【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


【2016】おすすめVISAカードを比較!人気ランキングTOP3とは?

女性 おすすめ

Sponsored Links

こんにちは!ライターの小林です。

今回は数多くあるVISAカードの中で、どのカードが人気なのかをランキングの形式で比較していきます。

VISAカード人気ランキングTOP3

1位MUFGカード ゴールド
mufg card

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性が高いのに、年会費2,057円で持てる
・国内渡航便遅延保険が付帯しているので安心感を得られる
・旅行傷害保険が国内海外ともに最高2000万円まで補償されるため安心感を得られる
デメリット
・ポイント還元率が0.5%と高くはない
・ポイントの有効期限が1年間と短い
・ETCカードの発行手数料が有料で1,080円かかる
2位三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAカードクラシックA

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性もあり、ポイントの還元先が豊富である
・旅行傷害保険が国内は最高2000万円、海外は最高2500万円まで補償されるため安心感を得られる
最大手のVISAカードの発行会社による安心感と安定感がある
デメリット
・ポイント還元率が0.5%と高くはない
・クレジット発行の審査が厳しい
・リボ払いにすると年会費が無料だが、リボ払いにしないと年会費が1620円(税込み)かかる
3位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・ポイントが2倍、3倍~10倍と多くのキャンペーンが実施されるためポイントが貯まりやすい
・カード利用100円ごとに1ポイント、楽天ポイントが貯まる
・年会費が無料なので利用して貯まったポイント分がすべてお得になる
デメリット
・海外旅行傷害保険が自動付帯ではない
・利用明細書の発行が有料で1年間で1000円前後かかる
・サポートセンターの対応が悪い

 

Sponsored Links

VISAが良いけど種類が多過ぎて選べない!

ビジネスウーマン 考える

クレジットカードを作るときに、「よく海外旅行にいくのでVISAカードを作りたいけど、どのカードを選んだらいいのだろうか?」というお悩みを持っている方も多いかと思います。

また、近年はクレジットカードの種類が多くなってきたため、「数多くあるVISAカードの中でも、どういうポイントを見てクレジットカードを作ったら良いのかわからない」というお悩みを抱えていらっしゃる方も増えています。

新たに何かを作るという時、不安になることは人間誰もがあることだと思います。クレジットカードはお金にまつわることなので余計に不安になるかと思います。

しかし、こういったお悩みを解決する方法がありますのでご紹介致します。

■最適なクレジットカードを選ぶポイント

ポイント①:ステータス性と利便性が兼ね備わったクレジットカードを選ぶ

ポイント②:自分のライフスタイルに適した特典かどうかを見極める

ポイント③:公共料金に対応しているかどうか

主に上記のポイントにこだわることをオススメします。社会人としてステータス性がある程度あるもの、そしてその中でも使い勝手がいいものを選びましょう。

使い勝手の良さについてはライフスタイルと照らし合わせて、特典をどこで活かせられるかをイメージする必要があります。

そして公共料金。公共料金は毎月支払うお金になるので、これをクレジットカードで支払うことで効率よくポイントを獲得することができます。

■ランキングTOP3の比較表

評価 1位MUFGカード ゴールド 2位三井住友VISAクラシックA 3位楽天カード
券面 MUFGカードゴールド 三井住友VISAカードクラシックA 楽天カード
年会費  〇  〇  ◎
ポイント還元率  〇  △  ◎
ステータス性  ◎  〇  △
 利便性  ◎  ◎  ◎
 公共料金対応  ◎  ◎  ◎
旅行傷害保険   ◎  ◎  〇
 ショッピング保険  ◎  ◎  △
 特典  ◎  ◎  

■テーマ5:ランキングTOP3の基本スペック表

評価 1位MUFGカード ゴールド 2位三井住友VISAクラシックA 3位楽天カード
券面 MUFGカードゴールド 三井住友VISAカードクラシックA 楽天カード
年会費  初年度は無料、2年目から2,057円(税込)  初年度は無料、2年目から1,620円(税込)  永年無料
基本ポイント還元率  1000円=1ポイント  1000円=1ポイント  1000円=10ポイント
海外旅行死亡・後遺障害  2,000万円  2,000万円   2,000万円
海外旅行携行品損害   100万円  20万円  20万円
国内旅行死亡・後遺障害  2,000万円  2,0oo万円  なし
ショッピング保険  100万円  100万円  なし
渡航便遅延保険  6万円  なし  なし
 基本還元率 0.5%  0.5%  1.0%

なぜこの3枚がランクインしたの?

私がMUFGカード ゴールドを1位に選んだ理由

mufg card

MUFGカード ゴールドの最大のメリットはゴールドカードのスペックを持ちながら、一般のカードとほぼ同じぐらいの費用で持つことができるところです。

旅行傷害保険の補償額が充実しているため、安心して旅行ができます。補償額だけでいえば三井住友VISAクラシックカードAと変わりありませんが、MUFGカード ゴールドには「渡航便遅延保険」が6万円まで付帯されています。

飛行機に何かしらのアクシデントが生じても落ち着いて対応することができます。また、楽天カードもポイント還元率は高いですが、MUFGカード ゴールドもアニバーサリーポイントや利用額に応じたボーナスが発生するので、楽天カードよりも実はポイントが貯まりやすいシステムとなっています。

ステータス性をもったクレジットカードが持ちたいと考えている方には最適です。年会費は安いとはいえど、ゴールドカードなので、社会人であればこのカードを持っていることで人から一目置かれる存在になれるかと思います。

 

私が三井住友VISAクラシックカードAを2位に選んだ理由

三井住友VISAカードクラシックA

三井住友VISAクラシックカードAは最も一般的なカードです。ステータス性もありながら、すべてのことに対応しています

社会人が持つクレジットカードとしては、かなり有能なカードであり、Amazonのギフト券や図書券に交換など、ポイントの還元先が豊富なのがこのカードの特徴です。

しかし、MUFGカード ゴールドに比べると空港のラウンジも利用できないですし、基本スペックが落ちるため、MUFGカード ゴールドの次にオススメできるクレジットカードになります。

三井住友VISA

公式ページはこちら

 

私が楽天カードを3位に選んだ理由

楽天カード

楽天カードの特徴は何といってもポイントを貯めやすく、何でも手に入る楽天市場という巨大なマーケットでお買い物を楽しめる点にあります。

ポイントが何倍にもなる特典がいくつも用意されているので、すぐにポイントが貯まります。しかし、旅行保険やショッピング保険がMUFGカード ゴールドや三井住友VISAクラシックカードAのように自動付帯ではありません。

年会費も無料で、利便性には富んでいるので、VISAカードの中でも優秀なクレジットカードにはなりますが、そういった点ではやはり三番手になってしまうのです。

楽天

公式ページはこちら

 

1位MUFGカード ゴールド
mufg card

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性が高いのに、年会費2,057円で持てる
・国内渡航便遅延保険が付帯しているので安心感を得られる
・旅行傷害保険が国内海外ともに最高2000万円まで補償されるため安心感を得られる
デメリット
・ポイント還元率が0.5%と高くはない
・ポイントの有効期限が1年間と短い
・ETCカードの発行手数料が有料で1,080円かかる
2位三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAカードクラシックA

公式ページはこちら

メリット
・ステータス性もあり、ポイントの還元先が豊富である
・旅行傷害保険が国内は最高2000万円、海外は最高2500万円まで補償されるため安心感を得られる
最大手のVISAカードの発行会社による安心感と安定感がある
デメリット
・ポイント還元率が0.5%と高くはない
・クレジット発行の審査が厳しい
・リボ払いにすると年会費が無料だが、リボ払いにしないと年会費が1620円(税込み)かかる
3位楽天カード
楽天カード

公式ページはこちら

メリット
・ポイントが2倍、3倍~10倍と多くのキャンペーンが実施されるためポイントが貯まりやすい
・カード利用100円ごとに1ポイント、楽天ポイントが貯まる
・年会費が無料なので利用して貯まったポイント分がすべてお得になる
デメリット
・海外旅行傷害保険が自動付帯ではない
・利用明細書の発行が有料で1年間で1000円前後かかる
・サポートセンターの対応が悪い
Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ