【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


ポイント高還元率クレジットカードの正しい7つの選び方とは?

選ぶ1

Sponsored Links

こんにちは、ライターの小林です!

ポイント高還元率だからって本当にお得で使えるカードとは限りません。

そこで今日は高還元率クレジットカードの正しい7つの選び方をご紹介します。

『ポイント高還元率のカードを探しているけど、結局どのクレジットカードを選べば良いんだ?』、と迷ってしまいますよね。

そんな方のお悩みを解決するため、今回は高還元率のクレジットカード選びのポイントについてまとめてみました。

 

ポイント高還元率のクレジットカードを作る際に気をつけるべきこと

注意

クレジットカードの中でポイントの高還元のものを選ぶことは大事なことなんですが、実は還元率だけで判断してクレジットカードを選ぶと、「落とし穴」にはまってしまう可能性があるので注意が必要です。

高還元率でも使い道がマッチしてなければゴミカードに!

落とし穴というのは、高還元率というだけで実際は使い物にならないクレジットカードであるということです。

実は世の中にはこういったクレジットカードが結構あるのです。

高還元率」「ポイント○倍」という、うたい文句で会員数を増やしているところは要注意です。

ポイントがたくさんたまったとしても、利用しにくいポイントであれば全く意味がありません

使い道が豊富な高還元率カードを選ぼう!

具体的に言うと「Tポイント」や「リクルートポイント」など、加盟店が多いポイントに還元できるものを選ばないと、ただただポイントが貯まるだけのクレジットカードになってしまいます。

初めてクレジットカードを作るという方は特に、「どこに還元されるのか」、また「還元先が利用しやすいものになっているのか」、この二点に注目してカードを選んでください。

 

ポイント高還元率カードを選ぶ7つのポイント

ポイント

ポイント高還元率のクレジットカードを選ぶとき、どういう点に注目したらいいのか、具体的に下記に7つ挙げていますので、ご参照ください。

1、還元率が高いこと

当たり前ですが、還元率が低いものはそれだけ利用者にとっての「得」がないということになります。

しっかりと使った分だけ自分に返ってくるものを選ぶ必要があります。

そのためにもこの「還元率」という数字は最重要で見る必要があります。

そして、少しでも高いものを選ぶことをお勧めします。

2、還元先が利用しやすいものになっていること

還元率が高くても、還元先が使い勝手の悪いものでしたら何の意味もありません。

先ほども述べた通り、ただただポイントが貯まるだけで、一切得にはなりません

還元先に自分がよく利用するものがあるかをよく見てください。

例えば、仕事の出張でよく飛行機を使う人はマイルに変換できると便利ですし、ファミリーマートが家の近所にあるのであればTポイントに変換できると便利です。

その人の状況によって何が便利かは異なってきますので、自分の日常生活において利用しやすい還元先であるかどうか考えて選んでください。

3、高還元率が入会直後だけではないこと

高還元率が入会数か月後までと決められているものが良くあります。

確かに一見お得ではありますが、大事なのはその期間後にどれだけの還元率になっているかです。

お得な期間の広告に惹かれて契約したが、期間過ぎたら何のメリットも感じられなくなったという人が結構いますので注意しましょう。

4、複数のブランドから選べること

基本的には海外でも使えるように世界的に加盟店が多いブランドのもを選びましょう。

また、選択できるようなクレジットカードを持つようにしましょう。

個人的には、VISAMasterCardJCBといったブランドを選択できるようなところと契約することをお勧めします。

5、付帯サービスが自分にとってお得になること

ほとんどのクレジットカードには付帯サービスというものが付きます。

たとえば、海外旅行保険や飲食店の優待といったものです。

自動車の運転免許を持っていない人がレンタカー割引の付帯サービスがあっても扱いきれませんよね。

付帯サービスが自分の日常生活と照らし合わせてマッチするかをイメージすることは大事なことです。

6、還元率に関しての条件がシンプルであること

還元率の条件設定が細かすぎるものがあります。

「~という条件を満たしている方は、○○が適用され、、、」といったものです。

これはクレジットカード会社がよく仕掛ける手法で、「高還元率」と謳っておいて利用者に対してあえてわかりにくい条件を設けて還元率を下げさせることを目的としています。

還元率の条件設定がシンプルなものを選びましょう。

7、年会費が高すぎないこと

年会費が高かったら、還元率が高くてもお得にはならないですよね。

むしろ年会費のためにポイントを使っているようなもんです。

極力年会費がかからないものを選択することをオススメします。

オススメする高還元率カード

1位

では、上記のようなことも考慮すると、一体どんなカードが良いのでしょうか?

数多くある高還元率カードの中で、私がオススメするのは「P-oneカード」です。

P-oneカードは知名度はあまりありませんが、「還元率の高さ」、「ポイント利用のしやすさ」という点でみると、圧倒的に他のカードより優れているのです。

P-oneカードには「自動1%OFF」という特典がついています。

決済金額の1%が常に割り引かれるサービスになります。

それとはまた別で、0.5%のポイント還元がされます。

なので、ポイント還元率でいえば1.5%まで引きあがるのです。

そして、入会後6か月以内はポイントが3倍になります。

ということは上記の条件も合わせると、最初の6か月の還元率は2.5%(1%割引+0.5%×3のポイント還元)とズバ抜けて高い数字になります。

そして、最大のメリットはここで貯まったポイントが「Tポイント」であることです。

TポイントはTSUTAYAのレンタルだけでなくコンビニでも飲食店でもネットショッピングでもいたるところで利用できます。

加盟店は今ものすごい速さで増えてきていますので、今後さらに使いやすさが増していくでしょう。

高還元率のクレジットカード狙いの方は「P-oneカード」がオススメです。

P-one

red bottan

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ