【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


公共料金の支払いにおすすめのクレジットカード比較人気ランキング!

狙う

Sponsored Links

公共料金の支払いにおすすめなクレジットカードをランキングの形式でご紹介致します。

公共料金を節約できるクレジットカード人気TOP3

1位P-one Wizカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・請求時に自動1%OFF
・還元率が高い
・決済できる公共料金の種類が多い
デメリット
・旅行保険などが付帯されていない
・100円未満が切り捨て
・ETCカードが有料
2位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が高い
・決済できる公共料金の種類が多い
・年会費無料
デメリット
・ショッピング保険がない
・ETCカードが有料
・コールセンターへの問い合わせが有料
3位ライフカード
ライフカード

公式ページはこちら

メリット
・年会費無料
・ポイント有効期限を最大5年
誕生日月にポイント5倍、利用額に応じてボーナスポイント獲得
デメリット
・還元率が低い
・旅行保険などが付帯されていない
・ショッピング保険がない

Sponsored Links

このどのカードが1番公共料金を節約できるの?

審査1

クレジットカードで公共料金を支払いたいと思っているが、どのクレジットカードを選んだら良いのかわからないと思っていらっしゃる方も多いかと思います。

また、公共料金の支払いをクレジットカードにするとどのくらいにお得になるのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

公共料金を支払うのに適したクレジットカードを選ぶためには、いくつかの決め手をもとに決断すると良いでしょう。その決め手にこだわることで自分に利益のあるクレジットカードを選ぶことができます。

公共料金を節約できる最高の1枚を選ぶポイントとは?

公共料金を支払うためのクレジットカードの選び方の決め手は二つです。一つは、対象となる公共料金の種類が多いことです。

公共料金を支払うためにクレジットカードを使うのであれば、当然、利用できる公共料金の種類が多くないとポイントが分散してしまい、結局のところ、お得にならない可能性があります。一枚ですべての公共料金に対応できるようなものを選ぶのがベストです。

もう一つの決め手は還元率です。公共料金は毎月かかる必要経費です。クレジットカードを利用して決済していく際に還元される分が多ければ多いほど、お得になります。

1回の決済でみれば微差だったとしても、1年でみれば12回もその微差分が加算され、気づいたときには圧倒的な違いが出ます。塵も積もれば山となる言葉の通りです。しっかりと還元率の高いものを選ぶようにしましょう。

簡単比較表

1位  2位  3位
券面 P-oneカード  楽天カード ライフカード
海外便利度
年会費
節約度
サービス
 長く使える
 国内ブランド力
 海外ブランド力

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名  P-one Wizカード  楽天カード  ライフカード
券面  P-oneカード  楽天カード ライフカード
 年会費  0円  0円  0円
 ポイント付与  1,000円ごとに10ポイント   1,000円ごとに10ポイント  1,000円ごとに1ポイント
 ポイント還元  基本還元率1.0%  基本還元率1.0% 基本還元率0.5%
対象公共料金 全対応 全対応 全対応
 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 なし  2,000万円  なし
入院・通院
 なし  200万円  なし
携行品損害
 なし  20万円  なし
 国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 なし   なし  なし
入院・通院
 なし   なし  なし
携行品損害
 なし   なし  なし
 なし   なし  なし
 ショッピング保険  50万円   なし  なし
 マイルへの移行  なし  ANA  ANA

なぜこのランキング順位になったの?

1位P-one Wizカードを1位に選んだ理由

P-oneカード

P-one Wizカードは請求金額から1%を自動的に割り引いてくれる「自動1%OFF」というサービスがあります。

そして、このサービスが公共料金も対象内に入るため、事実、公共料金を1%OFFで利用できることになります。

この自動1%割引は還元率の0.5%とは別に換算されるため、還元率の高いカード楽天カードよりも合計で、0.5%も還元率が高くなるのです。

対象の公共料金の種類も楽天カードやライフカードよりも多いため、公共料金においての決済で言えばP-one Wizカードが一番お勧めです。

p-one

公式ページはこちら

 

2位楽天カードを2位に選んだ理由

楽天カード

楽天カードはなんといってもポイント倍増の特典とポイントの利用しやすさが最大のメリットです。

貯まったポイントを有効に使うには最適なカードと言えます。

公共料金の支払いにも使えるため、着実にポイントを貯めていくことができるカードになります。しかしP-one Wizカードより還元率は高くないので、いち早くお得にしたいと考えている方はP-one Wizカードの方がオススメになります。

ネットショッピングを多く利用する、または楽天ポイントを有効に使うことができる方は楽天カードを公共料金の支払いカードにしても良いかと思います。

楽天

公式ページはこちら

 

3位ライフカードを3位に選んだ理由

ライフカード

ライフカードも対象の公共料金の種類が多いクレジットカードになります。

P-one Wizカードや楽天カードのように高還元率ではないので、毎月の決済ではお得さを感じないかもしれません。

しかし、ライフカードには独自のポイント倍増システムがあり、誕生日月であれば通常の5倍のポイントを手に入れることができるサービスもあります。そのほかにもポイント還元のサービスが多いので、1年トータルで見ると結構ポイントが貯まるカードになります。

ただ、楽天カード同様、いち早くお得にしたいと考えているのであれば、P-one Wizカードには勝てません。少なくても1年以上、長期の利用を見越しているのであれば、このカードを選んでも良いでしょう。

 

公共料金の支払い節約カード人気ランキングTOP3

1位P-one Wizカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・請求時に自動1%OFF
・還元率が高い
・決済できる公共料金の種類が多い
デメリット
・旅行保険などが付帯されていない
・100円未満が切り捨て
・ETCカードが有料
2位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が高い
・決済できる公共料金の種類が多い
・年会費無料
デメリット
・ショッピング保険がない
・ETCカードが有料
・コールセンターへの問い合わせが有料
3位ライフカード
ライフカード

公式ページはこちら

メリット
・年会費無料
・ポイント有効期限を最大5年
誕生日月にポイント5倍、利用額に応じてボーナスポイント獲得
デメリット
・還元率が低い
・旅行保険などが付帯されていない
・ショッピング保険がない
Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ