【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【社会人向け】恥ずかしくないクレジットカードランキングTOP3!


Sponsored Links

こんにちは、クレジットカード比較情報です!

今回はどこで出しても恥ずかしくない社会人必須のクレジットカードをご紹介します。

ランキング

  1. 三井住友VISAクラシックカード

    三井住友VISAクラシック
    bottan公式サイト

    ここに注目!

    ★新卒社会人発行数人気No.1!
    ★クレカだらけの財布がこの1枚でスッキリに!
    ★周りに一目おかれるステータスカード!
    ★コツコツ貯まる信用度がマイホーム購入時に役立つ!

    デメリット

    ★ETC年会費540円(年1利用で無料)
    ★国内保険付帯がない
    ★ポイント還元率が若干低い
  2. JCB一般カード

    JCBオリジナルシリーズ
    bottan公式サイト

    ここに注目!

    ★一般庶民でも持てる唯一の国内ブランドステータスカード!
    ★国内の観光施設等で割引優待が多い!
    ★アジア圏やハワイで便利!

    デメリット

    ★次年度以降年会費1,350円
    ★ヨーロッパや中東地方を始め、世界的に利用できない事が多い!
  3. アメリカン・エキスプレス・グリーン

    アメリカンエキスプレスgrenn
    bottan公式サイト

    ここに注目!

    ★ステータスは世界共通のNo.1!
    ★海外で使用しても『この人は貴賓がある』と一目おかれる!
    ★補償サービスや緊急時の対応が半端なく良い!

    デメリット

    ★年会費がお高め
    ★審査にはある程度年収とステータスが必要

 

ステータス性のあるカードって年会費が高いよね?

ファーストクラス

どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードを選ぶとなれば、必然的にステータス性が高いクレジットカードが選択肢になってきます。

でも、ステータス性に年会費はつきもの。

例えば、世界的に最高クラスと言われるアメリカンエキスプレスは最低ランクのグリーンカードでも、年会費10,800円となっています。

『どこで出しても恥ずかしくないステータスカードが欲しい!』

『でも、年会費が・・・。一体どれを選べば良いの?』

と悩んでいる方の声が今にも聞こえて来そうです。

でも実は、ステータス性がトップクラスで年会費が最大無料になるクレジットカードがあるのです!

 

社会人なら絶対持っておくべきステータスの象徴 “プロパーカード” !

三井住友プライム

ネットでクレジットカードを検索すると無数の種類が出てきますが、中でも大きく以下の4区分に分類されます。

  • ①消費者金融系
  • ②流通系
  • ③信販系
  • ④銀行系

この中でも、1番ステータス性が高いものが銀行系です。

銀行が直で発行するクレジットカードのことをプロパーカードと呼びますが、この “銀行系プロパーカード” がステータス性では1番鉄板のカードになります。

銀行系プロパーカードを1枚持っておけば、間違いなくどこで出しても恥ずかしくありません。

 

プロパーカードを選ぶ4つのポイント

ポイント

  • ステータス度はどう?
  • 年会費はどう?
  • ステータスアップの難易度は?
  • 貯めたポイントの実用性はある?

 

それでは早速、この4つのポイントを踏まえて当サイト申込件数TOP3の人気プロパーカードをランキング形式でご紹介します。

プロパーカード簡単比較表

総合評価 1位 2位 2位
券名 三井住友VISAクラシック JCB一般カード アメリカン・エキスプレス・グリーン
 券面画像 三井住友VISAクラシック JCBオリジナルシリーズ アメリカンエキスプレスgrenn
ステータス性 ◎◎ ◎◎◎
年会費無料条件 ◎  ×
総合的な機能性 ◎ 
ステータスランクUP難易度
デザイン性
ポイント還元率
ポイント交換先の実用性
海外旅行現地サポート
国内海外旅行割引優待
コンサート等のチケット先行販売&割引優待
海外保険
国内保険 × ◎ 
ショッピング保険 ◎ 
窓口対応
管理画面の見やすさ ◎ 
セキュリティの安全性 ◎ 

基本スペック比較表

三井住友VISAクラシック
三井住友VISAクラシック
JCB一般カード
JCBオリジナルシリーズ
アメリカン・エキスプレス・グリーンアメリカンエキスプレスgrenn
発行会社 三井住友銀行 JCB アメリカン・エキスプレス
国際ブランド VISA JCB アメリカン・エキスプレス
年会費
(初年度)
0円
(当サイト入会限定)
0円
(当サイト入会限定) 
0円
(当サイト入会限定)
年会費
(次年度以降)
1,350円 1,350円 12,960円
年会費
無料条件
マイペースリボ登録+年1回以上の利用 MyJチェック(ネット明細)又は年50万円以上の利用 なし
家族年会費
(一律)
432円 432円 6,480円
締め日 ①毎月15日
②末日
毎月15日
利用者により異なる
引落日 ①翌月10日
②翌月26日
翌月10日 毎月10/21/26日のいづれか
支払方法 1回払い
2回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
1回払い
2回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
1回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
入会資格  満18歳以上 満18歳以上
本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生不可)
原則として20歳以上
日本国内に定住所がある
安定した収入がある
他のクレジットカードローン等の支払いがある場合、延滞のない方。
発行期間  最短3営業日 最短1週間前後 最短1~2週間
電子マネー iD
PiTaPa
WAON
iD(携帯)
Visa payWave
QUICPay 楽天Edy
SMART ICOCA
モバイルSuica
ポイント付与率 0.454% 0.5% 0.5%
ポイント還元率  1,000円=1ポイント  1,000円=1ポイント 1,000=1ポイント
ポイント有効期間  2年 2年 2年
主なポイント交換先 ①マイレージ
②各種電子マネー
③携帯料金
①マイレージ
②電子マネー
③携帯料金
④楽天/Amazon
⑤キャッシュバック
⑥商品券
⑦スタバ
①マイレージ
②ブランド品
③車
④宇宙旅行
提携マイレージ ①ANAマイレージ
②クリスフライヤー
③クラブ・ミッレミリア
①JALマイレージ
②ANAマイレージ
③スカイマイル
①ANAマイレージ
②クリスフライヤー
③クラブ・ミッレミリア
④ダイナスティ・フライヤープログラム
⑤フライング クラブ
⑥スカイマイル
⑦ロイヤルオーキッド+
⑧アジア・マイル
⑨エグゼクティブ・クラブ
⑩SAS EuroBonus
ETC年会費  540円(年1利用で無料) 0円 540(年1利用で無料)
海外付帯保険  死亡/後遺障害:2,000万円
携行品損害:15万円
 死亡/後遺障害:
3,000万円
死亡/後遺障害:5,000万円
入院・通院:100万円
携行品損害:100万円
国内付帯保険 なし 死亡/後遺障害: 3,000万円 死亡/後遺障害: 5,000万円
ショッピング付帯保険 100万円 100万円 500万円

 

僕が三井住友VISAクラシックを1位に選んだ理由

三井住友VISA
button_green01

 

大手財閥系のどこで使っても恥ずかしくないお手頃カード!

アメリカン・エキスプレスやダイナースを始め、世界でトップクラスのステータス性を誇るカードは年会費と審査難易度が高く、中々一般庶民の私たちが手を出せるクラスではありません。

しかし、態々そんな高額料金を支払わなくとも、国内ブランドで唯一のステータスカードがあります。

それが『三井住友VISAカード』なのです!

三井住友VISAカードは、国内普及率No.1を誇っていて知名度No.1だからどこで出しても恥ずかしくありません。

また、クラシックカードを所有していることで、利用実績に応じて『クラシック⇒ゴールド⇒プラチナ』へと年齢に比例してワンランク上のステータスカードに変更していくことが可能なのです。

ゴールドカード

年を重ねるにつれて、結婚や子育てなど急に大きな出費が発生する場面に必ず遭遇します。

そんな時に三井住友VISAクラシックでステータスがあれば、限度額の増枠や住宅ローン審査もスムーズに行えて急な出費に困ることなく安心して家族を守ることが出来るのです!

結婚

将来のことを考えている賢いあなたには絶対的にオススメの1枚です。

これらの点を踏まえた上で、1番総合的に優れた財閥系の三井住友VISAクラシックカードを1位に選びました。

 

僕がJCB一般カードを2位に選んだ理由

三井住友カード
button_green01

国内ブランドで唯一のステータスカード!

JCBは国内唯一のブランドで、アジア圏を中心に加盟店舗数を伸ばし成長してきた歴史があります。

ヨーロッパや中東地方では加盟店が滅多にないため、国内利用者またはアジア圏利用者にオススメの1枚です。

国内とアジアで利用するならどこで出しても恥ずかしくないと言えるでしょう!

 

私がアメリカン・エキスプレス・グリーンを3位に選んだ理由

アメリカン・エキスプレス・グリーン

button_green01

ステータス性もスペックも補償サービスも全てにおいて業界No.1!

ある調査機関が社会人を対象に『ステータスを感じるクレカ』についてアンケートを行った結果、下記内訳の通りAMEXが1位に選ばれています。

ステータスカード

サービス対応、特典と優待、限度額上限の幅広さ、世界的な知名度、すべてのどの角度の視点から見ても世界No.1のスペックを誇るカードでしょう。

しかし、それだけ充実したサービスを受けられる代償として年会費は高額です。

一般庶民には中々手が出しづらく、審査も厳しいと言われています。

そういった面を考えて、もちろん業界No.1ですがアメリカン・エキスプレスは今回3位に選びました。

 

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ