【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【最新】クレジットカード審査が不合格になる人の理由と特徴とは?

女性

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回はクレジットカードの審査で不合格になる人、落ちやすい人の特徴を見ていきたいと思います。

クレジットカードを申し込むと必ず審査がありますが、審査結果は「通ったかどうか」しか教えてもらえません。

どうして落ちたのかが分からないと、「次もダメなのではないか?」と不安になりますよね?

何社も申し込んで落ちてしまうと、若干のトラウマになるだけでなく、その後の審査に余計な悪影響を与えることにもなります。

落ちてしまったら、闇雲に申込み続けるのではなく、一度落ち着いて「どうして落ちたか」を考えてみましょう。

理由が分かれば対策も分かり、次の審査の通過の可能性を高めることだってできそうです。

Sponsored Links

クレジットカードの審査ではあなたのココを見られている!

目力

クレジットカードは、あなたの信用でお買い物ができるシステムです。

現金がなくてもカード会社が代わりに商品代金を立て替えて、後日その分を支払うというシステムなので、どうしても信用できない人にはカードを渡すことはできません。

その「信用」はこんな部分で審査されています。

ちゃんと収入があるか

クレジットカードの審査で「ちゃんと収入があるか」は重要なポイントです。

それを見るポイントとしては、会社の規模や勤務形態、年収などが挙げられます。

また、長く会社に勤めているかどうかで、転職によって収入が左右されないかどうかも見ています。

学生であっても作れるクレジットカードでは、アルバイトをしている収入や親の承諾などが代わりに確認されます。

ちゃんと過去の利用でも支払いをしているか

二枚目からのクレジットカードを作ろうとしている人の場合には、過去の利用状況も審査の対象です。

過去の利用状況は、クレジットカード会社の共有する情報機関からチェックすることができ、カード会社は他のカード会社の利用状況も見ています。

クレジットカードの審査では、その人が過去に行った利用や支払い、金融事故などを見ることで、クレジットカードの今後の利用を適切に行えるかどうかを判断します。

こうした情報は、クレジットカードヒストリーと呼ばれ、その記載は内容によって一定期間保管されます。

クレジットカードの申込をして審査を行うだけでも、ヒストリーに半年は残るとされています。

クレジットカードの審査で落ちやすい人の特徴とは?

悩む3

クレジットカードの審査のポイントは、大きく分けると「現在の状況」と「過去の履歴」です。

どちらにも問題がある人や“どちらかに”問題がある人は、審査で不合格になる確率が高くなります。

年収が安定していない・カードのステイタスに合わない

クレジットカードの中には、年収の安定を重視しているものが多くあります。

年収が低くても安定していれば審査は合格しやすいのですが、安定していない個人事業主、フリーターなどは不合格となるリスクが高いものです。

また、自分の年収に合わないような高いステイタスのカードを申し込むことも審査落ちの原因となります。

例えば、新入社員がいきなりセレブが持つようなクレジットカードを持つことはできない、ということです。

金融事故を起こしたことがある

債務整理や延滞の履歴は、クレジットカード会社が最も注意すべき点となります。

過去の履歴にこうしたものがある人を「ブラックリスト」などと呼んでいます。

履歴は一定の期間が経てば消えますが、そうなるとその人の利用履歴全てがない状態となり、それもカード会社に不審感を与えることがあります。

一般的には、債務整理の情報は返済・解決から5年間残ると言われています。

しかし、債務整理を行った会社自体の情報にはほぼ永久的に保存されていることも多く、一度事故を起こしたカード会社で再度申込をしても審査は通りにくくなっています。

複数のカードに連続で申込をしている

カードの審査を行うと半年はその記録が残るため、複数のカードに申込をしたこともバレています。

複数のカードに申込をするということは、お金に困っているという印象を与えてしまい、審査不合格のリスクを高めます。

当然、不合格のケースも増えて、余計にカード会社の不信感も高くなってしまうことになるでしょう。

審査不合格になる理由を改善してみよう!

point 女性

審査不合格になってしまったら、その理由を考えて、改善できる点は改善してから申込を行いましょう。

自分が申し込めるステイタスを見極めて、身の丈に合ったクレジットカードを選ぶことは最重要課題です。

また、金融事故の過去がある人は、その履歴が消えるまで待って、審査に通りやすいクレジットカードに申し込むことが大切です。

安定して使い続けて実績を積めば、それが次のカードを作る際の信用となります。

今はステイタスの高くないクレジットカードであっても、実績によってより高いステイタスやより便利なクレジットカードを作れるタイミングが来るでしょう。

不合格になりやすい人におすすめのクレジットカード

credit card1

何度も不合格になってしまった場合や信用情報に不安がある人は、それでも作りやすいクレジットカードにチャレンジしましょう。

年収などに不安がある人は、比較的作りやすくてポイントも貯められる「楽天カード」がオススメです。

楽天カードを使う7つのメリット・デメリットと口コミ評判とは?

楽天カードは今流行りのネットショッピングにも使い勝手が良く、ポイント還元でお得に使いながら実績を積むことができます。

また、金融事故後初めてのチャレンジとしては、「ACマスターカード」がピッタリです。

アコムACマスターカードの口コミ評判とメリット・デメリットとは?

特典などはありませんが、他のクレジットカードとは違った視点で審査が行われており、過去の履歴よりも現時点の信用を評価してもらえる可能性があります。

自分の使いたいクレジットカードで不合格になってしまう場合には、まずは他のカードから攻める、という方法も試してみましょう。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ