【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【2016最新】審査が厳しい社会人向けクレジットカードランキングTOP5

ブラックカーど

Sponsored Links

こんにちは!ライターの小林です。

今回は審査が厳しい社会人向けのクレジットカードについてランキング方式で5つご紹介致します。

審査が厳しいクレジットカードランキング

1位アメリカンエキスプレス・センチュリオンカード
アメリカンエキスプレス センチュリオン
メリット
・世界最高峰のステータス性を手に入れられる
・利用制限がない
・店の予約など、秘書の代わりになるコンシェルジュがつく
デメリット
・年会費が35万円かかる
・芸能人やスポーツ選手、事業主などの「年収1億円プレイヤー」でないと持つことが難しい
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない
2位SBIワールドカード
sbi world
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・ポイントの還元率が高い
・銀行口座が最大5つまで設定可能、毎月の支払日や支払金額も自由に決められる優れた決済機能が付いている
デメリット
・年会費が15万円かかる
・ステータス性が高いため、窃盗やスキミングなどの犯罪に巻き込まれやすくなる
・決済ブランドがマスターカードのみ
3位ダイナースクラブ・プラチナムカード
ダイナースプラチナム
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・高級レストラン1食無料やホテル1泊無料など優待が手厚い
・コンシェルジュの対応が良い
デメリット
・年会費が13万円かかる
・決済ブランドの利便性という視点からみると、VISAに劣る
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない
4位:スルガ Visa Infinite
スルガ Visa Infinite
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・1つの島をまるごと貸切ツアーへの参加権がある
・高級車のレンタルが可能
デメリット
・年会費が12万円かかる
・スルガ銀行の上顧客にならないと手にい入らない
・場合によっては嫌みや自慢に思われることがある
5位:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメックス プラチナ
メリット
・世界最高峰のプラチナカードというステータス性を手に入れられる
・プライオリティ・パスへの登録(プレステージ会員)は、家族会員も無料で登録することが可能である
・有名ホテルの1泊無料宿泊券が付いてくる
デメリット
・年会費が13万円かかる
・最初にゴールドカードを取得し、継続して利用実績を積み上げる必要がある
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない

Sponsored Links

ブラックカードの情報って少なくない?!

審査が厳しいクレジットカードにはどんなものがあるのか知りたいという方や、審査がないクレジットカードがあると聞いたことがあるが、それはどんなカードなのかわからないという方もいます。

また、ブラックカードがステータス性が高いのは知ってるが、どのブラックカードがいいのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

確かにステータス性が高くなればなるほど、ユーザー数が少なくなるので、情報量がどうしても少なくなりがちですよね。

今回は、そういった審査が厳しいカードについてのお悩みを解決する質の高い情報をご紹介いたします。

審査の厳しいクレジットカードを選ぶときの基準

ポイント①:利用額によってインビテーションされる確率があがるので、自分が利用しやすいものを選ぶ

ポイント②:年会費が負担にならないものを選ぶ

ポイント③:特典の内容と自分のライフスタイルを照らし合わせて合うものを選ぶ

簡単比較表

評価 1位AMEX・センチュリオン 2位SBIワールド 3位ダイナースクラブ・プラチナム  4位:スルガ Visa Infinite 5位:AMEX・プラチナ
券面 アメックスセンチュリオンカード SBIワールドカード ダイナースクラブプラチナムカード スルガVISA アメックスプラチナ
年会費レベル
ポイント還元率
ステータス性 
人気度 
審査の難度 
特典 
優待 
利便性 

基本スペック比較表

評価 1位AMEX・センチュリオン 2位SBIワールド 3位ダイナースクラブ・プラチナム  4位:スルガ Visa Infinite 5位:AMEX・プラチナ
券面 アメックスセンチュリオンカード SBIワールドカード ダイナースクラブプラチナムカード スルガVISA アメックスプラチナ
年会費   35万円  15万円  13万円  12万円  13万円
 空港ラウンジサービス  あり  あり  あり  あり  あり
海外旅行傷害保険   1億円  1億2000万円  1億円  1億円  1億円
国内旅行傷害保険   1億円   1億2000万円  1億円  5000万円  1億円
利用限度額   なし  なし  なし  なし  なし
 入手方法  招待性  招待性  招待性  招待性  招待性
ポイント有効期限   なし  1~2年  1~2年  1~2年  最大3年間
家族カード 無料 無料 無料 無料 4人まで無料

この5枚の魅力とは?

私がアメリカンエキスプレス・センチュリオンカードを1位に選んだ理由

アメリカンエキスプレス センチュリオン

アメリカンエキスプレス・センチュリオンカードは世界最高峰のクレジットカードで、手に入れられるものなら誰もが手にしたい、ステータス抜群のクレジットカードになります。保険などの補償額においてもこの一枚があればすべてに対応できます

そのため審査は厳しく、ゴールドからプラチナ、プラチナからインビテーションされて初めて持つことが許されているくれじっとカードになります。

噂では年間で億の利用がある場合に招待状が届くという説があります。

SBIワールドカードやダイナースクラブ・プラチナムカードよりも圧倒的に高い年会費からみてわかる通り、ステータス性においてはこのカードに勝るものはありません

このカード1枚で億ションを1棟丸ごと購入することも可能だとか。

とにかく、招待されるためには今のうちからAMEXゴールドカードを利用しておくことが第一歩と言えるでしょう。

アメリカンエキスプレスゴールド

 

私がSBIワールドカードを2位に選んだ理由

sbi world

マスターカードの頂点であるSBIワールドカード

このカードは銀行口座を5つ設定することができ、支払い日や支払い期日を自由に選択できるというメリットを見てわかる通り、社会的に信頼を得ている人しか扱うことができません。

そのくらいのハイステータスなクレジットカードになるということです。審査も厳しめです。正確に言うと、インビテーション性のため、カード会社が定めているある一定の基準を超える高所得者しかもつことができません。

年会費という面でみれば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードよりも下回るため、ステータス面では2位に選出されました。

 

私がダイナースクラブ・プラチナムカードを3位に選んだ理由

ダイナースプラチナム

アメリカンエキスプレスと同様、ステータス性の高いブランドであるダイナースクラブのプラチナムカード

このクレジットカードも高級レストランや高級ホテルの代金が無料になるような優待サービスが付随していて、ラグジュアリーな特典が付いてきます。

このカードもアメリカンエキスプレス・センチュリオンカードやSBIワールドカード同様、審査が厳しいです。審査という概念そのものがなく、インビテーション性で、ある一定の基準を満たした人しか手にすることができないブラックカードです。

ダイナースクラブそのものに通じますがアメリカンエキスプレスやマスターカードよりも利用できるお店が少ないため、すこし利便性に欠けるのが弱点です。その点では、アメリカンエキスプレス・セチュリオンカードには劣ります。

 

私がスルガ Visa Infiniteを4位に選んだ理由

スルガ Visa Infinite

VISAカードの最高峰であるスルガVISA Infiniteカード。このカードは静岡にあるスルガ銀行が発行しています。確定申告サービスやメディカルサポートなど、サービス面においてかなり充実しているクレジットカードになります。

審査においても他のブラックカード同様、インビテーション性のため、特別に認められた人しか持つことができません。そういった意味ではかなり審査が厳しいです。

年会費も12万円と他の外資系ブランドのブラックカードと比べても遜色ありません。しかし、やはりステータス性においては、アメリカンエキスプレス・セチュリオンカードやダイナースクラブ・プラチナムカードには劣るので、この順位になります。

 

私がアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを5位に選んだ理由

アメックス プラチナ

アメリカンエキス王レス・プラチナカードはアメリカンエキスプレスの中では、セチュリオンカードの次にステータスの高いカードになります。

このプラチナカードもインビテーション性のため、審査は厳しいと言ってよいでしょう。

基本的にはアメックスのゴールドカードとさほどかわりがないスペックです。サービス面も上記の四枚より落ちる形になりますので、5位という順位になります。

 

アメリカンエキスプレス・センチュリオンカード
アメリカンエキスプレス センチュリオン
メリット
・世界最高峰のステータス性を手に入れられる
・利用制限がない
・店の予約など、秘書の代わりになるコンシェルジュがつく
デメリット
・年会費が35万円かかる
・芸能人やスポーツ選手、事業主などの「年収1億円プレイヤー」でないと持つことが難しい
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない
2位SBIワールドカード
sbi world
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・ポイントの還元率が高い
・銀行口座が最大5つまで設定可能、毎月の支払日や支払金額も自由に決められる優れた決済機能が付いている
デメリット
・年会費が15万円かかる
・ステータス性が高いため、窃盗やスキミングなどの犯罪に巻き込まれやすくなる
・決済ブランドがマスターカードのみ
3位ダイナースクラブ・プラチナムカード
ダイナースプラチナム
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・高級レストラン1食無料やホテル1泊無料など優待が手厚い
・コンシェルジュの対応が良い
デメリット
・年会費が13万円かかる
・決済ブランドの利便性という視点からみると、VISAに劣る
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない
4位:スルガ Visa Infinite
スルガ Visa Infinite
メリット
・ブラックカードという圧倒的なステータスを手に入れられる
・1つの島をまるごと貸切ツアーへの参加権がある
・高級車のレンタルが可能
デメリット
・年会費が12万円かかる
・スルガ銀行の上顧客にならないと手にい入らない
・場合によっては嫌みや自慢に思われることがある
5位:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメックス プラチナ
メリット
・世界最高峰のプラチナカードというステータス性を手に入れられる
・プライオリティ・パスへの登録(プレステージ会員)は、家族会員も無料で登録することが可能である
・有名ホテルの1泊無料宿泊券が付いてくる
デメリット
・年会費が13万円かかる
・最初にゴールドカードを取得し、継続して利用実績を積み上げる必要がある
・インビテーション制であるため、自ら申し込みができない

高ステータスカード関連記事はこちら

社会人向けクレジットカードの審査難易度比較ランキングTOP3!

海外でも通用する高ステータスクレジットカード比較ランキング!

社会人におすすめの高ステータスクレジットカード比較ランキング!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ