【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【注意】年会費無料クレジットカードの正しい7つの選び方とは?

選ぶ

Sponsored Links

こんにちは、ライターの小林です! さて、今回は年会費無料のクレジットカードであなたに最適な1枚を選ぶ7つの方法をご紹介します。

年会費無料のクレジットカードってたくさんあるけど、一体どのクレジットカードが良いのでしょうか?

数多くある年会費無料のクレジットカードの中でどのカードが自分には合っているのか?

そういった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

今回は年会費無料のクレジットカード選びの注意点クレジットカードを選ぶポイントについてご紹介致します。

Sponsored Links

年会費無料のクレジットカードの盲点!

盲点

年会費無料のクレジットカードは利用するのにお金がかからず、使い勝手がいいように思われがちです。

しかし、実際は年会費無料のクレジットカードには欠点があるのです。

それは、「スペックが低いこと」です!

年会費が無料である分、付帯サービスの面で他のカードに劣ることが多いのです。

年会費無料のクレジットカードであっても、スペックが低ければ、それを補うために複数のクレジットカードを所持しなくてはならなくなります。

カードを複数もつことはメリットもありますが、必要枚数以上に持つことはかえって邪魔でしかありません

ポイントも分散し、お得にならないケースも多くなります。

だからといって、アメックス(アメリカンエキスプレス)のように高額な年会費は払うのは厳しいという人もいます。

そんな方は、「年会費無料かつ高スペックで使い勝手がいいクレジットカード」を手に入れる必要があるのです。

 

正しい年会費無料カードを選ぶポイント!

ポイント

正しい年会費無料カードを選ぶ方法はないのでしょうか?

下記に年会費無料カードを選ぶ時のポイントを7つご紹介していますのでご参照ください。

1、ポイントの還元率が高いこと
2、初年度のみの年会費無料ではないこと
3、割引やサービスが自分にとって優良であること
4、紛失や盗難に対するサポートが付いていること
5、ポイント使用の範囲が広いこと
6、家族カードも無料であること
7、ショッピング保険がついていること

1、ポイントの還元率が高いこと

年会費無料のクレジットカードというのは、「お得さ」がウリなのです。

そういった点から見ると、”ポイント還元率が高い”かどうかというのは一番重視したいところですね。

実は還元の形はポイントだけではなく、代金から割引されるような還元もありますし、旅行などで使えるマイルとして還元されるものもあります。

 

2、初年度のみの年会費無料ではないこと

年会費無料カードの中には、「初年度のみ年会費無料」という、半ばだまし討ちのようなものがありますので、注意が必要です。

これは、2年目からは年会費が徴収されることを意味します。

広告などで「年会費無料」と書いているものを見つけたら、「次年度年会費○○円」というものが小さく横に記載されていないか注意してみてください。

 

3、割引やサービスが自分にとって優良であること

年会費無料のクレジットカードだとしても、割引やサービスが付いていることは当たり前なのですが、注目してほしいのはその割引やサービスが自分に対して優良なものなのかどうかということです。

例えば極端な話ですが、海外旅行を全くしない人が海外旅行保険に特化したクレジットカードを持っていても宝な持ち腐れになるということです。

 

4、紛失や盗難に対するサポートが付いていること

紛失や盗難というものは、自分の意思に反して唐突に発生してしまうものです。

カードが手もとにないのにいたるところで自分の名義で決済されていたら大変ですよね。

紛失や盗難をしたときにしっかりと補償してくれるサポートがついているかどうかも重要なポイントになります。

 

5、ポイント使用の範囲が広いこと

クレジットカードを利用すれば、ポイントが貯まるものが多くなっています。

この貯まったポイントは現金のように使えるものが多いです。

ただ、そのポイントを使用できる範囲が狭かったら、なかなか使用できず貯まるだけのポイントになってしまいます。

 

6、家族カードも無料であること

家族カードも無料でできる方がいいです。

特にこれからクレジットカードを持たれるという若年層のご家族がいらっしゃるご家庭には、この家族カードを利用することで、お金の管理がしやすくなるので使いすぎたりするのを制御することができます。

ちなみに家族カードというのは、本人会員と生計を同一にするご家族(高校生を除く18歳以上)の方対象で、本人会員の登録口座からすべて引き落としがされるものです。

 

7、ショッピング保険がついていること

クレジットカードで購入したものが破損したり、盗難にあったらショックを受ける方も多いかと思います。

年会費無料のクレジットカードでも購入商品に関して補償してくれるものがあるので、備えあれば患いなしという言葉の通り、付いている方が安心です。

 

オススメの年会費無料のクレジットカード

上記のポイントを加味して私がオススメするのは「P-oneカード」です。

「P-oneカード」と言われるとピンとこない方もいらっしゃると思いますが、実は年会費無料のクレジットカードの中ではかなり優秀です。

毎月の支払額から1%自動割引!

2年目以降も年会費は完全無料であるにも関わらず、支払い方法に自由度が高いのです。

月末に最低金額以上の金額であればリボ払いのように月をまたいで返済していくことが可能で、しかもその金額は一定金額以上であれば、自分で自由に決められます。

さらに、P-oneカードは毎月の請求額から「自動1%OFF」という特典があります。

ポイントももちろん貯まり、そのポイントは全国各地で使える「Tポイント」であることもメリットです。

年会費無料のクレジットカードの中では、自由度が高く、なおかつお得な特典も付いていて、しかもショッピング保険もついてくるP-oneが国内で利用するには最適だと思われます

P-one

red bottan

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ