【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


社会人に人気の交通系電子マネークレジットカード比較ランキング!

交通系

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回は、社会人に人気のある交通系電子マネークレジットカードについて、ランキングの形式でご紹介致します。

社会人に人気のある流通系電子マネークレジットカードランキングTOP3

1位イオンSuicaカード
イオンSuicaカード

公式ページはこちら

メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードとSuicaを手に入れられる
・毎月20、30日のイオン系列の店舗での5%OFFになるサービスがある
・イオンシネマでイオンSuicaカードを利用して映画のチケットを購入すると、一般料金から300円引きになる
デメリット
・WAONが付いていない
・家族カードを作ることができない
・近くにイオン系列の店舗がなければメリットを活かしきれない
2位ビュー・スイカ  カード
view suica

公式ページはこちら

メリット
・決済ブランドをVISA、MasterCard、JCBから選ぶことができる
・ポイントはびゅう商品券やマイルに交換することができる
・定期券一体型であるため、持ち歩くカードの枚数を減らせる
デメリット
・還元率がo.5%で高くない
・ETCカードを発行するのが有料になる
・Suicaエリアに在住していないと、オートチャージ機能が使えない
3位JALカード Suica JCBカード
jal suica

公式ページはこちら

メリット
モバイルsuicaの年会費が無料になる
・suicaのオートチャージ機能がついている
・JALマイルとビューサンクスポイントのダブル取りが可能である
デメリット
・suica定期券をカード機能に乗せることはができない
・ETCカード発行が有料である
・家族カードを作ることができない

Sponsored Links

交通系の電子マネー付クレジットカードはどのカードが一番いいの?

女性2

「数多くある交通系電子マネー付クレジットカードの中で、どのカードが一番自分に適しているのか知りたい」という方や、「交通系クレジットカードのメリットを知りたい」という方など、多くいらっしゃると思います。

また、「交通系のクレジットカード選びをするとき、どのような点に注目して選べばいいのかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、数多くある交通系の電子マネー付クレジットカードの中から一枚を選ぶとき、どういう点に注意して選んだら良いのか、選び方のポイントをご紹介致します。

交通系の電子マネー付のクレジットカード選ぶときのポイント

ポイント1:オートチャージ機能がしっかりとついているかどうか
ポイント2:交通面以外でもメリットがあるかどうか
ポイント3:利用範囲が広い交通系電子マネーであるかどうか

上記のポイントが交通系電子マネー付きクレジットカード選ぶときには、こだわるべきポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

簡単比較表

評価 1位 2位 3位
券名 イオンSuicaカード   ビュー・スイカ  カード  JALカード Suica カード
券面 イオンカードスイカ ビュースイカカード  JALカードスイカ
年会費
ポイント還元率
 オートチャージ
利用範囲 
特典 
 サービス
利便性
人気度

基本スペック比較表

評価 1位 2位 3位
券名  イオンSuicaカード  ビュー・スイカ  カード JALカード Suica カード 
券面 イオンカードスイカ ビュースイカカード JALカードスイカ
年会費  0 515円(税込) 2,160円(税込)
ポイント付与  200円=1P  1000円=2P 1000円=2P
ポイント還元  0.5%  0.5% 0.0%
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 500万円 500万円  1,000万円
治療費用(傷害・疾病)
 50万円  50万円   なし
損害賠償
 なし  なし   なし
携行品損害
なし なし   なし
救援者費用
なし なし  100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害
 1,000万円  1,000万円  1,000万円
入院・通院
 3,000円 3,000円 なし
マイル移行 JAL  なし JAL
ショッピング保険  50万円  なし なし
ブランド VISA、MasterCard、JCB  VISA、MasterCard、JCB JCB
 ETCカード  あり(0円/年) あり(515円/年) あり(515円/年)

この3枚のカードが選ばれた理由とこの3枚のカードの魅力

1位:イオンSuicaカードの魅力

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードオートチャージ機能も付きで、なおかつ、旅行保険やショッピング保険などもしっかりと付帯しているクレジットカードであるため、年会費無料のクレジットカードの中ではかなりスペックの高いカードになります。

また、イオンカードのメリットもたくさん盛り込まれているため、イオンシネマでの映画代300円OFF毎月の20日、30日の5%OFFといった特典も利用することができます。

また、流通系の要素も兼ね備えるクレジットカードであるため、審査もずば抜けて通りやすいので、利用層の幅が広いのも特徴です。どの面をみても年会費無料でここまで利用価値のあるクレジットカードはありません。

文句なしで人気NO.1のクレジットカードです。

 

2位:「ビュー・スイカ 」カードの魅力

view suica

「ビュー・スイカ」カードもイオンSuicaカード同様、オートチャージ機能がついていて、旅行保険も付帯していて比較的スペックの高いクレジットカードになります。

定期券と一体型であるため、交通系電子マネーも定期もクレジットも、すべて一枚のカードで対応できるので、複数枚カードを持たなくてもよく、とても使い勝手に長けたカードです。

しかし、年会費が無料でないことやショッピング保険が付帯されないといった部分を考慮すると、イオンSuicaカードよりは利便性で劣ります。したがって、第二位という順位になるのです。

 

3位:JALカード Suica カードの魅力

jal suica

JALカード Suica カードJALマイルとSuicaのビューサンクスポイントを両方貯めることができるので、とてもお得になるクレジットカードです。

また、Suicaのオートチャージ機能もしっかりとついていて、旅行保険の補償額も他の二枚よりも上回ります。しかし、年会費が高めで、なおかつ審査が厳しいという点を考慮すると、上記の二枚より扱いづらいカードになります。

したがって人気度で比較すると、第三位の位置づけになります。

1位イオンSuicaカード
イオンSuicaカード

公式ページはこちら

メリット
・年会費が無料なので、コストをかけずにクレジットカードとSuicaを手に入れられる
・毎月20、30日のイオン系列の店舗での5%OFFになるサービスがある
・イオンシネマでイオンSuicaカードを利用して映画のチケットを購入すると、一般料金から300円引きになる
デメリット
・WAONが付いていない
・家族カードを作ることができない
・近くにイオン系列の店舗がなければメリットを活かしきれない
2位ビュー・スイカ  カード
view suica

公式ページはこちら

メリット
・決済ブランドをVISA、MasterCard、JCBから選ぶことができる
・ポイントはびゅう商品券やマイルに交換することができる
・定期券一体型であるため、持ち歩くカードの枚数を減らせる
デメリット
・還元率がo.5%で高くない
・ETCカードを発行するのが有料になる
・Suicaエリアに在住していないと、オートチャージ機能が使えない
3位JALカード Suica JCBカード
jal suica

公式ページはこちら

メリット
モバイルsuicaの年会費が無料になる
・suicaのオートチャージ機能がついている
・JALマイルとビューサンクスポイントのダブル取りが可能である
デメリット
・suica定期券をカード機能に乗せることはができない
・ETCカード発行が有料である
・家族カードを作ることができない

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎【最新】PASMOでポイントをザックリ貯める究極の方法とは?
▶︎オートチャージ付帯PASMOのクレジットカード比較人気ランキング!

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ