【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


社会人なら知るべきクレジットカードの正しいサインの書き方とは?


Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

今回は社会人なら知るべきクレジットカードの正しいサインの書き方をご紹介します。

社会人になったらクレジットカードを持つことで大人としての実感を得たいものですが、使うときにスマートに振る舞えないと余計にカッコ悪く見えてしまいます。

クレジットカードを使いこなすには、まずはサインの書き方から始めましょう。

クレジットカードのサインは、自分のお金を守るためにも非常に大切なものです。

サインの重要性と意味、間違った使い方でのリスクについて考えてみましょう。

Sponsored Links

ありがちな誤ったサインの書き方とリスク

困る

クレジットカードのサインのミスは、ついやってしまいがちなものもありますが、大きなリスクを持つ場合も少なくありません。

サインのミスで、クレジットカードが不正に使用されたり、カードを使えなくなってしまうこともあります。

こうしたミスは、初心者にありがちで、サインとクレジットカードの重要性を知らないために起こります。

クレジットカードは便利で危険

危険

クレジットカードは、それ一枚で決められた限度額までなら自由にショッピングが楽しめるものです。

現金を所持していなくても、現在資金が乏しくても、カード会社が代金を代わりに支払っておいてくれるシステムになっています。

その使い方は、買い物する時にクレジットカード本体を提示して、店から渡された伝票にサインを書くだけという簡単なものです。

便利ではありますが、使い方が簡単なあまり、気を抜くと重大な間違いも起こりえます。

クレジットカードの署名忘れは最大のリスク

自殺

クレジットカードのサインのミスで最も避けるべき事態は、最初にカードが送られてきた時に裏面にサインを書き忘れるというものです。

万が一そのまま他者に渡れば、その人が勝手にサインをして買い物をしてしまうことだってできるのです。

これはもちろん犯罪ですが、裏面にサインを書き忘れた所有者の責任は免れません。

クレジットカードのサインと伝票のサインが合っていれば誰も気づくことはできないでしょう。

この場合には、見知らぬ他人の利用によって莫大な借金が発生したり、カードの利用自体ができなくなることもあります。

不正使用を促すようなミスだけは、何としてでも避けることが必要です。

クレジットカードでよくあるミスは危険?

セキュリティ

クレジットカードの裏面にサインを終えたら、やっと外に持ち出してショッピングが楽しめます。

ここでも初めのうちは慣れずにミスを犯してしまう人は多いものです。

悪気はなくてもやってしまう、よくある間違った使い方のリスクも知っておきましょう。

①裏面のサインを水性ペンで書くor書き損じたので消す

裏面のサインが書けたとしても、水性で書いてしまった、という場合には消えやすいため再び不正使用のリスクが高くなります。

クレジットカードのサインは、油性ペンが絶対条件です。

また、書き間違えた場合には修正ペンなどを使ってはいけません。

修正ペンを使っても良いのであれば、いくらでも不正使用ができることになってしまいます。

軽微な間違いであればそのままのサインを使うこともできますが、大きく間違えてしまった場合には再発行してもらいましょう。

再発行は有料となります。

ちなみにサインの名前は、正式な本名でなくても認められることが多いので、同じサインを伝票に書けるなら書き損じでも別に問題はありません。

②伝票へのサインの書き間違い

クレジットカードに慣れない人がやりがちなのは、ショッピングなどで利用する際に伝票のサインをクレジットカード裏面とは違う書式で書いてしまうというミスです。

漢字で裏面にはサインしたのに伝票にローマ字で書いてしまった、旧姓のカードをそのまま使っていて変更後の姓を書いてしまった、などのケースです。

旧姓と新姓のミスは、カード初心者だけでなく新婚さんにもあります。

こうしたミスは、どちらかといえば「許されることの多い」ミスです。

カード利用時の伝票のサインは、通常はあまり厳しくチェックされません。

不正利用を契約者が訴えた時などにサインの整合性の有無が重要となるだけです。

もちろん、間違わないように注意することは必要ですが、やってしまったからといってすぐに悪いことがあるとは言えません。

 

社会人なら知っておくべき正しいクレジットカードのサイン方法

ポイント

クレジットカードのサインの大切さを重んじ、正しいサインの方法を知っておくことは、社会人としての常識です。

サインは正しく丁寧に。

カード裏面も、ショッピングの都度に書く伝票のサインも同じことです。

カード裏面の正しいサイン方法

カード裏面は、ツルツルとした材質でペンが使いにくくなっています。

署名欄だけは、他の部分よりはマシになっていますが、油断すると滑ることもあるでしょう。

書体は漢字や平仮名、カタカナ、ローマ字と自由ですが、自分の書きやすいモノを選ぶと、書き損じと伝票へのサイン間違いを防ぐことができそうです。

漢字など画数が多いものは、太めの油性ボールペンが書きやすいでしょう。

画数が少ないものであれば、細めの油性サインペンやマジックペンも使えます。

枠の外やセキュリティコードの数字に文字が掛からないようにはっきりと分かりやすく書ければベストです。

伝票のサインを正しくスマートに

伝票にサインを求められた場合にサラサラと素早く書こうとする人が多いのですが、ここでもスピードよりも分かりやすさを重視した方が安全です。

乱れた文字でも多くの店では見逃してくれますが、海外では注意が必要です。

漢字のサインを使った際にはパスポートのサインと見比べられることもあり、そこであまりにも違いがあると不正使用の疑いをかけられることになりかねません。

スピーディなサインはカッコ良さそうに感じますが、見にくくては意味がありません。

本当の大人のカッコよさは相手を困らせない思いやりを伴っているはずです。

クレジットカードのサインと暗証番号の違いと正しい使い方とは?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ