【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【注目】楽天カードの支払い遅れや延滞をした場合の手続き方法とは?

驚く

Sponsored Links

楽天カードを利用されていらっしゃる方も多いかと思います。そんな利用者の中には支払いの遅れや延滞をしている人、もしくは過去してしまったという人もいるかと思います。

今回はそんな方に向けて、楽天カードにおける支払い遅れや延滞をした場合の手続き方法についてご紹介致します。

支払い遅れと延滞は信用情報にどう影響する?今後どんな流れで事が進むの?

楽天カード

①支払い遅れの場合

支払い遅れの場合は、当然ながら信用情報は悪くなります。

credit(クレジット)は日本語で「信用」という意味である、ということをしっかりと理解していればすぐわかるか話だと思います。

そもそも、クレジットカードというのは、クレジットカード会社があなたから後で支払われるということを信じて、あなたの代わりに代金を立替ているわけです。

支払いが遅れるということは、代金を支払っていないのに、物が手元にある状態になります。きつい言い方になりますが、詐欺や万引きとさほど変わらない状態だと言えます。

詐欺や万引きと変わらない状態を作り出しているわけですから、信用情報は悪くなっていくわけです。支払いを促すハガキや電話が楽天カード側から来ます。そして新たに支払い期限が設けられます。

新たに設けられた支払い期限に間に合うような形で支払いを済ませれば遅延扱いになり、信用情報は傷つけられないですむ場合があります。

→支払い遅延と延滞は何が違うの?

②支払い延滞の場合

支払い日に指定の銀行口座から請求金額分引き落としがかからなかった場合で、なおかつ新たな支払い期限にも支払いがなかった場合は延滞扱いになります。

楽天カードから届いたハガキを無視しないでください。そのハガキにはバーコードがついており、コンビニや銀行で直接支払いをすることが可能になっているからです。支払い期日が過ぎてもそのバーコードは使用できます。

ハガキにはいつまでに入金するように期日が明記されており、その期日を一日でも過ぎた場合は、延滞になりますが、連続して延滞していなければ信用情報に傷がつかない可能性は十分にあります

ちなみに、年利14%ほどの延滞料金が発生する可能性があります。

そしてある一定の期間経っても支払われていない状況が続くと、強制解約になります。

ここまでくると、確実に信用情報は黒だと認識されます。信用情報に傷がつくのは必然になります。

 

すべてを無視するとどういう結末が待っているの?

自殺

支払いのお知らせなどをすべて無視した場合どうなるのでしょうか。

まず、強制解約されます。それと同時に当然ながらブラックリストに名前が登録されることになります。

一度信用情報に傷がつくと、たとえ傷がついてからすぐに完済したとしても、向こう5年間は信用情報は回復しません

審査状況で「信用できない」というレッテルが貼られている間は住宅ローンはもちろん、新しくクレジットカードを作ることも不可能だと思ってください。

月賦もできなくなるので、携帯電話などの購入時にも一括で支払わなければならなくなります。

 

最悪の事態を避けるための最善の手続き手順は?

ng

最悪の事態を避けるためにはどういった手続きを行えば良いのでしょうか。

楽天カードの場合、リボルビング払いが可能になります。

リボルビング払いとは、カードの支払を一定金額に抑えて少しずつ返済していくサービスのことを言います。

例えば、20万円の支払いを請求されている場合だったとしても、リボ払いに切り替えることで、月3万ずつの返済と設定さえすれば、月3万ずつ支払っていくような形式にできるということです。

あくまで返済を先延ばしにしているだけなので、請求金額そのものが安くなるわけではありませんので気を付けましょう。ただ、支払いが一時的に厳しい時には、リボ払いがかなり強い味方になってくれます。

支払いが厳しいときの最善策であるこのリボ払いにも唯一気を付けなくてはならない点があります。それは、延滞が確定してしまった後には利用できないということです。

このままだと延滞になりそうと感じたタイミングで切り替えの手続きをしなければなりません。支払いが遅れてハガキが届いた後にリボ払いに切り替えようとしても手遅れで、為すすべなくブラックリストに登録されてしまいます。

 

多重債務者には「おまとめローン」がオススメ

おまとめローン

またクレジットカードを複数枚、持っていらっしゃる方もいるかと思います。そしてそれらのクレジットカードの支払いがすべて延滞の状況にあるといった場合どうしたらいいのでしょうか。

多重債務の額が大きすぎて、もうどうすることもできないという方は最終手段で、弁護士に相談して債務整理を行うと良いでしょう。

まだ何とか自力で頑張れそうな額だと考える方にオススメできる対策としては「おまとめローン」の利用になります。

おまとめローンとは、多重債務者の方がたくさんのクレジットカード会社に対して支払わなければならない代金を立て替えくれ、返済先を一か所にまとめることができるシステムのことを言います。

言い換えると、多重債務者向けの借り換えローンです。返済先を一本化することによって、金利と毎月の返済負担を低くしてくれます。

金利はクレジットカード会社によって異なりますが、複数社から金利を取られていれば、当然ながら損をすることになります。したがって、これ以上経済的にマイナスを生まないためにも、多重債務者の方はおまとめローンを利用して、一本化したほうが良いのです

▶︎当おすすめのおまとめローンはこちら

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ