【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


JALマイルが貯まるおすすめクレジットカード比較ランキング!

jal card

Sponsored Links

飛行機を良く利用するからJALカードでお得にポイントを貯めたい!

でも、種類があり過ぎて一体どのカードを選べば1番得するのか分からない・・・。

そこで今日はJALマイルが最も貯まる業界TOP3のカードをランキング形式でご紹介します。

1位JAL CLUB-Aカード
jalカード

公式ページはこちら

メリット
・入会して航空機利用するだけで8500マイルプレゼント
・毎年搭乗2000マイル、フライトマイルは毎回25%増
・付帯サービスが充実
デメリット
・年会費は税込み10800円
・ゴールドカード並みの審査基準
・ショッピングマイルプレミアムの年会費が有料
2位JALカード普通
JALカード

公式ページはこちら

メリット
・毎年搭乗1000マイル、フライトマイルは毎回10%増
・入会対象者の幅が広い
・年会費初年度無料
デメリット
・マイルが貯まるペースが遅い
・10マイルコースは年会費がかかる
・空港ラウンジサービスがない
3位JALダイナースカード
JALダイナース公式ページはこちら
メリット
・入会して航空機利用するだけで8500マイルプレゼント
・毎年搭乗2000マイル、フライト○は毎回25%増
・ダイナースクラブが提供する極上のサービス
デメリット
・審査基準が高く誰もが入会できない
・高額な年会費(30240円)
・マイルが貯まるサービスは年会費の座ほど変わらないプラチナカード並み

Sponsored Links

JALマイルを貯めるのはショッピングだけで貯める方法もありますが、よほどカードショッピングの利用金額が多くなければ時間がかかりすぎて効率が悪くなります。

やはりJALマイルを貯めるにはJAL航空の利用回数が多くなければいけません。

その場合JALカードを作ることが必須となります。入会するだけで100マイル以上のプレゼント、毎年初搭乗マイルが加算、搭乗のたびに10%以上の割り増しマイルがもらえます。これらのマイルとショッピングマイルを組み合わせれば無料搭乗券すぐに手に入るでしょう。

しかし、JALマイルは種類が豊富で選ぶのに迷ってしまうという人が多いのも事実です。

ここではJALマイルがより貯まりやすいカード選びが簡単にできるようランク付けしています。

JALカード選びのポイント

JALカードを選ぶときはJAL航空の利用頻度、カードショッピングの利用金額、さらにはそのカードをに入会できるだけの使用が自分にあるのかを合わせて考える必要があります。JALカードではカードによって年会費が極端に違います。

当然年会費が高いほどサービスが充実していてマイルも貯まりやすくなります。

しかし年会費の高さは審査基準の高さに比例します。まずは自分の支払い能力に合ったJALカードを選ぶために、年会費を参考にしましょう。そうして絞り込んだカードを比較して年会費にそれほど差がなければ、サービスが充実しているカードを選択するといいでしょう。

JALカードは発行会社も数多くあります。つまりクレジットカード会社によってブランドが違うので、なる爆今自分が持っていないブランドを選ぶといいでしょう。海外旅行先ではブランドによって使える加盟店が違うので、ブランドは数多く持っているほうが便利です。

 

簡単比較表

1位  2位  3位
券面 jalカード JALカード JALダイナース
ボーナスマイル
ショッピングマイル
搭乗マイル割り増し
入会しやすさ ×
年会費 ×
 海外旅行向けサービス
 海外ブランド力

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名 JAL CLUB-Aカード JALカード普通 JALダイナースカード
券面 jalカード JALカード JALダイナース
 年会費  税込み10800円  初年度無料(次年度税別30240円)  永年無料
 ショッピングマイル  200円1マイル
100円1マイルにするには年会費3240円
 200円1マイル
100円1マイルにするには年会費3240円
100円1マイル
 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 5000万円  30万円~1000万円 1億円(自動付帯5000万円)
治療費用(傷害・疾病)
 150万円  -  最高300万円
損害賠償
 2000万円  -  1億円
携行品損害
50万円 50万円(1年100万円)
救援者費用
 100万円  -  400万円
 国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
5000万円 1000万円 1億円(自動付帯5000万円)
入院・通院
 入院日額:10000円
通院日額:2000円
手術費用:最大入院日額×40
 入院日額:10000円
通院日額:3000円
手術費用:最大入院日額×40
ボーナスマイル 入会マイル:2000マイル
搭乗ボーナス(通常):5000マイル
フライトマイル割増:25%
入会マイル:500マイル
搭乗ボーナス(通常):1000マイル
フライトマイル割増:10%
入会マイル:3000マイル
搭乗ボーナス(通常):5000マイル
フライトマイル割増:25%
 ショッピング保険  海外100万円  海外100万円  国内外500万円

 

1位JAL CLUB-Aカードを1位に選んだ理由

jalカード

JAL CLUB-Aカードは年会費が10800円で一般カードであればゴールドカードですが、JALカードではさらに上位にJAL CLUB-Aゴールドカードがあります。

ゴールドカードになるとさらに年会費は17280円になります。JAL CLUB-Aカードを1位にした理由は年会費とサービスを比較して最も効率よくマイルを貯めることができるからです。

入会搭乗ボーナス5000マイル、毎年初回搭乗ボーナス2000マイル、搭乗ごとのボーナス25%増に関してはJAL CLUB-Aカードとゴールドカードではまったく同じサービス内容です。

では通常200円で1マイルが付与されるところ100円で1マイルとなり、特約店でも2倍のマイルが付与されます。このサービスに入会するには年会費3240円が必要ですが、ゴールドカードは無料となります。

JAL CLUB-Aカードの年会費に3240円プラスすると14040円ですがゴールドカード年会費17800円よりもお得です。ショッピングでマイルを貯めるという人はゴールドカードよりも安い年会費でJALカードショッピングプレミアムを利用できるのでお得です。

JALカードの中ではJAL CLUB-Aカードがマイルを貯めるには最もコストパフォーマンスが高いクレジットカードです。

 

2位JALカード普通を2位に選んだ理由

JALカード

JALカード普通は入会しやすさで2位に選びましたが、他のカードと比べるとサービスも少なく、ボーナスマイルも少なくあまりメリットがないと感じる人も多いでしょう。

しかし、どんなにサービスが豊富なクレジットカードでも入会できないと全く意味がありません。

その点JALカード普通は入会しやすく、年会費負担も少ないのでこれからJALマイルを貯めてみたいという人にとっては手軽に利用できてマイルも貯まるクレジットカードとしておすすめです。

さらにJALカード普通を利用し続けてクレジットカードの実績を積み重ねていけば、さらに上位のクレジットカードにグレードアップしやすくなります。

JALカード普通はJALカードの登竜門として考えて2位に選びました。

 

3位JALダイナースカードを3位に選んだ理由

JALダイナース

JALダイナースカードはこの三枚の中では最もマイルが貯まりやすいクレジットカードでサービスも最も充実しているクレジットカードです。

しかし、年会費は30240円と高くJALカードの中ではプラチナカードに次ぐグレードとなっているため、だれにでも持てるカードではないという点で3位にしました。

しかし、入会できるレベルの人であればJALダイナースカードは最高の一枚になるでしょう。ボーナスマイルも豊富で、ショッピングマイルも貯まりやすくなっていますが、JALダイナースカードのメリットは海外旅行向けのサービスの質が高いところです。

空港ラウンジサービスは国内だけではなく海外550か所でも空港ラウンジが無料で利用できます。海外旅行傷害保険の補償も自動付帯だけで最大5000万円で、カード利用すれば最大1億円の補償となります。

こうしたサービス以外でもJALダイナースカードには大きなメリットがあります。それはステータスです。ダイナースクラブカードは一般カードでもゴールドカード以上の年会費とサービスが提供されていますが、入会基準が厳しくステータスを求める人のあこがれです。

JALダイナースカードはプロパーのダイナースクラブカードに比べれば比較的入会しやすいので、ダイナースクラブのブランドにあこがれる方にはおすすめです。

 

JALマイルカード人気ランキングTOP3

JAL CLUB-Aカード
jalカード

公式ページはこちら

メリット
・入会して航空機利用するだけで8500マイルプレゼント
・毎年搭乗2000マイル、フライトマイルは毎回25%増
・付帯サービスが充実
デメリット
・年会費は税込み10800円
・ゴールドカード並みの審査基準
・ショッピングマイルプレミアムの年会費が有料
2位JALカード普通
JALカード

公式ページはこちら

メリット
・毎年搭乗1000マイル、フライトマイルは毎回10%増
・入会対象者の幅が広い
・年会費初年度無料
デメリット
・マイルが貯まるペースが遅い
・10マイルコースは年会費がかかる
・空港ラウンジサービスがない
3位JALダイナースカード
JALダイナース公式ページはこちら
メリット
・入会して航空機利用するだけで8500マイルプレゼント
・毎年搭乗2000マイル、フライト○は毎回25%増
・ダイナースクラブが提供する極上のサービス
デメリット
・審査基準が高く誰もが入会できない
・高額な年会費(30240円)
・マイルが貯まるサービスは年会費の座ほど変わらないプラチナカード並み
Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ