【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【新卒社会人必見】初めて持つ銀行口座とクレジットカードの指南書!

指南書

Sponsored Links

こんにちは、社会人クレジットカード比較情報ライターのNAOです!

今回は銀行口座・クレジットカードを初めて持つ時、後悔しないためのアドバイスを紹介します!

社会人になって初めてクレジットカードを持つようになる人が非常に多いです。

ただ、日本の現状としては、クレジットカードについて勉強するチャンスが少なく、何となく「社会人になったし、作ろうかな」という軽い気持ちで作ってしまうことが少なくありません。

そのため、本当に自分に合ったカード選びができず、実際にカードを使い始めてから後悔することも多いんです。

できるなら、自分にベストマッチのカードを作りたいものですよね。初めてクレジットカードを作るときのコツとは何なのでしょうか。

Sponsored Links

初めてのクレジットカード・銀行口座で、知らないうちに損しないためには

損

新卒社会人になると絶対に必要になるのが銀行口座!給与の振込先として、就職後すぐに会社に口座情報を渡さなくてはいけません。

とはいえ、学生のうちから銀行口座を作っていた、という人も多いことでしょう。

一方で、クレジットカード社会人になってから初めて作るという人が多いです。

銀行口座と比べてクレジットカードは仕組みが色々と複雑。何となくでカードを作ると、知らないうちに損してしまっているかもしれませんよ!

ケース1:知らない間に銀行口座の取り扱い手数料で損している

手数料

銀行口座では、指定時間以外に利用すると時間外手数料が、指定のATM以外で利用すると取り扱い手数料が発生します。

108円/回や216円/回の手数料が一般的ですよね。

日中仕事をしている社会人にとって、ATMを使う主な時間帯夜か土日、つまり時間外手数料が発生する時間帯です。

仮に月3回ATMから現金を引き出したとして、1回の手数料が108円とすると毎月108×3=324円、年間では実に3,888円もの手数料を払うことになるんです!

ところが!銀行が発行しているクレジットカードなら、クレジットカードと銀行口座をセットで持つことで手数料が無料になる場合があるんです。

つまり、銀行口座とクレジットカードの選び方を工夫するだけで、年間数千円の節約になるんです!

ケース2:きちんと理解しないでリボ払いを使うと大損?

落ち込む

クレジットカードの支払い方法の1つに「リボ払い」があります。

リボ払いとは、クレジットカードで高額な買い物をした時、毎月の支払い額を一定にできるサービスで、支払いが分割できて毎月の支払いの負担が軽くなり、金銭的な予定が立てやすくなる、という説明が一般的。

そして、リボ払いを利用すると、ポイントが○倍!だとか、年会費が無料に!などのキャンペーンが盛んです。

ただし、リボ払いには1つ大きな罠が待ち受けています。それは、一般的に15%というサラ金並の高い利率(金利手数料)がかかるということ!

毎月の支払額を大きくして、なるべく短期で支払いを完了できるようにしたり、リボ払いの登録はするけれど、1回払いになるように指定するなどの対策をとらないと、知らないうちに高い利息を払うことになってしまいます!

 

新卒社会人にオススメの銀行口座・クレジットカードの選び方

credit card02

ポイント1:時間外手数料・取り扱い手数料が優遇される口座とカードの組み合わせを選ぼう!

すでに説明した通り、手数料の優遇が受けられる銀行口座とクレジットカードの組み合わせを選んでおけば、それだけで年間数千円の節約になります。

ここで鍵になるのが銀行系クレジットカード。銀行が発行しているクレジットカードのことです。

手数料の優遇が受けられる組み合わせの一例を紹介しますと、

  • 三井住友銀行+三井住友VISAカード
  • 三菱東京UFJ銀行+三菱東京UFJ-VISAカード

などなど。単にカードを作るだけでなく、インターネットバンキングの登録など、細かな条件があることも。詳しくは各銀行のホームページを確認しておきましょう。

ポイント2:使い勝手のいいカードを選ぼう!

せっかくクレジットカードを持つんだから、使い勝手の良いカードを持っておいたほうが何かと便利。

ここでいう「使い勝手のよさ」とは、次の2つのことを指します。

  1. 加盟店が多く、色々なお店で使える
  2. 利用額に応じて貯まったポイントの使い道が幅広い
加盟店の多いVISAかJCBブランドを選ぼう

せっかくクレジットカードを持っても、お店で使えなくては意味がありませんよね。

国内でも海外でもトップクラスの加盟店の多さを誇るのがVISAとJCBの2大ブランド!

1枚目のクレジットカードはこの2つのどちらかを選ぶと便利ですよ。

貯まるポイントより「便利なポイント」を重視して!

クレジットカードは利用額に応じてポイントが貯まります。

一般的な実質還元率は0.5~1.0%ですが、中には1%を超える還元率が設定されているものもあります。

還元率が高いと何となくお得なイメージですよね。でも、本当に重視すべきなのは貯めたポイントが便利に使えるかどうかなんです。

ポイントが電子マネーとして使えると、何だかポイント=お金という錯覚にとらわれます。現金を使わずに買い物できると、何だか嬉しい気持ちにもなりますよね。

でも、ポイントと現金には大きな差があります。それは、貯金できないということ。

本当に賢い人は、絶対に必要なもの(食費や税金、交通費など)の支払いにポイントを使ってその分の現金を浮かせます。

貯めたポイントで贅沢品を買って得した気分になるのも悪くないですが、この方法では絶対に貯金にはつながりません。

 

新卒社会人が持つべきメリットたっぷりの銀行口座+クレジットカードの組み合わせはこれ!

解決

初めて持つなら三井住友VISAカード×三井住友銀行口座が最強!

三井住友VISAカードは、三井住友銀行系列のクレジットカード。

三井住友銀行の口座を支払い口座に指定して、インターネットバンキングを利用すれば口座の時間外手数料・取り扱い手数料が無料になります!

そして、三井住友VISAカードは利用に応じて貯まるポイントの使い道が抜群に便利なんです。

nanacoやWAON、楽天Edyといった電子マネーのチャージにも使えます。もちろんそれ以外にも交換先が多数!

つまり、イトーヨーカドーやAEONの買い物はもちろん、セブンイレブンでの買い物にも使える電子マネーと交換できるということ。

これならポイントを活用して確実に現金を節約することが可能ですよね。

たった1つ、注意しておきたいポイント

ただし、1つだけ注意しておきたいポイントがあります。

それは、三井住友VISAカードの年会費を無料にする条件マイ・ペイすリボへの登録になっていること。

毎月の支払額を低く設定しておくと、知らず知らず高い手数料をとられてしまうことがあるため、20万円~30万円というように、可能な限り高い設定金額にしておくことで対処できます。

こうすることで、設定金額の範囲内なら、実質的に一括払いと同じになるため、金利をとられることがありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

三井住友銀行と三井住友VISAカードの組み合わせは、手数料節約+利用金額に応じたポイント還元で、年間数千円、場合によっては1万円を超える節約も可能です!

もちろんVISA系列で使い勝手も抜群。

仮に三井住友銀行の口座を持っていないとしても、口座を新しく開設するだけの価値があるはずです!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ