【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


OLにおすすめのデパート百貨店系クレジットカード比較ランキング!

ol

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回は、お買い物大好き!OLさんにおすすめのデパート百貨店系クレジットカードをご紹介いたします!

デパート百貨店系のクレジットカードは、提携のお店の買い物でお得なサービスや会員だけの優待特典などが得られて、お得と特別感が得られるというメリットがあります。

自分の好みに合ったクレジットカードを選んで、便利に使いこなしましょう。

1位エムアイカード
エムアイカード

公式ページはこちら

メリット
・ショッピングの利用で5%から10%割引あり!
・三越伊勢丹グループ(丸井今井、岩田屋、名鉄百貨店なども)複数のお店でお得に使えるため、幅広く利用されている人気カード!
・上手な使い方で5~10%の高還元率になります!
デメリット
・2,160円の年会費がかかります。(初年度無料)
・ポイントの還元先が提携デパート限定となっています。
・マイレージを貯めることはできません。
2位高島屋カード
高島屋カード

公式ページはこちら

メリット
・ANAマイレージクラブも提携しており、マイルへの移行手数料は無料!
・会員優待サービスとして高島屋での駐車料金が2時間無料で利用できます。
・高島屋でのショッピング利用では100円で8ポイント、高島屋のお買い物券では2000ポイントが2,000円相当の高還元!
デメリット
・海外国内旅行保険がありません。
・ショッピング保険がありません。
・ポイントの有効期限が3ヶ月から1年3か月と短くなっています。
3位OPクレジットカード
OPクレジットカード

公式ページはこちら

メリット
・小田急百貨店提携で、特別優待、季節の贈り物などの会員優待サービスが充実!
・年間のトータルのお買い物の金額に応じて、ポイントの獲得率が上がるシステム
・小田急線の利用でも最大7%小田急ポイントが付与されます!
デメリット
・海外国内旅行保険がありません。
・ショッピング保険がありません。
・ポイントの有効期限が3ヶ月から1年3か月と短くなっています。

Sponsored Links

デパート系クレジットカードが絞れない!

考える

クレジットカードをお店ごとに使い分ける人は多いものですが、こうした提携のお店でのショッピングだけが高還元となるカードの場合にはクレジットカードを絞り込めずに増えすぎてしまうことがあります。

デパート系のクレジットカードをたくさん作っても、あちこちで使い分けているとポイント付与も分散してしまって、意外とポイントが貯まりにくいといったジレンマに陥ることもあるでしょう。

また、クレジットカードが複数枚あるとカード利用の管理がしにくくなるので注意が必要です。

できれば、頻繁に使うクレジットカードだけに絞り込むことが出来るといいですね。

 

最高な1枚を選んで快適に使うためのポイントは?

ポイント①自分が一番好きなお店を選ぼう!

デパート百貨店系のクレジットカードは、おそらく他のクレジットカードを所有していれば他のシーンでは使うことが少なくなるでしょう。

そのため、利用頻度の少ないデパートのクレジットカードを作って枚数を増やすのはおすすめできません。

特に年会費が無料にはならないカードをたくさん持ってしまうとそれだけでコストがアップしてしまい、最終的に「お得」に利用することはできなくなります。

ポイント②ポイントの還元率で選ぼう!

デパート系クレジットカードの最大の魅力といってもいいくらいの、ポイントプログラム。

提携のお店であれば高還元となるので、高還元になった時の還元率でカードを選びましょう。

①の利用頻度で比べられない時は、還元率でポイントを貯めやすくて使いやすいものを選ぶと安心です。

ポイント③優待サービスでお得感があるものを選ぼう!

ポイントプログラムでのお得感に花を添えるのは、デパートの会員優待のお得感と特別感です。

デパートでちょっとだけ特別扱いを受けることは、女性の優越感を満たして女子力アップに貢献してくれそう!

 

■お得で便利を比較してみた!

評価 1位エムアイカード 2位タカシマヤカード 3位OPカード
券面 エムアイカード 高島屋カード OPクレジットカード
 年会費 ×
 ポイント還元率 ×
優待割引あり × ×
旅行保険付帯  × ×

■基本スペックを比較してみた!

評価 1位エムアイカード 2位タカシマヤカード 3位OPカード
券面 エムアイカード 高島屋カード OPクレジットカード
 国際ブランド  VISA、アメックス  VISA、JCB、MasterCard、アメックス  VISA、JCB、MasterCard
 ポイント還元率  0.5%  0.5%  0.5%
 提携店での還元率  5~10%  8%   5~10%
提携店
 三越伊勢丹グループ(丸井今井、岩田屋、
名鉄百貨店など
 高島屋  小田急グループ
 年会費  2,160円(初年度無料)  2,160円  540円(前年度のショッピング利用で無料)

■デパート系クレジットカードを選ぶなら?

私がエムアイカードを1位に選んだ理由

エムアイカード

エムアイカードは、三越伊勢丹グループで利用できるクレジットカードです。

全国に利用でお得な提携店がたくさんあって、幅広く利用できる点が大変便利です。

ファッション大好きのOLさんも満足のハイブランドの品揃えも魅力的な提携デパートで、お買い物も進み、ポイントも自然に貯まってお得感もたっぷりです。

エムアイカード

 

私がタカシマヤカードを2位に選んだ理由

高島屋カード

タカシマヤカードは美しく特徴的なカードフェイスのクレジットカードです。

ポイント利用では、タカシマヤのお買い物券限定とはなりますが、還元率の高さが魅力です。

タカシマヤで頻繁にお買い物をするという人には便利に使えるでしょう。

私がOPカードを3位に選んだ理由

OPクレジットカード

上記二つと比べると、若干利用者の層が狭くなるイメージはありますが、鉄道でもポイントが貯まる便利なメリットがあります。

沿線住みの人には鉄道利用とショッピング利用の両面でポイントが貯まります。

 

1位エムアイカード
エムアイカード

公式ページはこちら

メリット
・ショッピングの利用で5%から10%割引あり!
・三越伊勢丹グループ(丸井今井、岩田屋、名鉄百貨店なども)複数のお店でお得に使えるため、幅広く利用されている人気カード!
・上手な使い方で5~10%の高還元率になります!
デメリット
・2,160円の年会費がかかります。(初年度無料)
・ポイントの還元先が提携デパート限定となっています。
・マイレージを貯めることはできません。
2位高島屋カード
高島屋カード

公式ページはこちら

メリット
・ANAマイレージクラブも提携しており、マイルへの移行手数料は無料!
・会員優待サービスとして高島屋での駐車料金が2時間無料で利用できます。
・高島屋でのショッピング利用では100円で8ポイント、高島屋のお買い物券では2000ポイントが2,000円相当の高還元!
デメリット
・海外国内旅行保険がありません。
・ショッピング保険がありません。
・ポイントの有効期限が3ヶ月から1年3か月と短くなっています。
3位OPクレジットカード
OPクレジットカード

公式ページはこちら

メリット
・小田急百貨店提携で、特別優待、季節の贈り物などの会員優待サービスが充実!
・年間のトータルのお買い物の金額に応じて、ポイントの獲得率が上がるシステム
・小田急線の利用でも最大7%小田急ポイントが付与されます!
デメリット
・海外国内旅行保険がありません。
・ショッピング保険がありません。
・ポイントの有効期限が3ヶ月から1年3か月と短くなっています。

この記事と一緒によく読まれている記事はこちら

▶︎OL社会人におすすめの人気クレジットカード比較ランキングTOP3!
▶︎【女性】OLが持つと便利なクレジットカードの3つの選び方とは?
▶︎貧乏OLが貯金するならクレジットカードで生活費を節約!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ