【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


VISAカードを国内or海外で盗難紛失した場合の手続き手順とは?

盗難

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

クレジットカードでもっとも怖いリスクといえば、カードの紛失です。

クレジットカードは他の人の手に渡って不正使用されてしまうと、契約者の支払い義務になってしまう恐れがあるものです。

紛失時にスピーディーに正しい対応をすることで、そのリスクを回避することができます。

落し物をした時、それが大事なものであればあるほど慌ててしまうものですが、クレジットカードを落とした場合には冷静に対応しましょう。

ここでは、VISAカードの紛失時に「これだけは絶対に」やっておきたい手続きをお伝えします。

必要となる事前準備も合わせて押さえておき、常にリスクに備えておきましょう。

Sponsored Links

VISAカードを国内で紛失した時の対応の手順は?

credit 紛失

VISAカードを日本国内で紛失してしまった場合には以下の手順で手続きを行います。

紛失がわかったらすぐに対応することで、その後のリスクも抑えられ、再発行の手続きもスムーズです。

1.まずは一報を!「カード紛失・盗難受付デスク」

もっとも最初に行うのは、「カード紛失・盗難受付デスク」への電話です。

これはVISAではなく、発行会社に電話をします。

例えば三井住友VISAカードであれば、三井住友カード株式会社が発行会社になります。

カード裏面に小さく書かれているのが、発行会社です。

電話番号はクレジットカード発行時にもらう契約書に書かれていますが、分からない場合にはインターネットのオフィシャルサイトで見ることができます。

また、QRコードを携帯やスマートフォンのカメラ機能で読み取るだけで登録できるので、あらかじめ登録しておくと安心です。

出先で紛失に気がついたときも素早く対応可能となります。

2.次に警察へ!最寄りの交番へ当日中に

カード会社に連絡した後は、そのまま最寄りの警察署、または交番に行きましょう。

紛失届を提出しておくことで、不正利用をされた際の補償が可能となります。

3.もう一度連絡を!紛失届の番号をカード会社へ

警察で紛失届けを受理されたら、紛失届の届出番号を教えてもらえます。

それが分かった時点で、再度カード会社へ電話して届出番号を伝えましょう。

これは後の補償の際に必要となる警察に届け出た証明になるため非常に重要です。

4.もう落ち着いて大丈夫!カード再発行の手続きを

ここまで出来たら、もう一安心です。

後はカードの再発行の手続きをして、新しいカードの到着を待ちましょう。

ちなみに、その後で失くした(と思っていた)クレジットカードが出てきても、使ってはいけません。

もうすでにカード会社で失効の手続きがされているので、速やかに処分します。

カード本体にハサミを入れて、破棄しましょう。

 

VISAカードを海外で紛失・盗難の時の対応の手順は?

海外

VISAカードは海外での利用も盛んに行われており、使いやすいクレジットカードです。

しかし、海外での紛失、盗難は日本国内よりも不安になるアクシデントとなるでしょう。

海外では盗難に合う日本人が多いと言われており、予防や盗難に遭った際にリスクを減らす工夫も必要です。

1.出発前に準備を!連絡先のメモを

海外旅行での紛失は、出発前からの準備で慌てずに済みます。

あらかじめ、国別の「カード紛失・盗難受付デスク」の連絡先のメモを準備してから出かけましょう。

インターネットのオフィシャルサイトで連絡先は簡単に探すことができます。

また、カードは貴重品としてパスポートなどと一緒に持ち運ぶ人がいますが、これだけは避けてください!

海外では「財布・クレカ・パスポート」の3点セットをバッグごと取られることも多くなります。

別の場所にしまうなど、文字通りリスクの分散を行いましょう。

当然ですが、暗証番号を書いた紙を財布にしまうのもNGです。

2.紛失したらまず一報!日本のデスクに直接つながるオートコレクトコール

国内外問わず、カードを紛失したらカード会社に連絡です。

海外からでもオートコレクトコールでつながる日本の窓口が対応してくれます。

3.現地の警察に紛失の届け出を!遺失証明書を確保

現地の警察にも紛失の届出を行って、遺失証明書を発行してもらいます。

4.ひとまず安心。カード再発行または緊急カードの発行待ち

ここまで行ったら不正利用のリスクを抑えられます。

カードの再発行手続きとともに、海外での滞在中にクレジットカードが必要な場合には、緊急カードを発行してもらいましょう。(手数料がかかる場合があります。)

現地通貨の用立てには、緊急キャッシュサービスの利用も可能です。

 

紛失したVISAカードが不正利用されたら?

セキュリティ

クレジットカードが不正利用されてしまった場合も、きちんと手続きを済ませていれば安心です。

盗難や紛失時に不正利用された場合の保障があり、紛失・盗難の届け出日の60日前に遡って不正利用された損害を補償してくれます。

ただし、クレジットカードの会員規約に記載されている「補償される条件」から外れてしまうと補償されない場合もあるので注意が必要です。

補償されないリスクを避けるポイント

条件から外れてしまったり、補償期間から外れてしまうのは、ちょっとした小さなミスが原因です。

クレジットカード裏面には必ず署名を!

クレジットカードを旅行に合わせて急いで作った場合などに注意が必要です。

裏面の署名のないカードは契約者側の「重大な過失」と見なされて、補償対象外となります。

盗難補償は申請日から60日前まで!

カードに付いている盗難補償は、「紛失の申請日から遡って60日前まで」となっています。

つまり、カードを失くしたことに気づかずに放置していた場合、61日以上前に行われた不正利用は補償対象外になってしまうのです。

暗証番号は推測されないように!

誕生日などの分かりやすい暗証番号や、クレカと一緒に財布の中に暗証番号を入れておいた場合にも、「重大な過失」となり、補償対象外となります。

 

VISAカードは紛失時にも安心!でも補償対象外には注意を

visa

VISAカードは紛失デスクの登録や検索も簡単です。

海外からも日本語対応ができるので、落ち着いて必要な手続きが行えるでしょう。

ただし、自分の不注意で不正利用の補償が行われないこともあるため、カードの取り扱いや連絡は慎重に行いましょう。

【セキュリティ度No.1】紛失・盗難に100%対応してくれる安心カード

例え万が一の事態に遭遇しても、素早い対応と100%の補償してくれるカードであれば何も心配はありませんよね!

世界最高峰のサービスの質を誇るアメリカン・エキスプレスなら、国内外問わず完璧にサポートしてくれます。

アメリカンエキスプレスgrenn

AMEXグリーン

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ