【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


国際ブランドクレジットカードのおすすめ人気比較ランキング特集!

ニューヨーク

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回は、海外で利用価値のある、オススメの国際ブランドのクレジットカードについて、ランキング形式でご紹介致します。

  こんな記事も読まれてます  

▶︎海外でも通用する高ステータスクレジットカード比較ランキング!
▶︎海外留学に便利でお得なクレジットカードの正しい7つの選び方とは?
▶︎社会人が海外留学で便利なおすすめクレジットカード比較ランキング!
▶︎海外赴任時、クレジットカードや銀行口座の住所を変更する必要とは?
▶︎【社会人必見】海外旅行でクレジットカードの枚数は何枚がベスト?
▶︎社会人におすすめ!海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキング

海外で利用価値のあるおすすめ国際ブランドクレジットカードTOP3

1位アメリカン・エキスプレス・グリーンカード
アメリカンエキスプレスgrenn

AMEXグリーン

メリット
・海外旅行中の携行品損害が100万円まで補償される
・海外でショッピングをしたときに、ショッピング保険が適用され、その補償金額が高い
・世界各国から無料で24時間日本語サポートを受けられる
デメリット
・年会費が高いので、維持するのに負担がかかる
・審査が厳しいので誰もが手に入るカードではない
・ETCカードの年会費が二年目から有料で540円かかる
2位 三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールド

公式ページはこちら

メリット
・国内外でもステータス性が高い
・海外旅行保険も最高5000万円まで補償され、充実している
・プライオリティ・パスが費無料
デメリット
・年会費が高いので、維持するのに負担がかかる
・基本還元率が高くはない
・審査が厳しいので誰もが手に入るカードではない
3位 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
 b

公式ページはこちら

メリット
・海外で利用するとポイントが2倍になる
・国内旅行傷害保険は入院・通院費用までしっかり補償していて安心して海外に行ける
・26歳までは年会費が無料になる
デメリット
・基本還元率が高くはない
・日本国内だと、JCBやVISAよりは利用できる店が制限される
・税金の支払いなどではサービスを得られず、nanacoへのチャージでもポイントが貯まらない

■海外にはどういうクレジットカードを持っていけばいいの?

考える

海外で使い勝手のいいクレジットカードってどんなものがあるのか知りたいという方や、安心して海外旅行を楽しむためにはどのクレジットカードを持っていけばいいのかを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

また、海外で使うとお得になるクレジットカードがどのカードかわからないという方もいらっしゃいますよね。

今回はそういったお悩みをお持ちの方対象に、海外で使える国際ブランドのクレジットカードの選び方のコツをご紹介致します。

国際的にブランド力をもったクレジットカードを選ぶポイント

ポイント①:安心して海外旅行するためには付帯保険の詳細にこだわる

ポイント②:海外で利用することで得られる特典の内容にこだわる

ポイント③:ある程度ステータス性のあるクレジットカードを選ぶ

簡単比較表

評価 1位アメリカン・エキスプレス・グリーンカード 2位三井住友VISAゴールドカード 3位セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 アメリカンエキスプレスgrenn 三井住友VISAゴールド セゾンブルーアメリカンエキスプレス
年会費  〇
ポイント還元率  〇
海外利便性 
ステータス性 
 人気度
海外ブランド力 
国内ブランド力 
サービス 

基本スペック比較表

評価 1位アメリカン・エキスプレス・グリーンカード 2位三井住友VISAゴールドカード 3位セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 アメリカンエキスプレスgrenn 三井住友VISAゴールド セゾンブルーアメリカンエキスプレス
 年会費  12,960円  10,800円  3,240円
 ポイント還元率  1000円=10P  1000円=1P  1000円=2P(国内では1000円=1P)
 基本還元率  0.33%  0.5%  0.5%
 海外旅行傷害保険  5,000万円  5,000万円  3,000万円
 海外旅行携行品損害  100万円  50万円  30万円
国内旅行傷害保険   5,000万円  5,000万円  3,000万円
 ショッピング保険  500万円  300万円  100万円

Sponsored Links

 なぜこの3枚のカードが海外では活躍するの?

私がアメリカン・エキスプレス・グリーンカードを1位に選んだ理由

アメリカンエキスプレスgrenn

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードはアメックスのカードの中では一番、一般消費者向きのカードではありますが、それでも基礎スペックは他の一般カードとは比べ物にならないほど高いです。

アメックスということでステータス性にも富んだカードで、海外旅行での携行品損害は100万円海外での買い物を補償するショッピング保険も最高500万円まで補償してくれるなど、不安なことが多い海外での旅行や生活には最強の味方になってくれます。

三井住友VISAゴールドカードよりもスペックは高く、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードよりもステータス性が高いため、海外で活躍する国際的なクレジットカードブランドで言えば、NO.1であることは間違いありません。

アメリカン・エキスプレス・グリーン

AMEXグリーン

私が三井住友VISAゴールドカードを2位に選んだ理由

三井住友VISAゴールド

三井住友VISAゴールドカードはゴールドカードということもあり、基本スペックは高めではありますが、海外旅行の面ではショッピング保険や携行品損害の補償額ではアメリカン・エキスプレス・グリーンカードには及びません。

ただし、世界NO1のシェア数を誇るVISAが決済ブランドであるため、どこの国にいってもほとんど利用することができます。それだけ加盟店数が多いということです。

ステータスも高く空港ラウンジも利用できますので、手に入れたいカードの一つではあります。

三井住友

公式ページはこちら

 

私がセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを3位に選んだ理由

 b

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレスと提携しているセゾンのクレジットカードになります。アメックスの長所をすべておさえていて、使い勝手の良さは文句のつけようがありません。

海外で利用するとポイントが2倍になるなど、海外で使うことによって得られるメリットが多いです。ただし、ステータス面ではやはり上記の二枚のクレジットカードに劣りますし、基本的なスペックも上記二枚よりは落ちます。

したがって、年会費も3000円(税抜)と良心的で、優秀なクレジットカードではありますが、第3位という順位になるのは仕方ありません。

セゾンカード

 

1位アメリカン・エキスプレス・グリーンカード
アメリカンエキスプレスgrenn

AMEXグリーン

メリット
・海外旅行中の携行品損害が100万円まで補償される
・海外でショッピングをしたときに、ショッピング保険が適用され、その補償金額が高い
・世界各国から無料で24時間日本語サポートを受けられる
デメリット
・年会費が高いので、維持するのに負担がかかる
・審査が厳しいので誰もが手に入るカードではない
・ETCカードの年会費が二年目から有料で540円かかる
2位 三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールド

公式ページはこちら

メリット
・国内外でもステータス性が高い
・海外旅行保険も最高5000万円まで補償され、充実している
・プライオリティ・パスが費無料
デメリット
・年会費が高いので、維持するのに負担がかかる
・基本還元率が高くはない
・審査が厳しいので誰もが手に入るカードではない
3位 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
 b

公式ページはこちら

メリット
・海外で利用するとポイントが2倍になる
・国内旅行傷害保険は入院・通院費用までしっかり補償していて安心して海外に行ける
・26歳までは年会費が無料になる
デメリット
・基本還元率が高くはない
・日本国内だと、JCBやVISAよりは利用できる店が制限される
・税金の支払いなどではサービスを得られず、nanacoへのチャージでもポイントが貯まらない

関連記事はこちら

▶︎海外でも通用する高ステータスクレジットカード比較ランキング!
▶︎海外留学に便利でお得なクレジットカードの正しい7つの選び方とは?
▶︎社会人が海外留学で便利なおすすめクレジットカード比較ランキング!
▶︎海外赴任時、クレジットカードや銀行口座の住所を変更する必要とは?
▶︎【社会人必見】海外旅行でクレジットカードの枚数は何枚がベスト?
▶︎社会人におすすめ!海外旅行保険付帯クレジットカード人気ランキング

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ