【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


海外赴任時、クレジットカードや銀行口座の住所を変更する必要とは?

海外赴任

Sponsored Links

こんにちは、クレカ比較情報ライターのNAOです!

先日、海外赴任する際のクレジットカードの住所変更と持って行きたいクレジットカードについての記事を公開しましたが、今回は住所変更の部分にフォーカスして、より深く掘り下げていこうと思います!

⇒ 海外渡航で持っておくべき人気クレジットカードTOP3とは

務めている企業によっては海外赴任もありますよね。

旅行ならまだしも、現地で生活するとなると、生活に必要なあらゆるものが必要になってきます。

そして、それを支払うための現地の通貨も。

でも、そんなにキャッシュは持ち歩けないし…という時の強い味方がクレジットカード。

事実、海外赴任する方の大半がクレジットカードを持って行きます。

海外で長く赴任生活を送ることになる場合、カード会社やその周辺に登録している住所は、どう扱えばいいんでしょうか?

Sponsored Links

海外赴任すると日本で契約したクレジットカード・銀行口座はどうなる?

デメリット

海外赴任すると、クレジットカードはどうなる?

クレジットカード

クレジットカードそのものは海外でも有効です!

海外旅行先でカードが使えるので、当たり前ですよね。

ただし、生活の拠点が海外に移るとなると、困ることも出てきます。

カード会社からは郵便物が届く

毎月の明細や、カードの期限が満了したときには更新カードが届くなど、カード会社からは重要な郵便物が届きます。

ただし、カード会社に海外の住所を登録して、郵便物を海外まで送ってもらうことは原則できません。

そのため、日本国内の親族の住所を利用して代理で郵便物を受け取ってもらったり、郵便局の転送サービスを利用して、古い住所から海外に転送をかけてもらったりする必要があります。

クレジットカードは引き落とし口座とセット

クレジットカードは引き落とし口座とセットで考えなくてはいけません。

クレジットカードは海外でも広く使うことができますが、引き落とし日に引き落とし口座に十分なお金があることが絶対条件です。

海外から国内の口座に送金すること自体は可能ですが、銀行によって取り扱っている通貨が異なります。

必ず事前に引き落とし先に指定している銀行で、赴任先の国の通貨を取り扱っているか確認しておきましょう。

もし取り扱いのない通貨だった場合、引き落とし口座を通貨の扱いがある他の銀行口座に変更しなくてはいけません。

海外赴任すると、銀行口座はどうなる?

口座

銀行口座は、日本に居住する人に対して与えられるというのが原則です。

そのため、銀行口座の住所変更を行って、赴任先の海外の住所を登録すると言うことはできません。

対応策としては、親族など、連絡がつく代理人の住所に変更しておくという方法があります。

こうしておけば、銀行からの郵便物は受け取れますし、何かあったときには連絡もつくため口座を維持することができます。

実際には銀行側もこうした事情は承知していて、海外赴任になったからといって口座を閉じるよう迫られるようなことはありませんので、安心してくださいね。

 

銀行口座とクレジットカードの登録住所を変更しておこう

ポイント

さて、ここまでの話をまとめると、クレジットカードと銀行口座の登録住所は日本国内の住所で登録しておく必要がある、ということです。

そのための最も簡単な方法は、親族の住所を登録する方法です。

届かないことで最も困る郵便物は更新された新しいクレジットカードです。

困ったことになる前に、事前に住所変更手続きを済ませておきましょう。

クレジットカードに登録している住所を変更する方法

クレジットカードの住所変更はインターネット経由で行えることがほとんどです。

クレジットカードの公式サイトにアクセスしてみましょう。

変更手続きには会員ページへのログインが必要になるので、IDやパスワードを事前に準備しておくといいですよ。

銀行に登録している住所を変更する方法

銀行口座の住所変更を行うには、いくつかの方法があります。

★インターネット経由で手続き

インターネットで変更手続きをするなら、ログイン情報が必要になります。事前に準備しておきましょう。

インターネットからの手続きは時間帯に関係なく行える点がメリットですよね。

★郵便で手続き

郵便での住所変更も受け付けています。

銀行のサイトから郵送の手順を確認してください。

銀行に届けている印鑑での捺印が必要です。

窓口で直接手続き

銀行窓口で手続きを行うことももちろん可能です。

通帳と届出印を持参して行きましょう。代理人が手続きすることはできません。

 

海外の赴任先に着いたら

海外赴任

ひとまずこれだけの手続きをしておけば口座は維持できますし、現地でクレジットカードを使って生活していける地盤が整います。お疲れ様でした!

とはいえ、現地の通貨を日本円にするにも手数料がかかりますし、海外で長期間クレジットカードを軸に生活するのはちょっぴり割高です。

なるべく早く現地の銀行で口座を開設し、クレジットカードも現地のものを作るのがいいですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

海外に出てしまう前に、クレジットカードと銀行口座の住所変更手続きも忘れずに行っておけば、赴任先でも安心して生活できるはずですよ。

赴任前は各種手続きで役所にも行かなければならずバタバタすると思いますが、どれも大切な手続きですから、しっかりと完了させたいですね。

海外渡航で持つべきクレジットカードランキングTOP3!

creditbottan kaigai

【社会人必見】海外旅行でクレジットカードの枚数は何枚がベスト?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ