キャッシング枠付きのクレジットカードを持っている影響で、審査が通過するかどうか微妙だ…という場合には、思い切ってひとまず審査に申し込むというのも1つの手。

審査が通ればラッキーですし、審査基準まであと一歩という状況なら、クレジットカードの解約を条件に審査合格とする通知がくる可能性あります。

返済比率よりも重要なクレジットカードヒストリー

いくら返済比率が基準内に収まっていたとしても、過去に支払いを延滞していたり、自己破産しているような場合、融資はほぼ受けられないでしょう。

支払いの延滞や自己破産は信用を大きく損なうため、融資の審査を受ける上では致命的なんです。

クレジットカードの支払いの延滞情報は、カードを解約していなければ2年間、解約済みのカードなら5年間、信用情報として残されます。

返済比率やクレジットカードのキャッシング枠を気にする前に、まずは過去の支払い履歴がクリーンであることが大前提です。

 

まとめ

いかがでしたか?

住宅ローンの審査にはクレジットカードのキャッシング枠が影響します。

クレジットカードの発行時にはキャッシング枠は申し込んでいないつもりでも、海外旅行時に持っていくカードに現地での現金調達手段としてキャッシング枠を後付けしたということもありえます。

ローン審査に申し込む前に手持ちのカードのキャッシング枠を一通り確認しておくと良いでしょう。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ