【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


三井住友VISAとJCBカードを比較!どっちがお得で誰におすすめ?

ビジネスマン

Sponsored Links

三井住友VISAカードとJCBカードではどっちがお得になるのでしょうか。

また、どんな人にどちらのカードがオススメなのでしょうか。今回はこの二つのカードについて比較していきたいと思います。

Sponsored Links

簡単比較表

三井住友VISAカード  JCBカード
券面 三井住友VISAクラシック  JCBオリジナルシリーズ
国内加盟店
海外加盟店
年会費
マイレージ
サービス
ステータス性
 国内ブランド力
 海外ブランド力

 基本スペック比較表

券名 三井住友VISAカード JCBカード
券面 三井住友VISAクラシック  JCBオリジナルシリーズ
電子マネー iD、PiTaPa、WAON、iD(携帯)、Visa payWave QUICPay
 年会費  1350円  1350円
 ポイント還元率  基本還元率0.454%  基本還元率0.5%
 ポイント還元先  ポイントUPモール  Oki Doki ランド
 海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 2,000万円  3,000万円
入院・通院
 100万円  100万円
携行品損害
 15万円  100万円
 国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 なし  3,000万円
入院・通院
 なし  なし
携行品損害
 なし  なし
 なし  なし
 ショッピング保険  100万円  100万円
 マイルへの移行  ANA  ANA  JAL

三井住友VISAカードとJCBカードは何が違うの?

ビジネスウーマン 考える

結局のところ、三井住友VISAカードとJCBカードのメリットの違いって何なのでしょうか。それぞれのメリットを見てみましょう。

三井住友VISAカードのメリット

三井住友VISAクラシック

●海外での利用価値が高い
●電子マネーiDに強い

JCBカードと大きく違うのがこの二つのメリットになります。海外での利用価値が高いという理由は、ご存知方もいらっしゃるかと思いますが、VISAという決済ブランドが世界No1のブランドだからです。

VISAは海外の加盟店数がNo1なので、ほぼどこの国でも利用できます。したがって利用できる幅がJCBカードよりも圧倒的に広いのです。

そして、もう一つのメリットである、電子マネーiDに強いという点ですが、上記の表を見て頂ければご理解いただけると思いますが、電子マネーの種類が豊富なのです。

クレジットカードが使えないようなお店でも電子マネーを使ってスマートにお買い物ができるので、かなり利便性があります。

JCBカードのメリット

JCBオリジナルシリーズ

●国内の加盟店数が多い
●国内の航空会社との相性が良い

JCBの特徴は、三井住友VISAカードとは反対で、日本国内で大きな力を発揮するクレジットカードなのです。

それはJCBという決済ブランドが日本発の国際決済ブランドだからです。

日本国内にはJCBが加盟店数が圧倒的に多いので、VISAが使えなくてもJCBで決済ができるというお店も実際にあります。したがって、国内で利用するには最強のクレジットカードなのです。

そしてもう一つのメリットが、国内の航空会社と相性が良いということです。三井住友VISAカードが対応しているのはANAのみですが、JCBカードはANA、JAL、どちらを利用してもマイルが貯まります

国内でお得に旅行をする、出張なので全国を飛び回っているというような方にとってはこのカードがあるとかなりお得になることでしょう。

結局どっちがどんなユーザーにオススメなの?

疑問

どっちがどんな人向きなのか、だいたい見えてきたかと思いますので、ここで再度まとめていきます。

三井住友VISAカードは、海外旅行を多くする方、もしくは海外出張を多くされる方、海外からたくさん物を輸入する方などにとっては最高に使いやすく、お得になるカードになります。

海外旅行傷害保険も付帯していて、ショッピング保険も充実しているので、このクレジットカードがあれば、世界をまたにかけて利用できるのです。

したがって、インターナショナルな方向けのクレジットカードと言えます。

三井住友VISA

公式ページはこちら

それに対して、JCBカードは国内旅行を多くする人、国内で出張を多くする方、また、日本国内でお買い物やインタネットショッピングを利用する人にとっては、使い勝手のいいクレジットカードになります。

国内旅行傷害保険も海外旅行傷害保険と同額まで補償してくれて、なおかつショッピング保険や携行品損害においてもしっかりと補償してくれるので、日本在住であれば強い味方になってくれます。

したがって、日本国内に在住する日本人向けのクレジットカードと言えます。

JCbオリジナル

公式ページはこちら

このように三井住友VISAカードとJCBカードにはそれぞれ違う特徴を持っているのです。

メリットも違えば、力を入れているポイントも異なっています。

お得になるポイントも人によってまちまちです。当然、三井住友VISAカードを使う方がお得になる方もいれば、JCBカードを使う方がお得になる人もいます。

どちらがいいか、どちらが劣っているかという視点でみるのではなく、どちらが自分のライフスタイルに適しているかでクレジットカードは選択するようにしましょう。

そうすることで、自分にとって一番お得になるクレジットカードを手に入れることができます。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ