【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


貯金のプロOLが教える!生活費を節約する3つの方法とは?

OL

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報ライターのNAOです!

今回は生活費を節約する方法について紹介したいと思います!

社会人になると、意外と困るのが急な出費。

身内や友人の結婚式、職場の飲み会、デート、プレゼント…

それでも何とかやりくりして、少しずつでも堅実に貯蓄するのが利用ですよね。

生活費を賢く節約して、上手にやりくりする方法をまとめました!

Sponsored Links

生活費を節約する上で、抑えるべき2つのポイント

節約

まずは支出を把握することから

毎月、自分がどのくらいお金をつかっているのか把握していますか?

まずは自分の支出について把握しなければ、節約のしようがありません。現状を把握して対策を立てる意味で、家計簿をつけることは重要なんです。

毎月の支出の総額が分かったら、支出を3つに分類していきましょう。千円単位くらいのざっくりした金額で構わないので、支出を分類して把握しておくと毎月の計画がぐっと立てやすくなります。

  1. 生活するために必須なお金(家賃、水道代などの公共料金、食費など)
  2. 毎月の楽しみのためのお金(被服や書籍、CDや外食代など)
  3. 不定期に発生するお金(医療費、冠婚葬祭のお金など)

大まかに3つに分類して把握しておくだけでも、毎月どこにどのくらいのお金を回せるのかが見えてきます。

生活するために必須なお金絶対に確保しなくてはいけません。毎月の収入から絶対に必須なお金を除いた金額で、毎月のお楽しみのお金と不定期に発生するお金をやりくりして、貯蓄を確保しなくてはいけません。

線引きがあいまいなままだと、ついお金を使いすぎてしまったり、知らず知らずバランスの悪いお金の使い方をしてしまって、後々になって困ってしまうんです。

無理のない節約が重要

無理な節約は、我慢が必要なものです。

ずっと我慢し続けることは不可能で、いずれどこかで不満が爆発してしまいます。

節約するときに重要なのは、我慢しすぎない、無理のない節約を持続させることです。

一見すると、毎月のお楽しみのお金を削ればお金が貯められるように感じますが、削りすぎるのはストレスの元。

また、不定期に発生する医療費や冠婚葬祭のお金は節約すべきではないお金です。

無理なく続けられる節約でターゲットにすべきは、毎月の生活するために必須なお金です。

 

OL向け!生活費を節約するための3つのポイント

OL

節約効果が大きいのは「生活するために必須のお金」のスリム化

節約術の代名詞!無理のない範囲で食費を見直そう

生活するために必須なお金は、毎月コンスタントに発生する費用ですから、節約効果が非常に大きいです。

その代わり、家賃など節約が難しいものもあるので、節約できるところをしっかり節約することです。

具体的には、まずは食費

なるべく自炊の割合を増やして、冷凍保存のきく食材はまとめ買いして冷凍しておきましょう。

ハンバーグやカレー、シチュー、パスタソースなども冷凍保存がききます。

時間に余裕のある時に多めに作っておいて冷凍しておけば、忙しい日でも節約効果の大きい食事を続けることができます。

光熱費の節約も効果大!エアコン代・暖房代を賢くオフ

夏はエアコンを入れないわけにいきませんが、入れていると電気代が…なんてこともありますよね。

サーキュレーターで部屋の空気を循環させて、エアコンの設定温度を少し上げるだけでもエコ。

グリーンカーテンも活用すれば、部屋の温度上昇も抑えられますよね。

クレジットカードを有効活用して、固定費を割り引く!

クレジットカードは浪費のもと、と考えて節約から遠ざけていませんか?

実は、賢く使えばクレジットカードは節約の強い味方です!

毎月発生する生活するために必須のお金の中には、節約するにも限度があるものがあります。

電気代や水道代の公共料金はどう頑張っても限界がありますし、家賃を下げたかったら引っ越すほかありません。

携帯電話の料金も、電話の時間を短くしたり、LINEなどの無料通話アプリで代用したりしても限度がありますよね。

こういった料金の支払いにクレジットカードを利用すれば、利用額に応じたポイントで買い物などができ、節約につながります!

 

始めやすく、長く続く「クレジットカード節約」を始めてみよう

クレカ

節約とはいっても、我慢が先に立ってしまうとなかなか続きません。

だからこそ、真っ先に取り組んでみて欲しいのがクレジットカードの活用なんです!

公共料金・携帯電話の使用料・食料品などの日常の買い物…生活に必須な支払いをクレジットカード払いにしてみましょう。

ただし、カード払いにすることはあくまでも後払いに回しているだけなので、翌月の支払い金額は確実に手元に残しておくことです。

支払いにカードを利用して数ヶ月過ごすだけで、ポイントがしっかりと貯まるはず。

支払いにカードを使うだけで何かを我慢する必要がないので、この節約方法は最も続けやすいです。

節約が楽しくなってきたら、他の方法にもチャレンジしてみましょう。

 

節約向けクレジットカードを選ぶ基準

credit card02

ポイントが便利に使えてしっかり貯まるものを選ぶ

ポイントの使い道が限られていると、せっかく貯めたポイントを有効に活用できず、せっかくの節約も水の泡。

ポイントが他社ポイントに移行できたり、クレジットカードの支払いにポイントを利用できるものを選びましょう。

VISAもしくはJCBブランドを選ぶ

クレジットカードで節約する大前提に「そもそもクレジットカードでの支払いが可能である」ということがあります。

VISA・JCBブランドは国内でも使える店舗が最多クラスなので、ブランドはこの2つから選びましょう。

プロパー系のカードを選ぶ

流通系カード・提携カード(特に航空会社との提携)はサービス内容が変更・中止となる可能性も否定できません。

一方のプロパー系カードは、今後もサービスが継続されるという信頼があります。

 

三井住友VISAアミティエで楽な節約を始めよう

三井住友VISAアミティエ
お申込みb

クレジットカードで節約したい女性にオススメなのは三井住友VISAアミティエカード

女性だけ入会資格を持つこのカードは、ベーシックな三井住友VISAクラシックカードよりお得で節約向けなんです。

  • 携帯料金の支払いに利用して、カードご利用代金WEB明細書サービスに登録すれば携帯料金分のポイントが2倍!
  • 貯めたポイントはWAON、nanaco、Suicaポイント、dポイント、au Walletポイント、楽天スーパーポイントなどに移行可能!スーパーでのお買い物からコンビニ利用、交通費にも使える
  • マイ・ペイすリボに登録して年1回以上のカード利用で年会費無料

といったように、お得なポイントがぎゅっと詰まっています。

基本のポイント還元率は0.5%ですが、携帯料金の分は1%還元にできますし、毎月41,667円以上(年間50万円以上)の利用があればボーナスポイントも取得できるので、実質的にはさらに還元率が上がり、節約効果がアップします!

 

まとめ

楽な節約ほど長く続くもの。支払いをクレジットカードをするだけなら楽なので、圧倒的な続けやすさがあります。

一部の不動産会社では家賃の支払いでクレジットカードが使えることも。金額が大きいだけに、節約効果も大です!

三井住友アミティエ

お申込みb

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ