【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【最新2016年版】話題のリクルートカードのランキングは何位?

リクルートカード

Sponsored Links

こんにちわ!ライターのコバヤシです。

今回は話題のリクルートカードについてご紹介致します。高還元率で有名なカード三枚とともにランキング形式でまとめました。

リクルートカードを含むランキング

1位リクルートカード
リクルートカード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が2%と高還元率
・リクルート系列のサービス代金をポイントを利用して支払うことができる
・貯まったポイントはPontaポイントに変換することも可能
デメリット
・リクルート系列のサービスでのメリットに特典がかなり偏ってる
・年会費が2000円(税抜)かかる
・マイルが貯まらない
2位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が1%で、ポイント倍増のボーナスが多い
・インターネットショッピングやネットで旅行を申し込むときに還元される特典レベルが高い
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・利用明細を出すのが有料
・ETCカード発行の際は有料になる
・楽天系列のサービスでのメリットに特典がかなり偏ってる
3位P-oneカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・基本還元率の0.5%と請求金額の1%割引サービスが合算できる
・1%割引サービスが公共料金にも適用される
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・旅行傷害保険が付帯されていない
・ETCカード発行の際は有料になる
・100円未満が切り捨てられる

Sponsored Links

リクルートカードプラスはどんなカードなの?

女性はてな

リクルートカードってよく聞くけど、一体どんなスペックのカードなのか知りたいという方もいらっしゃるかと思いますし、リクルートカードプラスをもつメリットなどを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

また、他のカードと比較してみてみて、ランキングなどを作成した場合、リクルートカードは何位に位置づけられるか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

確かにリクルートカードはよく聞いてもリクルートカードのスペックやメリットというものを掲載しているサイトは多くはないです。

今回はリクルートカードについて知りたいと思っていらっしゃる方に向けて、他のクレジットカードなどと、比較したうえで最高の一枚のカード選ぶ基準についてご紹介致します。

他のカードと比較したうえで最高の一枚のクレジットカードを手に入れるための基準

ポイント①:還元率が高いかどうか

ポイント②:特典やサービス内容が自分のライフスタイルに合っているかどうか

ポイント③:ポイントの還元先の幅が広いかどうか

 

簡単比較表

評価 1位リクルートカード 2位楽天カード 3位P-one Wizカード
券面 リクルートカード  楽天カード p-one
年会費
ポイント還元率
 人気度
利便性 
特典 
 サービス
 知名度

基本スペックを比較してみよう!

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名  リクルートカード  楽天カード  P-one Wizカード
券面 リクルートカード  楽天カード  p-one
年会費  2000円(税抜)  0円  0円
ポイント付与  1000円=20ポイント  1000円=10ポイント 1000円=10ポイント
ポイント還元  2%  1% 0.5%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 3,000万円  2,000万円 なし
治療費用(傷害・疾病)
100万円  200万円  なし
損害賠償
 2,000万円  2,000万円  なし
携行品損害
 100万円  20万円  なし
救援者費用
100万円 200万円 なし
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 3,000万円  なし  なし
入院・通院
なし  なし なし
マイル移行 なし  ANA なし
ショッピング保険 200万円  なし  50万円
 ブランド  JCB VISA MasterCard JCB VISA MasterCard JCB
 ETCカード  あり  あり  あり

この3枚のクレジットカードの魅力はなに?

私がリクルートカードを1位に選んだ理由

リクルートカード

リクルートカードは還元率の高いとされるクレジットカードの中でも最高峰のクレジットカードになります。基礎還元率が2%もあるクレジットは他にありません。

リクルートは様々なサービスを提供している日本屈指の大企業です。美容業界、飲食業界をけん引する「ホットペッパー」をはじめ、「ポンパレモール」というインターネットショッピングのモール、「じゃらん」といった旅行情報雑誌や旅行サイトなど、幅広くのサービスを展開しています。

そのため、リクルートポイントはポイントの使い道が豊富です。自分の使いたい分野に使いたい分だけポイントを利用することができますので、ポイントを無駄なく活用することができます。

楽天カードも同様にポイントを貯めやすいカードではありますが、リクルートカードほどの還元率はなく、ショッピング保険も使わないため、安心面やスペックの面でもリクルートカードの方が一枚上手のクレジットカードと言えます。

リクルートカード

公式ページはこちら

 

私が楽天カードを2位に選んだ理由

楽天カード

楽天カードもリクルートカードと同様で、ポイントを上手に利用できるクレジットカードになります。還元率は1%とそこそこではありますが、キャンペーンなどで得られるボーナスポイントが群を抜きます。

楽天も「楽天市場」というインターネットショッピングの王様ような巨大マーケットを背景に、旅行関係の情報に特化した楽天トラベルやネットバンキングをけん引している楽天銀行など、さまざまな分野に展開をしている大企業になります。

しかし、年会費が無料ということもあり、リクルートカードに比べるとスペック面で劣ります。よって、第二位のカードという位置づけになります。

楽天

公式ページはこちら

 

私がをP-one Wizカード3位に選んだ理由

P-oneカード

P-one Wizカードは基本還元率は0.5%と低めではありますが、「自動1%OFF」というサービスがあるため、合計すると還元率1.5%のクレジットカードになります。

この自動1%OFFというサービスは公共料金も対象になるため、普段必ず支払わないといけない経費から直接1%割り引いてくれるので、かなりお得なクレジットカードになります。

しかし、リクルートカードはもちろん、楽天カードよりも圧倒的に基礎スペックが低いため、利便性や安全面からみても、上記の二枚には勝てません。したがって第三位になります。

P-one

公式ページはこちら

 

リクルートカードは今何位?

1位リクルートカード
リクルートカード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が2%と高還元率
・リクルート系列のサービス代金をポイントを利用して支払うことができる
・貯まったポイントはPontaポイントに変換することも可能
デメリット
・リクルート系列のサービスでのメリットに特典がかなり偏ってる
・年会費が2000円(税抜)かかる
・マイルが貯まらない
2位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・還元率が1%で、ポイント倍増のボーナスが多い
・インターネットショッピングやネットで旅行を申し込むときに還元される特典レベルが高い
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・利用明細を出すのが有料
・ETCカード発行の際は有料になる
・楽天系列のサービスでのメリットに特典がかなり偏ってる
3位P-oneカード
P-oneカード

公式ページはこちら

メリット
・基本還元率の0.5%と請求金額の1%割引サービスが合算できる
・1%割引サービスが公共料金にも適用される
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードを持てる
デメリット
・旅行傷害保険が付帯されていない
・ETCカード発行の際は有料になる
・100円未満が切り捨てられる

この記事と良く一緒に読まれている記事はこちら

▶︎お得にポイント交換ができる人気クレジットカード比較ランキング!
▶︎社会人が選ぶ!人気の年会費無料クレジットカード比較ランキングは?
▶︎【社会人おすすめ】人気の高還元率クレジットカード比較ランキング!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ