【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャルグループのアコム
▶︎ACマスターカードを申込む

最高利用限度額が低いクレジットカード比較ランキングTOP10!

credit card

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回最高利用限度額が低いレジットカードについて、ランキングの形式でご紹介致します。

最高利用限度額が低いクレジットカードのランキングTOP10

1位JAL カード(普通カード)
JALカード

公式ページはこちら

メリット
・入会ボーナスで1,000マイルがもらえるサービスがある
・飛行機に搭乗するごとにボーナスが発生し、区間マイルの10%がプラスされる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
デメリット
・初年度は利用限度額が50万円までと決まっている
・2年目以降は年会費がかかるので、維持するのに負担がかかる
・ショッピング保険が付帯していない
2位P-oneカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・公共料金や携帯電話の料金も、カード利用で1%割引きになる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
デメリット
・利用限度額が100万円までとなっている
・旅行保険が一切付帯していない
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
3位三井住友VISA エブリプラス
エブリプラス

公式ページはこちら

メリット
・ワールドプレゼントのポイントが 3倍にできるボーナスプログラムがある
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・ショッピング保険の補償額が充実している
デメリット
・利用限度額が80万円までとなっている
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
・ETCカードの発行も年会費も有料である
4位:R-styleカード
R-styleカード

公式ページはこちら

メリット
・海外旅行保険が付帯している
・前年度に1回以上カード利用した場合は、次年度も年会費無料になる
・12月はポイントが5倍になる特別月
デメリット
・利用限度額が60万円までである
・決済ブランドをVISAしか選択できない
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
5位:ライフカード
ライフカード

公式ページはこちら

メリット
・誕生日月はポイントが5倍になる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを利用できる
デメリット
・旅行保険が一切付帯していない
・ショッピング保険が付帯していない
・ステータス性がない
6位:ファミマTカード
Tカードプラス

公式ページはこちら

メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・カードランクやサービスデーの利用すると還元率が平均2.5%〜4.5%まで引きあがる
Tポイントが貯まる
デメリット
入会時の限度額は50万円である
・決済ブランドがJCBしか選べない
・家族カードがない
7位:イオンカード
イオンカード

公式ページはこちら

メリット
・イオンの店舗で毎月20日、30日のお客様感謝デーで5%割引になる
・審査が通りやすい
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・旅行保険が付帯していない
・還元率が低い
・近くにイオンの店舗がないとメリットを活かしきれない
8位:JCB LINDA
JCB LINDA
メリット
・マイレージがANAもJALも対応している
年間のカード利用額の累計が50万円を超えると、その翌月から当該年内ポイントが2倍に、100万円を超えると3倍なるボーナスがある
・「お守リンダ」という女性に特化した保険サービスがある
デメリット
・基本還元率が高くはない
・データを維持するのに維持費がかかる
・旅行傷害保険が付帯していない
9位:エポスカード
エポスカード
メリット
申込みをして審査が通れば、即日発行が可能である
・ロイヤルホストなど指定のファミリーレストランで5%~10%OFF
・マルイの店舗や通販で利用すると、ポイント還元率は1%以上になる
デメリット
・基本還元率が高くない
・電子マネーのnanacoカードにチャージすることができない
・利用限度額が60万円までである
10位:ローソンPontaカードVisa
Pontaプレミアム・プラス
メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・全国のローソンの店舗で利用すると、還元率が2%まで引きあがる
・マイレージがJALも対応している
デメリット
・決済ブランドがVISAしか選択できない
・基本還元率が高くはない
・旅行傷害保険が付帯していない

 

簡単比較表

評価 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
券名 JAL カード P-one 三井住友VISA エブリプラス R-styleカード ライフカード ファミマTカード イオンカード JCB LINDA エポスカード ローソンPonta
券面 JALカード P-oneカード 三井住友VISAエブリプラス R-Styleカード ライフカード ファミマTカード イオンカード JCB LINDA エポスカード VISA JMBローソンポンタカード
年会費
ポイント還元率
人気度
利便性
利用限度額の低さ
サービス
特典
還元先

基本スペック比較表​​

評価 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
券名 JAL カード P-one 三井住友VISA エブリプラス R-styleカード ライフカード ファミマTカード イオンカード JCB LINDA エポスカード ローソンPonta
券面 JALカード P-oneカード 三井住友VISAエブリプラス R-Styleカード ライフカード ファミマTカード イオンカード JCB LINDA エポスカード VISA JMBローソンポンタカード
年会費 2,160円+税(初年度は無料) 0円 0円 1,250 +税(初年度は無料) 0円 0円 0円 0円 0円 0円
ポイント付与 1,000円=1P 1,000円=2P 1,000円=1P 200円=2P 1,000円=1P 200円=1P 200円=1P 1,000円=1P 200円=1P 1,000円=5P
ポイント還元 0.476 0.6 0.5% 1.05 0.5 0.5 0.4 0.5% 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
1,000万円 なし なし 2,000万円 なし なし なし なし 500万円 なし
治療費用(傷害・疾病)
なし なし なし 200万円 なし なし なし なし 270万円 なし
損害賠償
なし なし なし 2,000万円 なし なし なし なし 2,000万円 なし
携行品損害
なし なし なし 20万円 なし なし なし なし 20万円 なし
救援者費用
100万円 なし なし 200万円 なし なし なし なし 100万円 なし
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
1,000万円 なし なし なし なし なし なし なし なし なし
入院・通院
なし なし なし なし なし なし なし なし なし なし
マイル移行 JAL JAL ANA ANA JAL ANA ANA JAL ANA JAL ANA JAL JAL
ショッピング保険 なし 50万円 100万円 なし なし 50万円 50万円 100万円 なし なし
ブランド VISA MasterCard JCB VISA MasterCard JCB VISA VISA VISA MasterCard JCB JCB VISA MasterCard JCB JCB VISA VISA

この10枚のカードの魅力とは?

1位のJALカード(普通カード)の魅力

JALカード

JALカード(普通カード)は、初年度の最高利用減額は50万と決まっているので、初めてクレジットカードを持つ方で、使いすぎるのが不安だとお考えの人には最適なクレジットカードになります。

また、VISA、MasterCard、JCBから選択でき、JALの飛行機に乗れば飛行区間の10%がマイルに還元されるため、非常にマイルが貯まりやすいカードとなっています。

このようにお得にもなり、安心して利用できるクレジットカードなので、堂々の第一位に輝くのです。

2位のP-oneカードの魅力

P-oneカード

P-oneカードの最大の魅力は「自動1%OFF」があることと、その自動1%OFFが公共料金にも適用されるというところです。

最大の利用限度額100万円となっているので、高還元率で有名な楽天カードは300万円が利用限度額と違い、使いすぎるという心配もありません。

年会費が無料なので、コストをかけずに持つこともできるので人気のカードになります。しかし、JALカードと違い、旅行保険が全くつかないので、その点で第二位という順位に位置づけられるのです。

3位の三井住友VISAエブリプラスの魅力

エブリプラス

三井住友VISAエブリプラスの魅力は、ワールドポイントを3倍もらえるキャンペーンが用意されていることと、ショッピング保険がしっかりと付帯しているところになります。

利用限度額も80万円までと決められているので、しっかりと自分で管理ができる範囲でクレジットカードを利用することが可能になります。

P-oneカード同様、年会費が無料のクレジットカードになり、扱いやすいカードにはなりますが、旅行保険が一切付帯しないので、JALカードよりはスペック面で劣ります。したがって、第三位の位置づけになります。

4位のR-styleカードの魅力

R-styleカード

R-styleカードの魅力は、カードスペックの高さと、12月にポイントが5倍もらえるボーナスが用意されているところにあります。

利用限度額が60万円までと決められているにも関わらず、旅行保険などは最大2000万円まで補償してくれ、還元率も1%強あるクレジットカードで非常に優秀なクレジットカードになります。

しかし、リボ払い専用のカードになっているため、リボ払いのシステムを理解していないと扱いにくい面もあるため、上記の三枚よりは順位が下になります。したがって、第四位という順位になるのです。

5位のライフカードの魅力

ライフカード

ライフカード年会費無料のクレジットカードで、誕生日月はポイントが5倍もらえる特徴をもつクレジットカードになります。

決済ブランドもVISA、MasterCard、JCBから選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合わせて、決済ブランドを決めることができます。

しかし、旅行保険が付帯していないところや、ショッピング保険が付帯していないところを考慮するとスペック面で上記のカードよりは下の位置づけになります。したがって第五位という順位になります。

6位のファミマカードの魅力

Tカードプラス

ファミマTカードは全国各地で使える便利なポイント「Tポイント」が貯まるクレジットカードです。利便性に優れ、1P=1円で利用できるので、システムもシンプルで人気があるクレジットカードです。

初めのうちは、利用限度額も50万円までと決められているため、使いすぎる心配がないため、クレジットカードに不安を持っていらっしゃる方にはオススメのクレジットカードになります。

しかし、カードのスペックの面で見ると上記のクレジットカードより劣るので、第六位という位置づけになります。

7位のイオンカードの魅力

イオンカード

7位イオンカードで、流通系のクレジットカードで審査も通りやすいため、主婦層を中心に人気のあるカードになります。イオン系列の店舗が近くにある人は、このカードで様々な割引サービスを受けることができます。

年会費も無料で持てるので、扱いやすいカードではありますが、上記のカードに比べると、旅行保険が付かない点や、イオン系列の店舗が近くにないとメリットを活かしきれないので、上記のクレジットカードの方が一般的には好かれています。

したがって、第七位という順位になります。

8位のJCB LINDAの魅力

JCB LINDA

8位JCB LINDAで、カードデザインがかわいいと評判で、女性から圧倒的な支持を受けているクレジットカードになります。女性向けの保険が付帯していて、働く女性をサポートしてくれるカードとなっています。

また、ANAマイルもJALマイルも貯まるため、旅行や出張を多くされる方にはおすすめのクレジットカードになります。

しかし、旅行保険が一切付帯しないため、上記のクレジットカードよりはスペック面で劣ります。したがって第八位という位置づけになります。

9位のエポスカードの魅力

エポスカード

9位エポスカーで、マルイ系列のお店で利用するとお得になるカードになります。年会費無料であるにも関わらず、カードのスペックが高めで、旅行保険などもしっかりと付帯しているクレジットカードです。

マルイ以外でもファミリーレストランなどでもお食事代が10%OFFになったりと特典の多いクレジットカードになります。

利用限度額においても60万までとなっているため、クレジットカード初心者にも扱いやすいクレジットカードになります。

しかし、国内旅行に対する補償やお買い物保険が付かないという点を考慮すると、上記のカードより下回ります。したがって、第九位という順位になります。

10位のローソンPontaカードVisaの魅力

Pontaプレミアム・プラス

10位ローソンPontaカードVisaで、ローソン系列のクレジットカードで、JALマイルもしっかりと貯めることができるくじレットカードになります。

年会費も無料で持つことができるため、かなりコストをかけずにクレジットカードを利用することができます。ローソンで利用すると2%まで還元率が上がるので、近所にローソンがある人はオススメです。

しかし、ローソンでの特典以外での特典が上記のカードに比べると少ないため、第十位という位置づけになります。

JAL カード(普通カード)
JALカード

公式ページはこちら

メリット
・入会ボーナスで1,000マイルがもらえるサービスがある
・飛行機に搭乗するごとにボーナスが発生し、区間マイルの10%がプラスされる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
デメリット
・初年度は利用限度額が50万円までと決まっている
・2年目以降は年会費がかかるので、維持するのに負担がかかる
・ショッピング保険が付帯していない
2位P-oneカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・公共料金や携帯電話の料金も、カード利用で1%割引きになる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
デメリット
・利用限度額が100万円までとなっている
・旅行保険が一切付帯していない
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
3位三井住友VISA エブリプラス
エブリプラス

公式ページはこちら

メリット
・ワールドプレゼントのポイントが 3倍にできるボーナスプログラムがある
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・ショッピング保険の補償額が充実している
デメリット
・利用限度額が80万円までとなっている
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
・ETCカードの発行も年会費も有料である
4位:R-styleカード
R-styleカード

公式ページはこちら

メリット
・海外旅行保険が付帯している
・前年度に1回以上カード利用した場合は、次年度も年会費無料になる
・12月はポイントが5倍になる特別月
デメリット
・利用限度額が60万円までである
・決済ブランドをVISAしか選択できない
・リボ払いを理解していないと扱いにくい
5位:ライフカード
ライフカード

公式ページはこちら

メリット
・誕生日月はポイントが5倍になる
・VISA、MasterCard、JCBから決済ブランドを選ぶことができる
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを利用できる
デメリット
・旅行保険が一切付帯していない
・ショッピング保険が付帯していない
・ステータス性がない
6位:ファミマTカード
Tカードプラス

公式ページはこちら

メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・カードランクやサービスデーの利用すると還元率が平均2.5%〜4.5%まで引きあがる
Tポイントが貯まる
デメリット
入会時の限度額は50万円である
・決済ブランドがJCBしか選べない
・家族カードがない
7位:イオンカード
イオンカード

公式ページはこちら

メリット
・イオンの店舗で毎月20日、30日のお客様感謝デーで5%割引になる
・審査が通りやすい
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・旅行保険が付帯していない
・還元率が低い
・近くにイオンの店舗がないとメリットを活かしきれない
8位:JCB LINDA
JCB LINDA
メリット
・マイレージがANAもJALも対応している
年間のカード利用額の累計が50万円を超えると、その翌月から当該年内ポイントが2倍に、100万円を超えると3倍なるボーナスがある
・「お守リンダ」という女性に特化した保険サービスがある
デメリット
・基本還元率が高くはない
・データを維持するのに維持費がかかる
・旅行傷害保険が付帯していない
9位:エポスカード
エポスカード
メリット
申込みをして審査が通れば、即日発行が可能である
・ロイヤルホストなど指定のファミリーレストランで5%~10%OFF
・マルイの店舗や通販で利用すると、ポイント還元率は1%以上になる
デメリット
・基本還元率が高くない
・電子マネーのnanacoカードにチャージすることができない
・利用限度額が60万円までである
10位:ローソンPontaカードVisa
Pontaプレミアム・プラス
メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
・全国のローソンの店舗で利用すると、還元率が2%まで引きあがる
・マイレージがJALも対応している
デメリット
・決済ブランドがVISAしか選択できない
・基本還元率が高くはない
・旅行傷害保険が付帯していない

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ