【最短当日発行·3秒診断】

【業界最速】3人に1人が選ぶ三菱UFJフィナンシャル・グループ
▶︎ACマスターカードを申込む


クレジットカード審査で職場へ電話の在籍確認はある?回避方法は?

審査

Sponsored Links

こんにちは!ライターのmiyamotoです!

クレジットカードの審査で気になるのは職場への在籍確認の電話です。

別に悪いことをしているわけではないのですが、誰にも知られずにカードを作りたいと思う人は多いようです。

クレジットカードは今や「社会人なら持っていても当たり前!」くらいに見られるものですが、審査を知られるのは嫌、という気持ちなのでしょうか?

回避できる方法はあるのか、また、下手に隠そうとして余計に怪しまれるリスクなども考えてみましょう。

Sponsored Links

クレジットカードの在籍確認とは?

在籍確認

クレジットカードの審査では、申込をした人が書類に書いたことの真偽を確かめる必要があります。

嘘の記載を信じてクレジットカードを作ってしまうと、カード会社のリスクが高くなるためです。

「ちゃんとお金を返してくれる」という確認が取れない人に、商品代金を立て替えることなどできません。

私たちだって、信用のできない人にはお金を貸したり、立て替えたりしたくないですよね?

カード会社も同じことで、会社に勤めていて支払い能力がある人、きちんと社会的地位のある人にしか、クレジットカードの利用を認めることはできないのです。

そのため、会社に電話をかけて、申込者が在籍していることをチェックします。

基本的にはちゃんと勤めていることさえ分かれば、その場にいない場合でも在籍確認はOKです。

在籍確認の電話って?

クレジットカードの審査の在籍確認の電話は、会社の固定電話に掛かります。

クレジットカード会社の名前をストレートに名乗る場合と個人名で掛けてくる場合と2種類の方法があります。

会社の電話は誰が取るか分かりませんから、他の人が取った場合にバレる可能性があるというわけです。

その電話は本人がいれば、代わってもらい「本人確認」として生年月日などを聞かれます。

 

クレジットカードの在籍確認を回避するには?

逃げる

クレジットカードの在籍確認を回避したい人は、できるだけ掛かりにくいタイミングやカード会社を選んで申込をするしかありません。

クレジットカード会社が忙しくなる新年度スタートの春頃は、在籍確認のリスクが低くなるチャンスです。

たくさんの申し込みが集中するため、他の信用情報から審査OKが確認できれば、電話が掛かってこないこともあります。

特に、2枚目以降のカードの場合には、以前の審査と同じ会社を申込書に書いてあれば、職場が変わっていないと認識される場合もあります。

在籍確認しないかも知れないクレジットカードとは

在籍確認はカード会社にとっても手間とお金のかかることなので、会社によっては全ての人に在籍確認の電話を行わないというところもあるようです。

外資系のクレジットカードや審査スピードの早いカードでは、在籍確認が全員に行われないことも多くなります。

「楽天カード」は、在籍確認を行わない場合もあると噂のあるカードです。

楽天カードでは利用を始めてからの途上与信という中間審査を頻繁に行っており、カード作成時の審査よりも使い始めてからの利用状況と支払い状況を重視しています。

クレジットカードの在籍確認の完全回避はムリ!

クレジットカード会社の中には在籍確認を「行わない可能性のある」会社もありますが、あくまで可能性であり、絶対ということではありません。

どのカード会社を選んでも、絶対に審査がないとは言い切れないのです。

また、過去の信用情報が全くない人では、かなりの確率で審査時に在籍確認があると思っていたほうが良いでしょう。

 

クレジットカードの在籍確認で思わぬリスクが?

驚く女性

クレジットカードの在籍確認では、思いもよらないリスクを被ることがあります。

特に「隠そう隠そう」としていることでリスクが高くなってしまうことも考えられます。

キャッシングと間違えられた!

クレジットカードの在籍確認を個人名で行ったことによって起こるリスクです。

クレジットカード以外では、消費者金融などのカードローン、キャッシングでも在籍確認が行われます。

さらに、個人名でかかってくることは有名です。

個人名で電話がかかってきて、代わって電話口に出た本人が「生年月日」などを確認されていれば、勘の鋭い人は在籍確認であることを察知するでしょう。

その際に「キャッシング」や「消費者金融」に申し込んだのだろうと勘違いされてしまうのです。

延滞と間違えられた!

こちらは反対に「○○クレジットカードです」と名乗られた場合の勘違いです。

カード会社から連絡を受けた会社の人が「延滞した支払いの督促」と間違えるケースとなります。

クレジットカードの申込でさえ知られたくない人にとっては、さらに不名誉な誤解となるでしょう。

 

回避できないクレジットカードの在籍確認は堂々と!

男親父

クレジットカードを持つことは決して恥ずかしいことではありません。

ましてや、在籍確認が来たということは審査が順調に行っているというサインかも知れません。

カード会社としても、嫌がる人が多く、電話代もかかる在籍確認は審査通貨の難しい人には掛けたくないものです。

そのため、在籍確認は審査の終盤にかけて行うことが多く、最終チェックの可能性が高くなっています。

もちろん、その後に落ちてしまう人もいますが、在籍確認が来るということはある程度信用情報が認められたということで、ある意味名誉なことです。

いずれにせよ、回避することはできないものなので、誤解を防ぐ意味でも堂々としている方が良いでしょう。

あらかじめ電話に出そうな人に申告しておけば、少なくとも「延滞しているのかも?」などと噂をされるリスクはなくなります。

▶︎【最新】クレジットカード審査が不合格になる人の理由と特徴とは?

Sponsored Links

▶︎マイルが貯まるクレジットカード特集


▶︎おすすめの高ステータスクレジットカード特集


▶︎社会人1年目におすすめのクレジットカード特集


▶︎20代・30代・40代・50代向けクレカ特集


▶︎ポイント高還元率クレジットカード特集


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ