【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


最新!日本国内クレジットカードの発行枚数ランキングTOP5とは?

クレジットカード1

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回は日本国内のクレジットカードの発行枚数に関して、ランキングでまとめてみました。

日本国内のクレジットカード発行枚数に関してのランキング

1位楽天カード
楽天カード

楽天ボタン

メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・還元率が1%と高く、ポイント倍増のボーナスが豊富
・インターネットショッピングやネットで旅行を申し込むときに還元される特典レベルが高い
デメリット
・ETCカード発行の際は有料になる
・楽天系のサービスでのメリットに特典がかなり偏ってる
・利用明細を発行するのに手数料がかかる
2位Orico Card THE POINT
オリコカード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が1%と高めである
・Amazonギフト券にポイント還元することができる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・ポイントのプログラム以外のサービスがほぼないに等しい
・ポイントの有効期限が1年と短めである
・ポイント交換の最低レートは500ポイントに設定されている
3位イオンカード
イオンカード

公式ページはこちら

メリット
・オートチャージによりときめきポイントWAONポイントのダブル取りができる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・イオンの店舗にてボーナスWAON対象商品を購入すると商品によっては5%~10%のポイントが付く
デメリット
・還元率が低いこと
・近くにイオンの店舗がない場所の人達にとっては効力が半減してしまう
・旅行保険が付帯していない
4位:三井住友VISAカード
三井住友VISAクラシック

公式ページはこちら

メリット
・一般カードでもステータス性がある
・ポイントの還元先が豊富である
・最大手のVISAカードの発行会社による安心感と安定感がある
デメリット
・0.5%の還元率で、高くはない
・国内旅行傷害保険が付帯していない
・審査が比較的厳しい
5位:JCB一般カード
JCBオリジナルシリーズ

jcb bttan

メリット
・国内の加盟店数が多いため、日本中で利用できる
・年会費を軽減でき、利用条件によっては無料にできる
・MyJチェック(WEB明細)に登録するだけで傷害保険が付帯
デメリット
・海外でのブランド力はVISAに比べると弱い
・2年目以降年会費有料
・ヨーロッパや中東地方などの外国は圧倒的に加盟店が少ない

Sponsored Links

日本国内で発行枚数が多いクレジットカードについての悩みとは?

審査1

今現在、日本国内で発行されているクレジットカードの中で一番多く発行されているもの、すなわち人気が高いクレジットカードはどのカードなのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

また、自分がもし利用するならこの発行枚数の多いカードの中からどの基準でカードを選べばいいのかわからないという方や、発行枚数の多いクレジットカードの中で一番利便性に富んだカードを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

確かに発行枚数が多いからといって、自分にとって使いやすいかどうかは全く別の話になります。

したがって、今回は発行枚数が多いクレジットカードの中からどういった基準でクレジットカードを選べばいいのかをご紹介致します。

発行枚数が多いクレジットカードの中から最適な一枚を選ぶときの基準とは?

発行枚数が多いクレジットカードの中から最適な一枚を選ぶ基準とは一体どんなものなのでしょうか?そのポイントを下記にまとめておりますので、ご覧ください。

ポイント①:サービスや特典が自分のライフスタイルに合っているかどうか

ポイント②:年会費が負担にならないかどうか

ポイント③:還元率が高いかどうか

ポイント④:決済ブランドを選べるかどうか

簡単比較表

評価 1位 2位 3位 4位 5位
券名  楽天カード  Orico Card THE POINT イオンカード  三井住友VISA JCB一般
券面 楽天カード オリコカード aion 三井住友VISAクラシック JCBオリジナルシリーズ
年会費
ポイント還元率
人気度 
 発行枚数
 利便性
 サービス
 特典
 ポイントプログラム

基本スペック比較表 JCB一般カード

評価 1位 2位 3位  4位 5位
券名 楽天カード  Orico Card THE POINT   イオンカード  三井住友VISAカード JCB一般カード
券面 楽天カード オリコカード aion 三井住友VISAクラシック JCBオリジナルシリーズ
年会費  0円  0円  0円  1,350円(初年度のみ年会費無料)  1,350円
ポイント付与  1000円=10P  1,000円=1P 1,000円=5P 1,000円=1P  1000円=1P
ポイント還元  1.0%  1.0%  0.4%  0.454% 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 2,000万円 なし なし  2,000万円 3,000万円
治療費用(傷害・疾病)
200万円  なし なし 100万円 100万円
損害賠償
2,000万円 なし なし  2,500万円 2,000万円
携行品損害
20万円 なし なし 15万円 100万円
救援者費用
200万円 なし なし  150万円 100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
なし なし なし  なし 3,000万円
入院・通院
なし  なし なし  なし なし
マイル移行  ANA  ANA JAL  JAL  ANA   ANA JAL
ショッピング保険  なし  なし  50万円  100万円 100万円
 ブランド  VISA MasterCard JCB  VISA MasterCard JCB  VISA MasterCard JCB  VISA MasterCard  JCB
ETCカード   540円  0円  0円  540円  0円

発行枚数のランキングに上位になっているものの、共通点としては、決済ブランドをVISA、MasterCard、JCBから選択できるということ、そして年会費が無料であること、ポイントボーナスのレベルが高いことが挙げられます。

堂々の1位になった楽天カードはこの条件以外にも、審査が通りやすかったり、ネットショッピングなどでも特典を得られやすいというメリットがあります。

どのカードよりも圧倒的な発行枚数を誇っているのには、こういったメリットがたくさん詰まっているからだと言えます。バランスよく、色々な面で活用できる楽天カードの需要が多くなるのには納得ができます。

そのほかのクレジットカードにおいても、発行枚数が伸びる要因はあります。オリコカードイオンカードといったポイントを貯めるのに最適なボーナスやキャンペーンが多く打ち出されるのが人気の要因です。

また、三井住友VISAカードJCB一般カードに関しては銀行系のクレジットカードということで、安心感とステータス性に富んでいます。

どこで使っても恥ずかしくないクレジットカードを持ちたいという人はこれらのカードを選ぶのです。

▶︎【2016】社会人おすすめの人気クレジットカード比較ランキング!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ