【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


三井住友VISAクラシックカードの審査に落ちる原因と対処方法とは?

三井住友VISA

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回は、一般カードでありながらも高級感のある「三井住友VISAクラシックカード」を持ちたい人へのお話です!

三井住友VISAクラシックカードはクレジットカードの中でも有名でステイタスを感じさせる一枚ですね。

素敵なカードフェイスからも品格があり、「さぞ審査は厳しいのだろう」と躊躇する人もいるでしょう。

確かに、三井住友VISAクラシックカードは、比較的難易度高めの銀行系クレジットカードであり、その中でも厳格なイメージを持っています。

しかし、審査に落ちる原因が分かればこれから対策もできますし、無理な申込をして無念な思いをすることもありません。

「誰でも通るよ!」とは言えない難易度高めのカードですが、一般カードなのでチャンスはあるはずです。

Sponsored Links

三井住友VISAクラシックカードの基本情報はこちら!

券面 三井住友VISAクラシック
年会費 初年度無料
(次年度以降税込1,350円)
年会費割引等 リボ払い一回利用で次年度無料

WEB明細書サービス利用で割引

入会条件 18歳以上(高校生は除く)
旅行傷害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険

利用付帯

ポイントサービス 1,000円(税込)で1ポイント(還元率0.5%)
電子マネー iD、WAON
おすすめのポイント 安心と信頼のSMBCフィナンシャルグループのクレジットカードです。日本でも海外でも使い勝手が良く、お得感も多いため人気が高くなっています。

三井住友VISAクラシックカードの審査に通る人、落ちる人

落ちる うかる

三井住友VISAクラシックカードの審査では、クレジットヒストリーと現在の属性について重視されることが多いため、そのどちらかに問題がある場合には審査見送りの可能性も出てきます。

しかし、基本的には三井住友VISAクラシックカードはあくまでも「一般カード」なので、非常に高いスペックは必要ないと言っても良いでしょう。

審査に通る人の特徴

選ぶ

三井住友VISAクラシックカードの審査に通る人の特徴としては、以下のようなことが挙げられます。

金融事故の履歴がない

これはどんなクレジットカードでも当然ですが、特に銀行系で厳しめのカードでは重視されるポイントです。

クレジットヒストリーがクリーンであることは最低限の条件となります。

遅延に関しては、その長さや頻度などで軽微な場合には問題なく通過することが多くなります。

公務員や一般企業の正社員

公務員や一般企業にお勤めの正社員であれば審査に良い影響を与えます。

安定した収入があれば個人事業主でも審査に通る可能性はあります。

勤続年数が長い

特に30代以上の人であれば、勤続年数の長さも重要です。

長く勤めている人は、転職で返済が難しくなるリスクも少ないと考えられます。

審査に落ちる人の特徴

落ち込む

審査に落ちる人の特徴には以下のようなものがあります。

上記を満たしていても、場合によってはこのような点を見られているかも知れません。

金融事故後の「喪開け」から間もない

金融事故を起こしても、一定の期間が経過するとその情報は消えていきます。

しかし、その「一定期間」中はクレジットカードなどを一切使えなくなるため、その人の履歴は何もない状態として残ります。

何もないからといって「クリーンな人」というイメージを与えるかといえば、そうではなく、「過去に何かあったのではないか」という不審感を与える原因になってしまうことがあるのです。

他社借り入れが多い

他社借り入れは共有情報としてクレジットカード会社でも消費者金融でも閲覧することができます。

そのため、借入状況によっては、金繰りに困っている人として審査に悪影響を与えます。

クレジットカード申込を複数同時に行っている

クレジットカードの申込情報も半年間は共有情報として残っています。

審査落ちを繰り返している場合には、三井住友VISAクラシックカードは難しくなるかもしれません。

過去に三井住友カード系列のカードで事故を起こしたことがある

クラシックカード以外でも、三井住友系列で何らかの金融事故を起こしている場合には、他社の事故とは違っていつまでも記録が残ります。

いわゆる「自社ブラック」であり、その人は今後そのカード会社を利用することは難しいでしょう。

 

三井住友VISAクラシックカードの審査落ち対策とは?

アイデア

三井住友VISAクラシックカードでは、いろいろな面で審査のリスクがあります。

これらのリスクのうち、避けられるものは避けて、工夫次第で改善できる場合には方法を考えてみましょう。

金融事故は未然に防ぐ

審査では債務整理のような大きな金融事故だけでなく遅延や延滞なども見られています。

支払期日にきちんと引き落としができるように口座管理をしておきましょう。

また、使いすぎを防ぎ、計画的に自分の返済できる範囲でカード利用をすることも必要です。

他社の借入は早期返済で解消して

こちらも、過剰な借入は避けることがベストですが、現在残が残っている場合には早めに返済しましょう。

残があっても、きちんと安定して返済していることが分かれば、審査にも有利になることがあります。

クレジットカードの申込は半年に1度

自分のクレジットカードにおける行動は、どこの会社からでも見られていることを忘れずに、記録が残っている間に不用意に申し込みを重ねないようにしましょう。

審査落ちがいつまでも続いて負のスパイラルになりかねません。

喪開けには作りやすいカードで実績作りを

喪開けの一枚としては、三井住友VISAクラシックカードのような審査の厳しめのカードは向いていません。

しかし、作りやすいクレジットカードに入会して、そこで実績を作ることで新たな信用が生まれることもあります。

他のカードでワンクッションおいて、改めてチャレンジするという方法を試してみましょう。

 

安定第一の三井住友VISAクラシックカードの審査

クレカ01

三井住友VISAクラシックカードの審査は甘くはありませんが、特別難易度が高いというわけでもありません。

お勤めの人は安定した勤務態度を見せることが、そして、クレジットカードを他にも持っている人は安定した返済を続けていることが大切です。

もし、審査落ちのリスクが高いようであっても、これからの努力で「安定」を見せることができれば、いずれチャレンジ出来る時が来るはずです。

三井住友VISA

公式ページはこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ