【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


View Suica提携のクレジットカードおすすめ比較ランキング!

suica

Sponsored Links

こんにちは!ライターのコバヤシです。

今回はView Suica提携のクレジットカードについて、ランキング形式でご紹介致します。

 このカードとよく比較される記事 

▶︎PASMOとSuicaの違いを比較!どっちがお得で便利なの?
▶︎【最新】PASMOでポイントをザックリ貯める究極の方法とは?
▶︎【話題】イオンクレジットカードの口コミ評判と7つのメリットとは?

View Suica提携のクレジットカードのランキング

1位イオンSuicaカード
イオンSuicaカード

公式ページはこちら

メリット
・毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」ではイオングループ各店舗でお買い物代金が5%OFFになる
・審査が通りやすい
・Suicaのオートチャージ機能がついているので、残高を気にせずに改札を通ることが可能
デメリット
・WAONがついていない
・イオンゴールドカードへの招待がない
・家族カードが作れない
2位ANA VISA Suicaカード
ANA View

公式ページはこちら

メリット
・ANA便などへの搭乗に応じてマイルが貯まる
・ポイントはマイルだけではなくSuicaにも移行できる
・年に1回以上カードを利用すれば、年会費が788円に割引される
デメリット
・ポイント移行手数料が6300円と高めの設定である
・ANA VISA/Masterカードから切替ることができない
・Suica定期券として使うことができない
3位みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

公式ページはこちら

メリット
・永久不滅のポイントをそのままSuicaに移行することが可能
・年会費が無料でコストをかけずにカードを利用できる
・他銀行への振り込み手数料無料なためお得
デメリット
・他銀行への振り込み手数料無料なためお得
・カードデザインにステータスさがない
・多機能カードのため盗難や紛失をした場合の損失が拡大するリスクが高くなる

Sponsored Links

View Suica提携の中から最適なカードを選ぶには?

考える

ICカードの普及により電車やバスなどの支払いが、クレジット機能付きのカードの方が便利になるので切り替えたいが、どのカードがいいのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。

また、「View Suica提携」のカードにも種類があるので、どういう基準で選べばいいのか知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

今回はそういった悩みをお抱えの方に、View Suica提携のカードではどういうポイントをおさえて選べばいいのかについてご紹介致します。

View Suica提携のクレジットカードの選び方のポイント

ポイント①:オートチャージ機能がついているかどうか

ポイント②:Suica以外の特典が自分のライフスタイルに合っているかどうか

ポイント③:年会費が高すぎないかどうか

簡単比較表

評価 1位イオンSuicaカード 2位ANA VISA Suicaカード 3位みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
券面 イオンSuica ANA マイレージクラブ みずほマイレージクラブ
年会費
ポイント還元率
 人気度
利便性
 サービス
特典 
オートチャージ機能 
 審査

 基本スペック比較表

評価 1位イオンSuicaカード 2位ANA VISA Suicaカード 3位みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
券面 イオンSuica ANA マイレージクラブ みずほマイレージクラブ
年会費  0円  2160円(税込)  0円
 定期券  可  不可  可
基本還元率  0.5%  0.5%  0.5%
ポイント還元率  1000=5p  1000=1p  1000=1p
 海外旅行傷害保険  500万円  1,000万円  なし
 国内旅行傷害保険  1,000万円  1,000万円  なし
 ショッピング保険  50万円  100万円  なし

 この3枚のカードの魅力ってなに?

私がイオンSuicaカードを1位に選んだ理由

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードの最大のメリットはSuicaとしての機能はもちろんのこと、ショッピングセンターの最高峰であるイオングループの店内でも利用価値が十分にあるところにあります。

イオングループの店舗では毎月20日、30日のお客様感謝デーにおいては買い物代金が5%OFFになります。同じく毎月5日・15日・25日は「お客さまわくわくデー」で、こちらはポイントが2倍になります。

ANA VISA SuicaカードやみずほマイレージクラブカードセゾンSuicaも優秀なカードではありますが、飛行機に乗らない人もいますし、メインバンクがみずほ銀行ではない方もいらっしゃるので、一般的に生活に直結していて使いやすいカードという点で言えば、イオンSuicaカード以外ありえません。

イオンsuica

公式ページはこちら

 

私がANA VISA Suicaカードを2位に選んだ理由

ANA View

ANA VISA Suicaカードは年会費が2000円(税抜)かかりますが、飛行機をよく利用する人からすると、かなり使い勝手のいいカードになります。

マイルとポイントのダブル取りができ、なおかつポイントをそのままSuicaに移行することが可能になります。マイルも貯めて、ポイントも貯めれるので、仕事でよく出張をする人、よく旅行をする人にとっては最強のカードと言えます。

しかし、生活に直結するイオンSuicaカードに比べると、人によっては活躍の場が制限されます。したがって、イオンSuicaカードの次にオススメのカードという位置づけになります。

公式ページはこちら

 

私がみずほマイレージクラブカードセゾンSuicaを3位に選んだ理由

みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaの最大の特徴は他銀行への振込手数料がかからないことです。銀行系のクレジットカードということもあり、お金の管理においてはかなりスムーズに行えます。

年会費も無料で、コストをかけずに持つことができ、とてもお得です。しかし、スペック面で上記二枚のクレジットカードには劣ります。したがって、第三位という順位になります。

公式ページはこちら

 

1位イオンSuicaカード
イオンSuicaカード

公式ページはこちら

メリット
・毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」ではイオングループ各店舗でお買い物代金が5%OFFになる
・審査が通りやすい
・Suicaのオートチャージ機能がついているので、残高を気にせずに改札を通ることが可能
デメリット
・WAONがついていない
・イオンゴールドカードへの招待がない
・家族カードが作れない
2位ANA VISA Suicaカード
ANA View

公式ページはこちら

メリット
・ANA便などへの搭乗に応じてマイルが貯まる
・ポイントはマイルだけではなくSuicaにも移行できる
・年に1回以上カードを利用すれば、年会費が788円に割引される
デメリット
・ポイント移行手数料が6300円と高めの設定である
・ANA VISA/Masterカードから切替ることができない
・Suica定期券として使うことができない
3位みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

公式ページはこちら

メリット
・永久不滅のポイントをそのままSuicaに移行することが可能
・年会費が無料でコストをかけずにカードを利用できる
・他銀行への振り込み手数料無料なためお得
デメリット
・他銀行への振り込み手数料無料なためお得
・カードデザインにステータスさがない
・多機能カードのため盗難や紛失をした場合の損失が拡大するリスクが高くなる

このカードと一緒によく比較される記事はこちら

▶︎PASMOとSuicaの違いを比較!どっちがお得で便利なの?
▶︎【最新】PASMOでポイントをザックリ貯める究極の方法とは?
▶︎【話題】イオンクレジットカードの口コミ評判と7つのメリットとは?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ