【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


JCBカードの支払いができない!遅れや延滞した場合の対処方法とは?

JCB

Sponsored Links

JCBカードの支払いができずに、支払い遅れや延滞をしてしまった場合、どのように対処したら良いのでしょうか?今回はJCBカードの支払い遅れや延滞に関する対処法をご紹介致します。

Sponsored Links

支払い遅れや延滞の場合、信用情報はどうなるの?今後の流れはどうなるの?

逃げる

遅延の場合

支払い遅れの状況のことを遅延と言います。この遅延の場合は信用情報はどうなるのでしょうか。

結論から申しますと、遅延では信用情報はよほどのことがない限り悪くなりません。

そもそも遅延というのは、支払い日に引き落としがかからなかったが、すぐに対応した場合に使われる言葉になります。

支払い日に引き落としがかからなかった場合、JCBカードの会社から督促のハガキが届きます。それに応じなければ電話がかかってきます。

そして、JCBカード側から新たな支払い期日を指定されますので、その日までに支払いを完了させなければなりません。この指定された期日までに入金をすれば、連続して遅延などをしていない限り、信用情報に傷はつかないでしょう。

延滞の場合

支払い延滞の場合は先ほどの遅延とは話が変わってきます。支払い延滞というのは、督促のハガキ(支払通知書)にも応じず、電話などの対応にて、期日を新たに設けられても支払わなかった場合に使われる言葉になります。

したがって、延滞の場合の方が信用情報に傷がつきやすくなります。カードの利用停止も実行されます。基本的には支払い日から61日以上が経っていても入金されていない場合は、信用情報に延滞者としてデータ入力されると思っておいてください。

延滞者の場合は審査が悪くなりますので、更新のときや新たなクレジットカードを作るときに不利に働く可能性があります。

商品を手にしておきながら代金を払っていないという、いわば詐欺のような状態になっているのですから、当然と言えます。

JCBカードは非常に使い勝手がいいカードではありますが、使い過ぎ、ならびに支払い延滞には気を付けなければなりません。

すべてを無視した場合の結末は?

自殺

こういった督促のハガキ(支払通知書)や電話などによる支払いの促しを無視し続けると、当然ですがカードの利用停止から、強制解約に切り替わります。

強制解約になれば、信用情報は悪くなるというレベルではなく、ブラックリストに載ると考えてください。つまり、向こう約5年間、一切社会的信用がない状態になるということです。

ローンを組むこともできなければ、月賦や割賦などのシステムで商業的な取引を行うこともできなくなります。携帯電話の購入の時でさえ、分割支払いを断られるケースが出てきます。

クレジットカードを新たに発行しようと思えば、当然審査が入ります。JCBカードのときの延滞が信用情報には記載されているので、審査が通りません。それどころか、逆に信用情報を悪くしかねませんので注意が必要です。

最悪な事態を避けるための最善の手続き手順とは?

審査

最悪の事態を避けるために何か最善な対策はないのでしょうか。JCBカードの場合は二つほど対応策があります。それは「リボルビング払い」と「ショッピング後の分割払い」です。

JCBカードには引落しがかかる日よりも前であれば、請求金額をリボ払いにしたり、分割払いに変更できるサービスを行っています。

インターネットでホームページの中から自分のIDにログインして頂ければ、簡単に登録を変更することができます。やり方がわからない場合は電話をしオペレーターと会話しながら手続きを行ってください。

そうすることで、支払い延滞にも支払い遅れにもならずに、返済していくことが可能になるので、信用情報を傷つけることもありません

多重債務の対応策とは?

案内・女性

JCBカード以外のクレジットカードでも延滞、もしくは遅延などを行っており、多重に借金を背負っているという方もいらっしゃるかと思います。

そういう状態の方にオススメなのが「おまとめローン」です。おまとめローンというのは、多重にある債務をまとめて、一つの返済口に一元化するサービスのことを言います。

そうすることで、複数にまたがっていた金利分をまとめることができるので、金利で支払う総額が減ります。そして、月額の返済額も下げることが可能になるので、月々の負担を軽くすることができます。

おまとめローンをすることさえも厳しいという方は、借金問題に精通している弁護士にご相談されることをオススメします。

弁護士に相談されると、債務整理をしてくれます。債務整理とは借金の額を減らすための方法を教えてくれ、重い金利負担から解放してくれれるための手続きのことを言います。

主に債務整理には四種類あり、過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生があります。このどのパターンが最適かをアドバイスしてくれ、借金問題の解決に向けてサポートしてくれます。

しかし、これはあくまで最終手段の借金問題の対策です。まずはおまとめローン返済プランが立てられないかを先に考えることが賢明です。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ