【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【社会人必見】おすすめの銀行系クレジットカード比較ランキング!

銀行系

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回は社会人にオススメの銀行系クレジットカードについてランキング形式でご紹介致します。

社会人にオススメの銀行系クレジットカードランキング

1位三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAカードクラシックA

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性もあり、ポイントの還元先が豊富である
・最大手のVISAカードの発行会社による安心感と安定感がある
・旅行傷害保険が、海外、国内ともに補償されるため安心して旅行できる
デメリット
・基本還元率が0.5%と高くはない
・リボ払いにすると翌年度年会費が無料だが、リボ払いにしないと年会費が1620円(税込)かかる
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
2位MUFGカード ゴールド
mufg card

公式ページはこちら

メリット
・ゴールドカードのステータス性を兼ね備えているにもかかわらず、年会費が安い
・決済ブランドをVISA、MasterCard、JCBから選択できる
・主要空港に限定はされるが、空港ラウンジを無料利用することが可能である
デメリット
・基本還元率が0.5%と高くはない
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
・利用限度額が他のゴールドカードに比べると高くはない
3位JCB一般カード
JCBオリジナルシリーズ

公式ページはこちら

メリット
・海外旅行中でも日本語でサポートを受けられる
・東京ディズニーリゾートに関する特典が豊富
・日本の中では利用できる店舗が多い
デメリット
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
・基本還元率が0.5%と高くはない
・海外の加盟店数が少ない

Sponsored Links

 社会人にオススメの銀行系のクレジットカードはどれがいいの?

「社会人になりステータス性もあって、持っていても恥ずかしくない銀行系クレジットカードはどのようなものがあるのか知りたい」という方もいらっしゃるかと思います。

また、「自分に合う銀行系クレジットカードはどのようなカードなのかわからない」、「自分にとって有効な銀行系のクレジットカードをどうやって選べばいいのかわからない」というお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

たしかしに、銀行系のクレジットカードとひとくくりに言ったとしても、数多く種類がありますので、どれを選べばいいのか迷ってしまうかと思います。

そこで、今回は自分にとって最適な銀行系クレジットカードをしっかりと選べるように、選び方のポイントをご紹介致します。

銀行系クレジットカードの選び方のポイント

銀行系クレジットカードを選ぶときは、下記のポイントに注目して選んでみてください。

ポイント①:スペックが高いかどうか

ポイント②:ステータス性があるかどうか

 

評価 1位 2位 3位
券名  三井住友VISAクラシックカードA MUFGカード ゴールド  JCB一般カード
券面 三井住友VISAカードクラシックA MUFGカードゴールド JCBオリジナルシリーズ
年会費  〇
ポイント還元率  〇
利便性 
 特典
 サービス
人気度 
 海外ブランド力
 国内ブランド力

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名 三井住友VISAクラシックカードA  MUFGカード ゴールド JCB一般カード 
券面 三井住友VISAカードクラシックA MUFGカードゴールド JCBオリジナルシリーズ
年会費  初年度は無料、2年目から1,620円(税込) 初年度は無料、2年目から2,057円 (税込)  初年度は無料、2年目から1,350円(税込)
ポイント付与  1000円=1ポイント  1,000円=1P 1000円=1P
ポイント還元  0.5% 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
2,000万円 2,000万円 3,000万円
治療費用(傷害・疾病)
100万円 200万円  100万円
損害賠償
2,500万円  2,000万円  2,000万円
携行品損害
 20万円 100万円  20万円
救援者費用
150万円  200万円  100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
2,000万円  2,000万円 3,000万円
入院・通院
 なし 3,000円 なし
マイル移行 ANA JAL JAL  ANA
ショッピング保険  100万円  100万円  100万円
ブランド   VISA MasterCard  VISA MasterCard JCB  JCB
ETCカード あり  あり  あり

この3枚のクレジットカードの魅力とは?

1位三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAカードクラシックA

三井住友VISAクラシックカードAは三井住友をメインバンクにして展開しています。ステータス性、スペック面、サービス面など、すべてにおいてハイクオリティになります。

なかでも電話サービスに関してはかなり丁寧に対応してくれるという口コミが多数上がっており、サービス面においてもかなり高い評価を得ています。

また、決済ブランドにおいても世界NO.1のシェア数を誇るVISAがメインで、世界各地で利用可能になります。年会費もそこまで負担になる金額でもないので、社会人には一番オススメのクレジットカードになります。

三井住友VISA

公式ページはこちら

 

2位MUFGカード ゴールド

mufg card

MUFGカード ゴールド年会費が安く、手軽にもてるゴールドカードとして人気のクレジットカードになります。MUFGという名前の通り、東京三菱UFJ銀行をメインバンクとして展開しています。

ゴールドカードのスペックも兼ね備えているため、羽田空港や成田空港など主要な空港に限られますが、空港ラウンジも利用することが可能です。

しかし、他のゴールドカードに比べるやはりスペック面で落ちてしまうため、利便性や扱いやすさという面でいうと三井住友VISAクラシックカードAの方がオススメになります。

mufgゴールド

公式ページはこちら

 

3位JCB一般カード 

JCBオリジナルシリーズ

日本代表のクレジットカードと言われるJCB一般カード

このカードも人気があり、東京ディズニーリゾートをよく利用する方にとっては最高に特典のあるクレジットカードになります。

日本国内では敵なしの加盟店数と信頼性を兼ね備え、スペック面でも不安な要素はとくにありません。しかし、海外加盟店数がVISAやMasterCardに比べるとおとるため、上記二枚のようにVISAやMasterCardを選べるクレジットカードには少し引きを取ります。

したがって、オススメ度でいうと第三位という位置づけになります。

JCbオリジナル

jcb bttan

 

人気の銀行系クレジットカードランキングTOP3

1位三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAカードクラシックA

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性もあり、ポイントの還元先が豊富である
・最大手のVISAカードの発行会社による安心感と安定感がある
・旅行傷害保険が、海外、国内ともに補償されるため安心して旅行できる
デメリット
・基本還元率が0.5%と高くはない
・リボ払いにすると翌年度年会費が無料だが、リボ払いにしないと年会費が1620円(税込)かかる
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
2位MUFGカード ゴールド
mufg card

公式ページはこちら

メリット
・ゴールドカードのステータス性を兼ね備えているにもかかわらず、年会費が安い
・決済ブランドをVISA、MasterCard、JCBから選択できる
・主要空港に限定はされるが、空港ラウンジを無料利用することが可能である
デメリット
・基本還元率が0.5%と高くはない
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
・利用限度額が他のゴールドカードに比べると高くはない
3位JCB一般カード
JCBオリジナルシリーズ

公式ページはこちら

メリット
・海外旅行中でも日本語でサポートを受けられる
・東京ディズニーリゾートに関する特典が豊富
・日本の中では利用できる店舗が多い
デメリット
・審査が流通系のカードや消費者金融系のカードより厳しい
・基本還元率が0.5%と高くはない
・海外の加盟店数が少ない

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎【新卒社会人必見】初めて持つ銀行口座とクレジットカードの指南書!
▶︎【2016年】クレジットカード審査難易度比較ランキングTOP5!
▶︎最新!日本国内クレジットカードの発行枚数ランキングTOP5とは?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ