【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


三井住友デビュープラスカードの審査に落ちる原因と対処方法とは?

三井住友デビュープラス1

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報ライターのNAOです!

若い世代から人気を集める三井住友デビュープラスカードですが、審査落ちしてしまうこともあるんです。

審査落ちの原因は?対策はできるのか?徹底調査しました!

三井住友デビュープラスカードは満18~25歳限定で作ることのできる、若い人限定のクレジットカード。

プロパー系列のしっかりしたステータスのあるカードで、国際ブランドも人気のVISA、クラシックカードよりも高いポイント還元率と魅力がたくさんです。

でも、クレジットカードである以上時には審査落ちしてしまうことも。

審査落ちの原因と対策を探りましたので、さっそく紹介します。

Sponsored Links

三井住友デビュープラスカードの審査難易度は?

審査

三井住友デビュープラスカードは満18~25歳限定で作れるカード。

この年齢層は、社会人と学生が混在していますよね。カードの審査難易度は社会人か学生かによって大きく異なるので、分けて紹介したいと思います。

学生で三井住友デビュープラスカードを作る場合

学生

【審査難易度】★☆☆☆☆

学生は学業が本分ですから、年収の低さがハードルになることは極めてまれです。

カード会社としても、満18~25歳限定という条件を作った時点で「学生の申込みが多くなる」と予想済みでしょうから、学生という立場=毎月の収入はアルバイトで稼げる程度の金額、ということをわかった上で審査してくれます。

どちらかというと、問題になるのはカード会社の審査よりも未成年者に求められる親権者の同意の方でしょう。

未成年者はカードの申込み手続きをする際、親権者の同意が必要になりますので、事前にクレジットカードが必要で作りたいということ、きちんと自己管理をして計画的な使用を約束することなどを伝え、同意を得られるように話し合っておきましょう。

社会人で三井住友デビュープラスカードを作る場合

社会人

【審査難易度】★★☆☆☆

満18~25歳という年齢条件では、社会人としても入社後まだ数年の若手が大半を占めるでしょう。

カード会社もその点はわかっていて、勤続年数や年収が問題になるケースは少なく、一般的な企業に勤めていて、年齢と勤続年数に見合った年収さえあれば問題なく審査は通過できるはずです。

 

三井住友デビュープラスカードの審査に落ちる人、通る人、ポイントはどこにある?

悩む

審査通過・審査落ちの鍵「支払い能力」

泥棒

三井住友デビュープラスカードは若い世代に限定したカードなので、特別な高収入や長い勤続年数が求められることはありません。

ただし、そうは言ってもクレジットカードですので、カードで払った分の支払いを遅滞なく行えるだけの能力、つまり毎月の安定した収入と、収入と借金のバランスは審査での最重要項目となります。

審査落ちしてしまうのはこんなケース

まず、会社勤めでない場合には審査が難しくなります。

自営業の場合は収入の安定性が会社勤めの場合と比較して低く見積もられてしまいますので、マイナス査定です。

加えて、支払い能力についてのマイナス査定要素がある場合も審査落ちのリスクです。

具体的には、次のような場合、審査落ちのリスクになります。

  • 過去に支払いを滞納した履歴が信用情報として残っている場合
    (支払いのマネジメントができないと見なされる)
  • キャッシングなどの借金があり、収入とのバランスが良くない
    (借金の返済で手一杯だと、クレジットカードの利用分を支払う能力がないと見なされる)
審査を通過できるのはこんなケース

三井住友デビュープラスカードでは、年代に見合った年収があり、信用情報がクリーンであれば審査通過の可能性は大きくなります。

具体的には、次のようなケースに当てはまれば審査を通過できる可能性は高いでしょう。

  • 会社勤めで、毎月の給料はだいたい同世代と同じくらいだ
  • キャッシングなどの借金は特にない
  • 多少なり貯金がある

 

審査に落ちる主な原因と解決方法!

解決

三井住友デビュープラスで審査落ちしてしまう主なリスクは、紹介した通り、このようなケースです。

  • 過去に支払いを滞納した履歴が信用情報として残っている場合
    (支払いのマネジメントができないと見なされる)
  • キャッシングなどの借金があり、収入とのバランスが良くない
    (借金の返済で手一杯だと、クレジットカードの利用分を支払う能力がないと見なされる)

ケース別に、解決方法を紹介します!

過去に支払いを滞納した履歴がある場合

過去に支払いの滞納があり、それが審査落ちの原因になっている場合は、滞納の履歴が信用情報から消えるのを待つのが一番です。

三井住友VISAカードはCICJICCに加入しており、ここから個人の信用情報を参照していますので、こちらに開示請求を行えば自分で信用情報を確認することも可能です。

過去の支払いの滞納履歴は、通常2年間記録が残ります。

支払いを滞納したクレジットカードをすでに解約済みの場合は5年間情報が残ってしまうため注意が必要です。

場合によっては、滞納の履歴が信用情報から消えるより前に26歳の誕生日を迎えてしまい、三井住友デビュープラスの年齢条件から外れてしまうという場合もあるでしょうが、この場合は有効な手段がありません。

支払いの滞納を起こしてしまってからでは遅いので、日頃から滞納を起こさないよう、支払日と支払い金額をしっかりと自己管理しておくことが何よりの対策になります。

キャッシングなど、借金がある場合

消費者金融などから借金があり、収入とのバランスが取れていないと見なされると審査落ちのリスクになります。

あまり金額の大きくない借金であれば、頑張って完済してからカードの申込みをしてみるとよいでしょう。

ちなみに、自動車ローンは消費者金融からの借り入れとは区別されるため、まとまった金額のローンが残っていたとしてもクレジットカード審査に通る可能性はあると言われています。

 

まとめ

三井住友デビュープラスカードは若い世代のためのクレジットカードなので、若い世代の事情を考えて審査してくれると言われています。

そうは言ってもクレジットカードなので、最低限、収入の安定性、借入金額と収入のバランスがとれいていない場合には審査落ちのリスクにもつながります。

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ