【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカードの支払いが厳しい場合の7つの対策方法とは?


Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報の小林です!

今回はクレジットカードの支払いが厳しい場合の7つの対策方法をご紹介します。

落ち込む1

クレジットカードはとても便利な反面、自分の中でどれだけ使用していたか把握していなければ、翌月に高額な支払いが襲いかかってくることはよくあります。

すぐに欲しいものが手に入る上に、最近はインターネットで物を簡単に買えてしまうため、ついつい使いすぎてしまい、支払いの時に気が一気に重たくなったりする人もいます。

今回はそんな方々のために、クレジットカードの利用において、何らかの理由で支払いが厳しくなってしまったときにどう対応したらいいのか、また、どんなことに気を付けるべきなのかについて解説していきます!

Sponsored Links

支払いが厳しいときにやってはいけないこと!

禁止

クレジットカードの支払いが厳しいときに絶対にやってはいけないこと、それは「無断で滞納すること」です。

クレジットカードのCredit(クレジット)の意味を理解しているかどうかということです。Credit(クレジット)というのは「信用、信頼」を意味します。

つまりクレジットカード会社は利用してくれる人を信用してお金を立替てくれているのです。そのため、無断で支払期日までにお金が支払われなければ、当然クレジットカード会社からの印象は悪くなります。

「たかだかクレジットカードの支払いくらい、黙っておけば何とかやりすごせるだろう。まぁいいか」では、すまないのです。

クレジットカードでの決済は借金に値します。

クレジットカード会社からの信用を失ってしまった場合、最悪の場合、カードの利用停止などの厳しいペナルティーが発生しますので注意が必要です。

 

支払いが厳しいとき、または厳しくなってしまったときの注意点と対応

ポイント

①支払通知書に記載された対応方法に応じて対応する
②電話で交渉する
③迅速に行動をとる
④リボ払いに変更する
⑤分割払いに変更する
⑥複数の支払いがあればおまとめローンに変更
⑦弁護士に相談する

①支払通知書に記載の対応方法に応じて対応する

クレジットカードの支払いを滞納してしまった場合、支払通知書というものが自宅に届きます。その書面にどう対応したらよいのか記載されていますので、その指示に従ってください。

再度、支払い期間など提示している場合が多いので、その期日までに振り込むようにしましょう。

 

②電話で交渉する

支払通知書が届き、期日までに支払金額を用意することができない場合、直接クレジットカード会社に電話し、期日を変えることができないか交渉しましょう。

こちら側が指定した期日までに支払いが可能であるという明確な理由があれば、クレジットカード会社もある程度条件を受け入れてくれます。

 

③迅速に対応する

支払いの遅延に関してはかなりシビアです。

迅速に対応しなければ、裁判などになりかねませんので、迅速に対応するようにしましょう。

 

④リボ払いに変更する

リボルビング払いに変更することによって、一か月の支払い金額をかなり減らせます。

つまり定額支払いになるということです。

あとからリボ」という、カードを利用した後からでもリボ払いに変更することもできるので、比較的切り替えやすいものになっています。

 

⑤分割払いに変更する

支払い期日までに返済不可能と自分で判断した場合、分割支払い変更することができます。滞納せず、支払期日のギリギリでなければ、概ね変更は可能です。

また、お店によっては、決済時に2分割や3分割など、分割での支払いが可能なお店もあります。

 

⑥複数の支払いがあればおまとめローンに変更

おまとめローンというのは多重債務者向けの借り換えローンのことを意味します。

複数の債務、この場合は複数のクレジットカードでの支払いを一本化することができるサービス内容で、金利も低く一か月の支払い負担を軽減することが可能になります。

 

⑦弁護士に相談する

弁護士

これは最終最後の対応になります。多重債務により、どうにもならなくなった時に債務整理という内容で相談してみてください。

button_green01

 

多重債務の場合は「おまとめローン」がオススメ

おまとめ

多重債務の場合は「おまとめローン」を利用することをオススメします。

複数のクレジットカードを利用している場合だと、おまとめローン返済にするメリットが多いからです。

大きなメリットは2つ。

金利が低い
毎月の支払金額を低くすることが可能である

金利が低くなると、総返済金額を下げることが可能になるのです。なおかつ毎月の支払金額も抑えられます。

また、クレジットカードのおまとめ返済に関しては二つの方法があります。一つは「おまとめ専用ローン」といわれるもので、用途がある程度限定されてしまうため、追加借入することはできないという特徴があります。

まさに返済専用のおまとめローンといっても良いかと思います。

用途が「返済」というものに向けられているため、返済までの計画が非常に立てやすいというメリットがあります。

もう一つが「一般銀行カードローン」と呼ばれ、用途が限定されず、追加で借入することもでき、限度額も高いカードローンです。

審査が厳しくなく、今借りている金利よりも低くなる上に、借入の限度も高いので、非常に自由度が高いというメリットがあります。

どちらにしても、おまとめローンをすることによって得られるメリットは大きいです。

オススメのおまとめローンはどこ!?

狙う
オススメのおまとめローンは【中央リテール】です。

おまとめ専用ローンよりも圧倒的に自由度が高いからです。

最大の利点は借り換え金額が300万円以下の場合は収入証明書などの面倒な書類を提出する必要がないことです。

手間も、時間も省け、返済日も10日か月末か選択でき、ゆったりと自分のペースで返済していくことが可能なのです。

そしてさらに低金利ということもメリットです。

返済金額においては200万円で35000円と少し高めではありますが、総返済金額は明らかに低くなっているのでお得です。

また、ATMなどを利用される方は、借り入れ、返済どちらにしても手数料がかかりません。

このようにおまとめローンを検討されている人は、中央リテールおまとめローンをご利用されるのがお得です。
スクリーンショット 2016-05-31 6.49.58
button_green01

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ