【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


JCBクレジットカードが使えないって本当?メリット・デメリット!

jcb creditcard

Sponsored Links

こんにちは、ライターの小林です!

今回は『JCBクレジットカードは本当に使えないのか』について、真相をご紹介します。

国際的な決済ブランドであるJCBが、実はあまり使えないクレジットカードだと、巷でささやかれています。

今回はJCBのクレジットカードが使えないと言われている理由やJCBカードのメリット、デメリットについてご紹介致します。

Sponsored Links

JCBクレジットカードは本当に使えないカード!?

JCBのクレジットカードが使えないとささやかれているのは今に始まったことではありません。

世界の5大クレジットカード決済ブランドに名を連ねているにも関わらず、なぜ「使えない」と言われるのでしょうか。

それはJCBカードの特徴に関係してきます。

細かい理由については、のち程ご説明いたしますが、色々なサービスを用意JCBは一見、どんなことにも対応できてるように思いますが、実はどのサービスも突出して他よりも優っているというものがないのです。

言ってしまえば、「サービスがすべて中途半端」だということです。

よって、使い勝手がいいとは言えないカード、すなわち、あまり使えないカードとしてのレッテルを貼られてしまう結果になったのです。

 

JCBクレジットカードが使えないと言われる理由、真相は!?

検証

JCBカードが使えないと言われる理由を詳しくご説明させていただくと、以下の2点が主な原因と言えます。

1、還元率が低いこと
2、海外で利用できるところが少ないこと

1、還元率が低いこと

ポイント還元率に関しては0.5%とさほど高くありません。ポイント倍増に関するサービスが多いのがJCBカードの特徴ではありますが、もともとのポイント還元率が高くないので、さほどおトク感がでないのです。

また、キャッシュバックの還元率は0.45%と低いのが現状です。そうしたこともあって、JCBカードを持っていても、自分にとってはあまりメリットがないと感じてしまう人が多いようです。

2、海外で利用できるところが少ないこと

実は多くの人はこの海外での使い勝手の悪さに不満を持っているようです。

加盟店の「海外普及率」「国内普及率」をみると、それが明らかです。

JCBの加盟店数は年々右肩上がりで多くなっていて、現在では日本も含め世界各国、2900万店ほどの店で利用できるようになりました。JCBは国内の加盟店数は900万店ほどです。

これは圧倒的な数字で、国内普及率で言えば右に出る者はいません

下記のデータを観て頂けるとわかりやすいかと思います。

グラフ
引用元:JCBの加盟店のグラフ

国内普及率では圧倒的な数字を出しているにも関わらず、海外普及率が一見高いように見えますが、VISAやMasterCardに比べるとやはりシェア数が低くなります。

なので、本当に使えないカードなのではなく、日本国内ではとても使い勝手がいいカードですが、海外ではあまり使い勝手が良くないカードということになります。

日本国内で買い物や旅行をされる分にはJCBカードはむしろ、最強と言っても過言ではありません。

 

JCBカードの基本スペック、メリット・デメリット

JCBオリジナルシリーズ

ではJCBカードとはどんなカードなのでしょうか。JCBカードの基本的なスペックを下記の表にまとめていますので、ご覧ください。

 JCBカード
 初年度年会費 無料
 翌年度年会費 1250円 (税込み)
 海外旅行損害保険 最高3000万円
 ポイント特典

セブンイレブンスターバックスでOki Dokiポイントが貯まる

・ 優待店利用で2倍Oki Dokiポイント

 特徴 ・ 最高100万円分のショッピング保険付き

翌年度年会費は条件次第では、無料になることもあるようですが、基本的には有料になります。

次に、メリットやデメリットについてもまとめてみました。

メリット

なんといっても、日本の中ではクレジットカードが使える店ではほぼどこでも使えるということが最大のメリットになります。

日本発のクレジットカードなので、サポートにおいてもとても細やかで、迅速に対応してくれます。海外だったとしても日本語でサポートしてくれるサービスもあります。

ポイントの利用先がたくさんあるので、クレジットカードを利用したことよって貯まったポイントを使ってお買い物をするとお得になるというメリットもあります。

デメリット

デメリットは海外では利用できる店舗が少ないということです。

国際ブランドでありながらもVISAやMasterCardに比べると、加盟店が圧倒的に少ないのです。

上記のメリットやデメリットをみても、海外旅行や海外出張を多くする人にとってはサブカードとしての扱うことをオススメします。

ただしに日本国内では最強と言ってもいいほどのクレジットカードなので、日本でクレジットカードで決済を多くする人は、JCBカードを持つと良いでしょう。

ポイントが貯まる上に、ポイントの利用できる範囲が広いので、国内であればJCBカードを使ってポイントを貯め、生活費の一部にすると、お得になるケースが多いですのでポイントを使って節約をしたいと考えている方にもおすすめできるカードになります。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ